突然関係を全て0にする「人間関係リセット症候群」の特徴と心理とは?

  • ライフコラム
  • 2018年2月20日
  • 突然関係を全て0にする「人間関係リセット症候群」の特徴と心理とは?

    誰とも会いたくないし、話したくもない…。ときにそんな気持ちになることもありますが、実際は縁を切ることはなかなかできないもの。しかし、いきなり人間関係をシャットアウトしてしまう「人間関係リセット症候群」と言われる症状が増えていると言われます。あなたの周りにもいるかもしれないリセット癖の原因と対処法をご紹介します。

    この記事の目次

      人間関係リセット症候群とはどのようなもの?

      pixta_16704511_M.png

      私たちは、会社や友人、親族など様々な人と関わりを持ちながら生きています。ふとした時に全てを投げ出したくなることもありますが、全ての人が行動に移すわけではありません。

      しかし近年、周囲との関係をシャットダウンしてしまう方が増えつつあり、ネット上では「人間関係リセット症候群」などと呼ばれるようです。増加している理由としては、以下のことが考えられます。

      • ・携帯電話、SNSだけのつながりが増加したこと
      • ・お互いのことを深く理解しなくてもつながりが持ててしまうこと
      • ・インターネットを活用すれば、簡単につながりができること

      気軽にできる関係性は、ふとしたきっかけで崩れてしまうことも多いもの。この関係に慣れてしまった結果として、リアルの世界のつながりも同じように軽視するあり方になりつるあることが理由です。たとえばこんな行動をとる人、あなたの周りにいませんか。

      SNSのブロック・削除:

      Facebook、LINE、twitterでつながっていたにも関わらず、連絡もなく友達削除、フォロー解除となってしまいます。数日前まではコミュニケーションをとっていたのに突然の拒絶に、驚くこともしばしばです。

      SNSを突然退会:

      ブロック、削除をするのも面倒になって、退会することもあります。少しすると何食わぬ顔で新しいアカウントを立ち上げ、1から友達を増やしていく人もいるようです。

      アドレス変更を教えない:

      メールアドレスが変わっても、周囲に教えないケースです。全ての人を拒絶するわけではなく、ストレスなくおつきあいができる相手だけに人間関係を限定するのもリセットの1種でしょう。何かの時に連絡をとろうとした時に送信エラーになってシャットアウトされていることに気付いても、どうにもできないことがあります。

      転職を繰り返す:

      職場の人間関係が面倒になると、転職を繰り返します。端から見ればうらやましいと思われるような待遇であっても躊躇なく退職を選び、似たような仕事を始めるのが特徴的です。

      理由もない引越し:

      誰も知らない場所に行きたい、などと頻繁に住まいを移す人もいます。住まいの側には、それなりにコミュニティーができるものですが、人間関係を断ち切って気持ちをリセットするために、引っ越しも辞さない覚悟があります。

      上記の例が親しい方に該当したとしてもご安心ください。「人間関係リセット症候群」は心理学、医学的な病名ではなく、ネットスラングの一種です。誰にでも起こりうるありふれた症状ですから、重い病気にかかっているわけではありません。

      何が原因でリセットしてしまうのか

      pixta_26167141_M.png

      人間関係をリセットしてしまう要素として、その人の生まれ持った性格や人間関係の構築方法があげられます。

      無理して人に合わせてしまう

      たとえば、合わない人とでもうまく関係を維持しようとする人です。価値観は人それぞれ異なるためどうしてもストレスが生じますが、限界に到るまで無理してしまうことがあります。リミッターが外れて「もうダメだ」となってしまった瞬間が、リセット行動をとるタイミングです。

      価値を感じない人間関係

      誰もが上辺だけで話しをしている関係はおもしろみに欠けて、そのコミュニティーにいても自身の成長がないと感じるシーンも出てきます。「人間は人との関わりで成長していくもの」と考える人は特に、自分をより成長させられる人間関係を求めて新しい環境を探し続ける、というイメージです。

      人目を気にしすぎる性格

      「こんなことをしたら、相手はどう感じるか」「カラフルな色味の服が好きだけど、若作りと思われるのではないか」など、あらゆる場面で周囲の評価ばかり気にして生きていると、心が疲弊していきます。「真面目で良い人」という印象がある人が、突然プツンと糸が切れたように人間関係をリセットしようと考えることもあるでしょう。

      日常的な疲れが積もり積もって限界に達したタイミングでとる行動がリセットです。リセットすることは、「周囲からの自分自身のイメージを再構築すること」と捉えるため、ゼロからの人間関係構築も厭いません。人から見た自分を気にするあまりに「こう思われていたい」というイメージとのミスマッチを許容できない性格とも言えるでしょう。

      当てはまりやすいタイプ 5選

      pixta_25319937_M.png

      人間関係リセット症候群に当てはまりやすいタイプとして意識しておきたい5つの特徴を見ておきます。該当するものが多いほど人間関係をリセットしたい気持ちになりやすく、
      周囲を隔絶するあり方に陥りがちです。

      1. 自分を出すのが苦手な方

      人と接する時に自然と心の距離を維持してしまう癖があり、親しくなった相手にも気を使いすぎる性格です。ありのままの気持ちを伝えることも苦手なので相手に合わせて対応を考えているうちに、ストレスが溜まっていきます。表面的な付き合いが多くなりがちなのも、このタイプの特徴です。


      2. 1人で静かに過ごす時間が好き

      そもそも孤独を感じにくく、大勢でワイワイ過ごすよりも1人で静かに暮らすのを好むタイプも少なからずいるものです。保護者会などの延長でママ友などを作っても、本当に望むあり方とは異なることから苦しくなって、子どもの卒業などをきっかけにリセット行動を起こしがち。周囲をシャットダウンした瞬間に肩の荷がおりたような気になって心が落ち着くようなら、心地良い生き方を見つめ直してみましょう。


      3. 相手を優先しすぎる優しさ

      親しい相手であるほど相手が喜ぶことを優先し、自分のことができなくなってしまう性格です。自分よりも相手を優先する優しさが、徐々に自分の中にストレスを蓄積してしまいます。買い物に行ったとしても相手が見たい店を優先する、本当は別のものが食べたくても相手の好みのレストランを選んでしまうといった行動が見られたら、やや注意が必要です。


      4. 妥協できない完璧主義

      接する相手からはいつも優秀と思われたい、高い評価を受けたいといった気持ちが強いあまりに人間関係を維持できません。どんなことを行うにも自分なりのシミュレーションを持って臨み、思い通りの成果があげられて始めて満足するようなら、完璧主義の傾向があります。他人の言動はコントロールできないということを認めて、気軽に接する生き方を身につけるとストレスが軽減されるかもしれません。


      5. プライドが高い

      プライドが高い人にとって相手から拒絶される経験は、堪え難い苦痛を伴います。「切られるくらいなら私のほうから」と予防線を張ることでプライドを維持できるのですが、自身のあり方を改めない限り関係が安定しません。

      リセットしたい気持が生まれたときにするべきこと

      pixta_21566264_M.png

      リセット行動を取る傾向はスマホやSNSに慣れた若い世代に顕著ですが、必ずしも悪いこととも言い切れません。心のバランスを維持するために必要な行為であれば、その人にとっては重要なパーソナリティの一部とも考えられます。

      ただし、これは多くのやり直しがある若い世代のお話です。ミドルシニア層が同じような方法を選んでしまうと、大きな損失につながるリスクが高いです。言うまでもなく、これまでの人脈は大きな財産であり、転職を検討するときなどにも最も活用できる財産です。今後、体力が衰えたときに助け合える可能性もあります。

      40代や50代にもなると、定年退職後の人生まで見据えた考え方、働き方、生き方が大切です。一定の年齢になってから人間関係を構築するのは思うよりずっと大変なことであり、生き甲斐を失う結果になってしまうケースもあります。リセットしてから後悔することのないように、早いうちから周囲にいる人を大切にして、ご縁を活かす生き方へとシフトしましょう。

      人生を歩んでいく中では、きっと「すべてをリセットしたい」と思うような事態が起こることもあるかもしれません。そんなリセットしたい気持ちが生まれた時には、相手の良いところに目を向けて、自分も出来る限り自然体で付き合えるように、前向きな考え方へと切り替えましょう。自分も他人も全てが完璧というわけではなく、お互いに妥協し合える関係が心地良い人間関係につながるもの。相手の至らないところまで含めておつきあいができるようになると、自分が良く思われようとする考え方も変わってくるはずです。

      言い換えると、考え方や価値観の違いをある程度許容して、どんな相手とも上手に関係を構築できる柔軟性が重要です。柔軟な思考ができるのは大人としての魅力を高めることにもつながり、深みを感じる人間性を育ててくれます。

      記事をシェアする

      • Twitter
      • Facebook
      • Line

      この記事は役に立ちましたか?

      より役立つ記事をお届けすることを目的として、あなたからのフィードバックをお願いします。

      あなたへのオススメ記事

      老眼なんて怖くない!?原因や対策からハイテク老眼鏡までご紹介!

      老眼なんて怖くない!?原因や対策からハイテク老眼鏡までご紹介!

      満員電車などで本を読んでいたりすると、なんか文字が見えにくい…。まさか、これって老眼?という意識を持ち始めたミドル世代も多いのでは。以前は「老眼鏡」といえばいかにも老人向け、という印象がありましたが、近年ではおしゃれなものからハイテクなものまで種類も豊富。あなたの視界を明るくする、老眼鏡についての基礎知識をお伝えします。

      • ライフコラム
      • 2018年7月12日
      退職される方へのメールは返信すべき?含めたい内容と書き方

      退職される方へのメールは返信すべき?含めたい内容と書き方

      これまでお世話になった方から届いた退職メールに返信する場合、どんなことを含めたら良いのでしょうか? 感謝の気持ちが伝わるメールを書くために、含めたい内容やタイミング、注意点などを紹介します。

      • ライフコラム
      • 2018年6月28日
      男だって、子育てと仕事を両立したい!妨げる壁はやっぱり長い労働時間!

      男だって、子育てと仕事を両立したい!妨げる壁はやっぱり長い労働時間!

      子供を持つ女性の多くが働いている現在、「男は外で仕事、女は家庭を守る」は昔の話。でも、世代によっては男性に、この考え方が残っているのも事実です。そんな環境で働くパパたちには、育児に参加したくてもできない、ママの知らない苦労もあるようです。

      • ライフコラム
      • 2018年6月19日
      内定後の手続きも抜かりなく!身元保証人がいない場合の対処法

      内定後の手続きも抜かりなく!身元保証人がいない場合の対処法

      ようやく内定をもらった企業から身元保証人をたててほしいと言われて、困ったことはないでしょうか。身元保証人の責任範囲と資格者の条件、依頼相手がいない場合の対処法を理解しておきましょう。

      • ライフコラム
      • 2018年6月14日
      働きたくない...そんな気持ちを抱え続ける中高年への処方箋!原因・心理・対処法

      働きたくない...そんな気持ちを抱え続ける中高年への処方箋!原因・心理・対処法

      毎朝、目覚まし時計が鳴り響く中で、重い体をようやく起こす。その後に思うことは「会社に行きたくない…」だったりしませんか。心の中では「働きたくない」と思いながらも、出勤する日常が続けば、気づかぬうちに心が疲弊していくものです。どこかで切り替えないと…と感じている方のため、「働きたくない病」の原因と、気持ちを楽にするために試してほしい対策をご紹介しましょう。

      • ライフコラム
      • 2018年4月24日
      早期退職は本当に危険?有効活用するための準備とポイントとは

      早期退職は本当に危険?有効活用するための準備とポイントとは

      どんなに工夫をしても数字が上がらなかったり、理不尽な理由で社内の人間関係がうまくいかなかったり、部下と上司の板挟みになって辛い立場に置かれたり……。ミドルシニア層であっても「もう、働きたくない」と感じるシーンは多くあるもの。「無理を重ねてしがみつく」そんな生き方にうんざりしてるのであれば、いっそ早期退職を活用して自分らしい人生を取り戻しましょう。

      • ライフコラム
      • 2018年3月29日

      おすすめ・シリーズ記事

      人気記事ランキング