スーパーでのパート・アルバイトの面接ではどんな服装が好印象?

  • 採用成功テクニック
  • 2017年10月10日
  • スーパーでのパート・アルバイトの面接ではどんな服装が好印象?

    正社員の面接ならばスーツが定番ですが、アルバイトやパートの面接だとどんな服装をすればよいのか迷うことがありますよね。スーパーなどではミドルシニアの需要は高まっていますので、面接での好感度を高め、働きやすい職場を手に入れましょう。

    この記事の目次

      「清潔感」が一番!不快感を与えない服装で面接を受けよう!

      食品を扱っているスーパーは、清潔感にはたいへん気を配っています。募集する職種はレジ打ちと品出しが多いですが、いずれの職種もお客様の目に触れる仕事のため、面接では清潔感があるかどうかもチェックの対象となります。そのため、きちんとした印象を与えられる控えめで品の良い服装を選びましょう。

      女性なら、上品なブラウスやカットソーなどに、ひざ丈程度のスカートやパンツを合わせるのが無難です。ワンピースやツーピース、ママスーツなどを活用するのもよいでしょう。

      季節にもよりますが、ちょっとカッチリ系のジャケットを羽織るときちんと感を出せます。その際、服装にシワが目立つとだらしなく見えてしまうので注意しましょう。

      靴はスニーカーでも良いところもありますが、汚れのない低めのシックなパンプスならどんな場合でも問題ありません。ただし、高すぎるヒールは場違いですので避けましょう。

      爪は短めに切りそろえておきましょう。派手なメイクやアクセサリー、ネイルはNGです。着飾ることにメリットはありません。服装と並んで、ヘアスタイルも重要なポイントです。

      見苦しくないようにすっきりと清潔にまとめ、髪が長ければきちんと束ねることが大切です。採用されて実際に働きだしたら、エプロンや制服がある職場も多く、着用に関する規定があればそれに従うようにしましょう。

      そして当たり前のことですが、面接には遅刻しないで行くことがとても大切です。遅刻して「時間にルーズな人」だと思われることが、何より悪印象を与えます。そのため、当日になって慌てないよう、服装は前の日に準備しておくことをおすすめします。

      男性の服装で気を付けたいところは?

      男性でもパートタイマーの働き方を選択する人はいます。面接においては女性と同様に清潔感がポイントとなりますので、髪は短くまとめ不潔感を与えないように注意し、匂いのきつい整髪剤などは避けたほうが良いでしょう。特にヒゲをきちんと剃っておくことが大切です。

      服装は、きちんと感のあるYシャツや開襟シャツなどに、コットンパンツやチノパンなどを合わせるのが無難です。デニムは原則としてマナー違反のことも多く、特にダメージジーンズは厳禁です。

      サイズはオーバーサイズのものは避け、ジャストサイズを選びましょう。シワのない綺麗なものであればポロシャツなどでも良い場合もありますが、胸元がダレているものは厳禁です。

      また、40代ともなれば、お腹の出具合が気になる人もいると思いますが、全体にだらしなく見えないようにすることが大切です。

      ベルトからシャツの裾を出していると良い印象を与えません。また、シャツの下には肌が透けないよう、下着や白いTシャツなどを着用することをおすすめします。

      靴は清潔であればスニーカーでも問題ない場合がありますが、派手な色のものは避けましょう。サンダルなどはNGです。男性の場合スーツを着慣れている人も多いでしょうが、スーツを着ていれば評価がプラスになるというものでもありません。職場の雰囲気に溶け込める、と担当者に感じさせる服装が重要です。

      服装以外で注意すべきポイントを知っておこう!

      面接の当日は、履歴書はじめ必要書類や筆記用具を持参しましょう。履歴書は丁寧に書き、使いまわしはやめましょう。場合によっては印鑑など必要になることもありますので、持参するものは面接の調整段階で確認しましょう。

      面接では人柄や態度、お客様に適切に対応できるかどうかといったポイントが見られています。話し方には特に注意が必要で、適切で丁寧な言葉づかいをしましょう。面接を行う担当者が年下であっても、ぞんざいな口の聞き方は厳禁です。

      とはいえ、敬語や丁寧語を使い慣れていなければ、ついいつもの口の聞き方が出てしまうものです。付け焼き刃ではなく、日頃から言葉使いは意識するようにしましょう。

      質問には姿勢よくハキハキと答え、答えにくい事柄があってもネガティブな発言は避けましょう。ただし主張すべきところはあいまいにせず、明確にすることも必要です。

      若い人に比べるとミドルシニアのパートには、責任感や安心感といった要素が求められる傾向があります。真面目な働きものであるという印象が強く、積み重ねた経験をベースにした臨機応変な対応や、柔らかい人当たりなどが期待されているのです。

      若い人たちをまとめて、リードしたりフォローしたりといった役割が求められることもあるでしょう。ミドルシニアならではの経験を活かして、お店の発展に貢献できるよう心がけましょう。

      清潔感に注意して明るく前向きな姿勢をみせましょう!

      スーパーは接客業なので、日本語が話せてきちんと働けると期待されるミドルシニアが重宝される時代になっています。そのため、面接では自信を持ちつつ、清潔感を演出するように心がけましょう。

      お店を訪れるお客様に不快感を与えず、失礼のない態度がとれることを立ち居振る舞いから伝え、最善を尽くし面接に臨みましょう。スーパーでは立ち仕事がメインとなることから、体調に注意しながら徐々にシフトを増やすという方法もあります。

      日本を、企業を元気にするためには、ミドルシニアのパワーが不可欠です。見事面接に合格して、明るく元気なスーパーの店員さんになってくださいね。

      記事をシェアする

      • Twitter
      • Facebook
      • Line

      この記事は役に立ちましたか?

      より役立つ記事をお届けすることを目的として、あなたからのフィードバックをお願いします。

      あなたへのオススメ記事

      40代でも目指せる公務員への転職情報。難易度とその対策。

      40代でも目指せる公務員への転職情報。難易度とその対策。

      40歳からの転職で公務員を目指したいと思ったら、どのようなアプローチが必要なのでしょうか。国や地方自治体の未来を担う責任ある仕事に関心を持つ方のため、試験情報や募集要項の探し方、40歳以上でも応募できる職種についてご紹介しましょう。

      • 採用成功テクニック
      • 2018年2月13日
      履歴書のサイズはA4それともB5?手書きとパソコンの使い分けは?(転職・パート)

      履歴書のサイズはA4それともB5?手書きとパソコンの使い分けは?(転職・パート)

      転職・パート・アルバイトにおける必須の応募書類である履歴書。いざ書き始めようとすると「A4がいいの、それともB5?」などのサイズに関する疑問や、「手書きがよいの?パソコンがよいの?」、さらにはどう書けばよいのかなど様々な疑問が生まれるもの。ここではミドルシニア世代の転職を成功につなげる履歴書作りについてご説明します。

      • 採用成功テクニック
      • 2017年12月28日
      転職成功のカギは情報にあり!感度の高い20代に学ぶ情報収集法

      転職成功のカギは情報にあり!感度の高い20代に学ぶ情報収集法

      転職先を探すにあたって、どのように情報を集めていますか?40代50代60代が行っている情報収集の方法と、今の若者特有の情報の集め方を紹介します。ご自身にあった求人を見極めるため、情報収集のやり方に迷った時の参考に活用ください。

      • 採用成功テクニック
      • 2017年12月26日
      パート応募のメールはどう書く?マナーとポイントについて

      パート応募のメールはどう書く?マナーとポイントについて

      パートに応募する場合、その多くが電話やメールでの連絡からはじまります。そのときに重要なのは、「この人仕事ができそうだな」という印象を相手に伝えることができる、社会人として正しいふるまいをできるかどうかです。ファーストコンタクトで悪い印象をもたれないよう、やりとりの基本的なルールやマナーを知っておきましょう。

      • 採用成功テクニック
      • 2017年12月19日
      職歴が多いのは転職には不利?経験を活かす職務経歴書のポイントとは

      職歴が多いのは転職には不利?経験を活かす職務経歴書のポイントとは

      転職を決意する理由は人それぞれです。しかし、自身に複数の転職経験がある場合、「自分は敬遠されるのでは…」と二の足を踏む人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、職歴が複数ある人を企業はどう捉えるのか、そしてどのように対策を練ればよいかをご紹介します。

      • 採用成功テクニック
      • 2017年10月10日
      40代男性はチェック!面接で採用されやすいスーツや身だしなみとは?

      40代男性はチェック!面接で採用されやすいスーツや身だしなみとは?

      採用面接では、応募者のスキルや経験はもちろん、パーソナリティや見た目もチェックされています。そのため、面接には当然ふさわしい身だしなみで臨まなければなりません。ここでは、40代男性が面接で好印象を与える身だしなみについてご説明します。

      • 採用成功テクニック
      • 2017年10月 1日

      おすすめ・シリーズ記事

      人気記事ランキング

      月別アーカイブ

      2018

      2017