50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること?

  • 自分の相場を知る
50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること?

「35歳の壁」などの言葉があるように、やっぱり転職は30代まで、という思い込みを持つ方もいるのでは?そんな考えはやはりかつてのものであることが、マイナビが行った「ミドルシニア採用企業レポート」の結果で証明されました。

この記事の目次

    ミドルシニア採用企業レポート2018(株式会社マイナビ調べ)

    ○調査方法/ インターネット調査
    ○調査期間/ 2018年9月28日(金)~2018年10月11日(木)
    ○調査対象/直近3年以内に中途採用の募集をしていた企業(2,665社)の中途採用担当者
    (うち、ミドルシニア採用企業:全体1,820社)
    https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp/

    40代の採用意欲は高く、従業員規模に比例して高まる傾向に

    マイナビ転職調査_正社員雇用率.jpg

    直近3年間で中途採用を行った企業への調査を見ると、正規雇用で最も多いのが30代。そして、20代、40代、50代、60代と続きます。

    この並びは想像どおりかもしれませんが、意外な事実が見えてきました。それは、20代が57.8%、40代が52.6%と、正社員として雇用される割合は、20代も40代もさほど変わらないことです。

    マイナビ転職調査_正社員雇用率_2.jpg

    そして、もう一つの傾向としては従業員規模が大きい企業ほど、正社員として雇用する率が高いということが見て取れます。300人以上の規模の会社においては、58%もの企業に正社員としての採用実績が存在しました。

    スキルの高い、経験が豊富、即戦力となりうるなどの条件を個々の企業で設けているとしても、これらの事実からもいわゆる「35歳の壁」という概念は過去のものとなったことが理解できるでしょう。

    50代以上では正社員以外の選択肢も検討することがポイント

    50代においては約3割が正社員として雇用されているものの、若い世代に比べると割合が大きく落ち込むことは否めず、60代での正社員採用は1割程度にとどまります。

    そのような状況において新しい仕事を見つけるのであれば、正社員以外の選択肢も検討するのが近道といえるでしょう。

    50代で正社員にこだわり続ける場合は、仕事を見つけられる確率は3割にも満たないですが、正社員以外の選択肢も受け入れれば5割を超える確率へと上昇します。

    ・これまで年収をいくらもらっていたのに...
    ・正社員以外で働くなんて...
    ・こんな小さな規模の会社で働くなんて...

    などのこだわりを捨てられるかが、仕事を見つけられる大きなポイントといえるでしょう。

    ミドルシニアを採用する理由は「豊富な経験」があるから

    まず、各年代で共通しているのは「豊富な経験」を有していることが魅力であり、戦力となれば「年齢は関係ない」と考える企業が増えてきているということ。事業の成長に貢献できる人材であれば、門戸が開かれていると考えてよいでしょう。

    マイナビ転職調査_40代.jpg

    40代の傾向

    「専門性が高い」ことや「定着が期待できる」ことが上位にあることから、地に足をつけて自身の強みを発揮してほしい、という企業の思いが見えてきます。

    買い叩くつもりがないことは「給与を安く抑えられる」が最も低い回答としてランクしていることが示しています。

    マイナビ転職調査_50代.jpg

    50代の傾向

    大きくは40代と変わりませんが、特に規模の大きな企業において「専門性が高い」というポイントに着目していることがわかります。

    「モラルや責任感が高い」ということも、評価されるポイントといえるでしょう。

    マイナビ転職調査_60代.jpg

    60代の傾向

    60代になると「給与を安く抑えられる」というポイントが第三位に。この傾向は大手になるほど高まる傾向にあります。

    とはいえ、多くは非正社員での採用であっても、週3日勤務や短時間勤務が多いのが実態です。そのため、時給換算で考えれば悪くない場合もあります。

    こだわりを捨て、視野を広く持つことが、仕事を見つけるきっかけに

    上述のミドルシニアを採用する理由の中で共通しているのが、「若手社員の指導」という項目に対する期待感は各年代において、高くないこと。

    つまり、マネジメントなどよりも、これまでの経験や専門性を発揮してもらうことに企業からの期待が高いということが見て取れます。

    「これまでは新人を育ててきた経験も実績を買ってほしいのに...」と不満をこぼすのではなく、プロ野球の助っ人外国人のように、期待された成果を果たすことに注力する。それこそが、現代で求められているミドルシニアの活躍スタイルなのかもしれません。

    関連情報

    中高年歓迎の正社員求人情報 中高年歓迎の契約社員求人情報 60歳以上の方向けのお仕事特集

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    47歳 女性の転職|家から近場で希望の仕事を探す。その秘訣教えます【転職体験記06】

    47歳 女性の転職|家から近場で希望の仕事を探す。その秘訣教えます【転職体験記06】

    ご主人と二人のお子様と暮らす保坂さん(仮名)。育ち盛りのお子様との時間を大切にするために、仕事探しの軸にしていることは「家から近い場所で働く」こと。それを実現させるために行った習慣や工夫についてお話を伺いました。

    • 自分の相場を知る
    • 2019年3月12日
    53歳 女性の転職|9つの職場を経験してきた私が、これまで、そしてこれからも働く理由【転職体験記05】

    53歳 女性の転職|9つの職場を経験してきた私が、これまで、そしてこれからも働く理由【転職体験記05】

    ご主人と中学生のお子様、愛犬と暮らす小林さん(仮名)は、短大を卒業後、様々な会社で働き続けてきました。そして、結婚・出産を経た後もブランクを挟みつつも精力的に働き続けています。その理由や仕事に就き続けられるコツについてお話を伺いました。※年齢は取材当時のものです

    • 自分の相場を知る
    • 2019年3月 5日
    59歳で失業―『やりがい』を求めた再チャレンジで得た新しい道とは。【転職体験記04】

    59歳で失業―『やりがい』を求めた再チャレンジで得た新しい道とは。【転職体験記04】

    やりがいや夢みたいな、楽しみを探し続けることが大事だと思うんです―― 59歳で失業を経験し、タクシードライバーとしての新たな道へ進んだ新井さん。全くの未経験からのスタートから、業務にも慣れ、安定した生活を手に入れた3年目の現在を語ります。

    • 自分の相場を知る
    • 2019年3月 4日
    57歳 男性エンジニアの転職|これからも技術者としてのやりがいを保ち続けるため。【転職体験記03】

    57歳 男性エンジニアの転職|これからも技術者としてのやりがいを保ち続けるため。【転職体験記03】

    大手メーカーからキャリアをスタートさせ、二度の転職を挟みながら、一貫して技術畑を歩んできた坂口さん。三人のお子様を持ち、末子はまだ就学中というなかで、57歳の転職を決意したその背景と理由についてお話を伺いました。

    • 自分の相場を知る
    • 2019年2月26日
    人手不足解消の切り札はシニア人材!?アルバイト採用活動に関する企業調査

    人手不足解消の切り札はシニア人材!?アルバイト採用活動に関する企業調査

    人手不足に悩む多くの企業。その原因は欠員の補充だけではなく、働き方改革に伴う正社員労働を短縮させるための補充など、業界によって悩みは多様化しています。そこでマイナビが調査を実施。見えてきたのは、シニア層の採用に期待が寄せられているという事実でした。

    • 自分の相場を知る
    • 2019年2月19日
    58歳 女性の転職|年齢を重ねても経験があれば、希望の仕事に就き続けられる【転職体験記02】

    58歳 女性の転職|年齢を重ねても経験があれば、希望の仕事に就き続けられる【転職体験記02】

    短大を卒業してから出版社へ就職し、ご結婚。出産とともに退職し、子育てのため家庭に入るという、この世代の女性として一般的とも言える道のりを歩んできた58歳の赤城さん(仮名)。どうして、58歳となった今でも様々な仕事に就き続けられるのでしょうか?仕事探しなどの秘訣なども伺いました。

    • 自分の相場を知る
    • 2019年1月22日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す