扶養内でパート!2022年扶養範囲内で働くなら月収金額はいくら?

  • ちょっと得する知識
扶養内でパート!2022年扶養範囲内で働くなら月収金額はいくら?

扶養の範囲内で最大限の手取り収入を得たい!子育てが落ち着いたら仕事を始めたいと考える主婦(主夫)の方々に向けて、2020年時点で扶養範囲内にちょうどよく収まる月収の金額や働き方についてお伝えいたします。

この記事の目次

    よく聞く扶養の範囲内とは?

    「税金上の扶養」と「社会保険上の扶養」がある

    「扶養」という言葉の意味は、主に経済的な要因で自分の力だけでは生活を維持できない人の援助を行うことであり、「扶養家族」とはその対象となっている家族のことを指します。
    家計に直接的に関係してくる扶養の種類として挙げられるのは、住民税と所得税が該当する「税金上の扶養」と、「社会保険上の扶養」の二つがあります。

    扶養内で働くメリットとは

    「主婦が昨年よりも頑張ってパートで稼いだのに、世帯としては昨年よりも手取り収入が減ってしまった」というケースを聞いたことがあるかもしれません。

    その理由は、定められた額を超える収入が発生したことから扶養から外れ、配偶者控除を受けられなくなったり、社会保険料を自分で払うことになったためです。

    このようなケースを避けるためにも、扶養範囲内で働くことの知識を持つことは大きなメリットがあると言えるでしょう。

    こちらの記事も参考になります。
    「扶養の範囲内の概要について詳しくはこちら」

    103万・106万・130万・150万の壁とは?

    「扶養内」に関する年収は複数存在しますが、詳細な説明だと頭が混乱してしまいがち。ここでは代表的な103万、106万、130万、150万の壁。それぞれの年収を超えたときに発生する変化の特徴を掴むためおおまかにご説明します。

    103万円の壁

    年収が103万円を超えた場合、所得税が発生しますが大きな金額とはいえないものです。しかし、注意しなければならないのが、夫が勤める会社の「扶養手当」「家族手当」の支給基準です。この基準が「所得税法に定める控除対象」となっている場合は、これらの手当が支給されなくなる恐れがあります。

    106万円の壁、130万円の壁

    どちらも社会保険に加入する必要が生まれる金額ライン(働いている事業所の従業員数等の条件によって異なる)となります。この金額を超えた場合、約14%程度の保険料が給与から天引きされることとなるため、手取りに対するインパクトは大きなものとなります。

    また、夫に支給される「扶養手当」が支給対象外になる条件は年収130万円未満とされているケースも多く、公務員の扶養手当の支給対象外条件も130万円となっています。

    150万円の壁

    年収が150万を超えた場合、夫の収入から控除が受けられる金額(満額:38万円)が低下します。しかし、年収に応じて徐々に減額されるため、家計に与える影響は緩やかなものとなっています。

    こちらの記事も参考になります。
    社会保険の基本!扶養の条件と社会保険に加入するメリット・デメリット【社労士監修】
    働き損は絶対イヤ!! 得するパート主婦の働き方とは!?【2021年最新版】

    知っておきたい制度の変更

    pixta_28542602_M.png

    2018年に行われた税制改正によって、控除に関する制度に変更が起きました。ここでは、配偶者控除と特別配偶者控除についてご説明いたします。

    配偶者控除について

    「配偶者控除」とは、世帯主に養う家族(配偶者)がいる場合、生活にかかる費用負担を考慮して税金負担(所得税・住民税)の調整を行う目的で制定された制度のこと。具体的な金額は年間38万円と、家計に取っては大きな金額です。

    2017年までは、この配偶者控除を受けられるパートの上限年収は103万円でした。しかし29年度税制改正により、2018年1月からは、配偶者控除の上限は変わらないが、配偶者特別控除を利用することで上限年収が150万円に拡大されました。これまで、パート主婦が「稼ぎ過ぎては損をする」としていた金額のラインが上がり、103万円を気にせず稼ぐことができるようになったのです。

    税制改正の詳細についてはこちら(国税庁ページにリンクします)
    「国税庁 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて」

    配偶者特別控除とは

    「配偶者特別控除」とは、103万円を超える収入があり、配偶者控除の適用が受けられなくても、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額の所得控除が受けられる制度のこと。「扶養を外れると、いきなり家計の税負担が増えるのでは」と心配する人も少なくありませんが、この配偶者特別控除が調整弁となって、緩やかに税額が増えるような仕組みとなっています。こちらの控除対象金額も、税制改正によって給与年収上限が141万円から201万円へ拡大されました。

    ただし、注意したいのは、夫の年収が高いと、妻は配偶者控除が減額されたり、控除が受けられなくなること。給与年収が1,120万円以下なら全額控除(38万円)ですが、1,170万円以下だと26万円に、1,220万円以下だと13万円と減額されます。1,220万円を超えると、妻は配偶者控除を受けることができません。

    「配偶者特別控除の概要と受けるための要件」(国税庁ページにリンクします)

    また、支給される交通費の金額が高額で、それを含めると上限年収が超えてしまうといったケースもあるかもしれません。しかし交通費は毎月一定金額以下(1カ月15万円以内)であれば非課税なので、交通費は気にする必要はないかもしれません。

    今回の改正は、配偶者控除が適用される夫にとっては2018年末に行う年末調整から影響することになります。そのため、現在パートで働いている人は、2018年後半、どのようにパート収入の調整をしていくか計算する必要がありそうですね。

    また、パートでも一定以上の収入があると、社会保険料を支払う必要が出てきますが、今回の改正では厚生年金や健康保険はこれまで通りのルールが適用されます。150万円のパート収入があった場合、「106万円の壁」「130万円の壁」を乗り越えることになるため、社会保険への加入や、国保や国民年金への加入が必要になります。

    こちらの記事も参考になります。
    「パートは扶養内で働くのが賢いの? 知っておきたい扶養の基本ルール」

    扶養内でのパート、月額だといくらまで?

    それでは具体的に、扶養の範囲内で働くには、月にいくらの金額を稼げばいいのでしょうか。

    ここで大きなポイントとなるのは「社会保険料」です。妻の収入が106万円(会社の規模などの条件によっては130万円)を超えてしまうと、加入する必要が出てきます。手取り額を第一に考えるとしたら、社会保険の加入が発生しない範囲で働く方がいいでしょう。
    ※社会保険料は、従業員501人以上の企業に勤めている場合は106万円から、従業員501人以下の場合は130万円から加算されます。

    pixta_39195991_M.png

    月にいくら稼ぐかのシュミレーション

    ここでは、従業人501人以下の企業で働く場合で考えてみましょう。なお、夫に支給される「扶養手当」等については基準が異なるため除外した計算とします。

    この場合、130万円から社会保険への加入が必要になるので、年間129万円までなら社会保険料を引かれずに稼ぐことができますが、所得税と住民税が発生します。

    所得税・住民税はどれくらいかかる?

    21abb043596b24c46affc8d21cb232abe205eed9.jpg

    上記の計算となり、所得税は1万3千円を年間で収めなければなりません。

    住民税.PNG

    上記の計算となり、年間3万1000円の住民税を収めなければなりません。

    控除上限額_修正.jpg

    結果、129万円から所得税と住民税に、住民税均等割5000円を引いた124万1000円が、100%の控除を受けながら1年間で稼げるギリギリの金額と言えそうです。
    ※住民税の均等割は居住している市区町村によって、金額が若干異なる場合もあります。あくまで参考値としてお考えください。


    月額に直すとどれくらい?

    では次に、この「年間129万円」をもとに、月額どのくらい稼げるのか。月々どのくらいの時間働いたらよいのか考えてみましょう。

    129万円を12カ月で割ると、1カ月あたり約10万7500円です。

    週に4回、パート・アルバイトに入ると考えると、一カ月に16日働く計算に。10万7500円を16日で稼ぐとしたら、1日あたり約6719円を稼ぐ必要があります。東京都の最低賃金である時給1,013円で換算すると、1日約6.5時間程度働く計算になります(1,013円×6.5時間=6,584円)。

    1日6.5時間働くのは厳しいという場合は、1日5時間程度の勤務にし、一カ月のうち20日間を働く日に充てるという方法もあります。月額10万7500円を念頭におきつつ、自分の状況に合わせたいろいろなパターンを計算してみてください。

    「働き損」しないために、年収の上限を把握する

    pixta_31766687_M.png

    現在、パートで働いている人は、「扶養内の上限」の金額を頭に入れてシフト、そして収入の調整をするようにしましょう。これから働こうとする人は、扶養内勤務の条件に見合った仕事を探すのがよいですね。

    マイナビミドルシニアでは、「扶養調整可能」な求人を探すことも可能です。自分の年代を「活躍中の年代」で選択し、さらにとこだわり条件の「女性が活躍中」を掛け合わせた検索を行えば、希望に適した求人を見つけることが可能です。

    せっかく働くのであれば、できるだけ多くの収入を得たいのは誰しも共通する気持ちでしょう。扶養に関する知識を押さえて、世帯収入を最大限に高められるように工夫していきましょう。

    扶養調整可能の求人・転職情報

    LINE友だち追加で新着記事をお届け LINE友だち追加で新着記事をお届け

    関連記事

    女性におすすめ!選ばれているパートとは? 今からはじめたい!おすすめのパートは? パート応募のメールはどう書く?マナーとポイントについて 隙間時間で働きたい!主婦でもできるモーニングコールのアルバイトなど パートの扶養範囲とは? 扶養から外れたらどうなる?基本をご紹介!【社労士監修】

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    年金制度改正法で、2022年10月から社会保険の適用範囲はこう変わった!

    年金制度改正法で、2022年10月から社会保険の適用範囲はこう変わった!

    2022年10月からパートなどの短時間で働く人に対して、社会保険の適用範囲が広がったのを皆さんはご存じでしょうか。今回は、こちらの制度について触れていきます。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年11月30日
    人生100時代を生き抜くために、在職定時改定を知っておく!

    人生100時代を生き抜くために、在職定時改定を知っておく!

    皆さん、2022年4月から「在職定時改定」という制度が導入されることをご存じですか?まだ知らないという方も人生100年時代を生き抜くために、在職定時改定をきちんと把握しておきましょう!

    • ちょっと得する知識
    • 2022年4月18日
    高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

    高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

    健康なうちは働きたいと思っている方が多くいらっしゃいますが、企業によっては定年以降、社員の雇用が難しいところも…。さらに、今後は年金の受給年齢も上がることが予想されています。そこで今回、シニアの再就職で活用すべき高年齢再就職給付金についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年3月16日
    再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    春先になると、転職をして新たなライフステージを迎える方が多くなる頃。しかし、再就職するにあたり再就職手当を理解していない人も多いのだそう。本日は、再就職で損をしないためにも再就職手当についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年2月22日
    介護保険料とは?支払い開始時期や金額など疑問を解決

    介護保険料とは?支払い開始時期や金額など疑問を解決

    ミドルシニア層になると老後における介護について、少しずつ考え始めるのではないでしょうか。介護の負担を軽減するために制定された介護保険。今回は、その介護保険にかかる介護保険料の支払い開始時期や実際に支払う料金について詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年2月 1日
    ミドルシニア世代の副業・兼業に秘められた可能性。メリットとデメリットを解説

    ミドルシニア世代の副業・兼業に秘められた可能性。メリットとデメリットを解説

    コロナウイルスの永続化や定年制度の延長など、急激な社会の変化に直面するなかで、キャリアを見つめ直すミドルシニア世代(40代から60代)が増えています。これまでは本業一本で仕事をしていた人も、副業や兼業に一歩踏み出したいと考えている人も多いはず。そこで今回は、ミドルシニア世代の副業や兼業の可能性やメリット・デメリット、注意すべきポイントなどを紹介していきます。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年12月21日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    LINE友だち追加で新着記事をお届け LINE友だち追加で新着記事をお届け