【主婦向け】正社員もバイトも!採用担当者の気持を理解した志望動機の書き方

  • 女性のお役立ち
  • 2017年11月10日
  • 【主婦向け】正社員もバイトも!採用担当者の気持を理解した志望動機の書き方

    子育てが落ち着いたタイミングで仕事への復帰を検討する主婦は多く、久しぶりの転職活動に踏み切る女性はたくさんいます。仕事をしていなかったブランクを払拭し、採用担当者の気持ちを動かして内定を勝ち取るための志望動機とはどんなものか考えてみましょう。

    この記事の目次

      どうして志望動機を聞いてくるの?

      志望動機を聞いてくる人事担当者の心境

      履歴書や転職面接において志望動機を聞く理由は、応募者の労働意欲を図ること。そして、何よりも希望している職種と、応募者がマッチングしているかの度合いを見ることにあります。

      企業側が求めているのは、「長く安定して働いてくれる」人材を確保することです。採用活動には一定の費用がかかるため、せっかく採用したのにすぐに退職されてしまっては、企業の損失になるだけではなく、人事担当者の評価にも関わります。

      もちろん、応募者にとっても転職を繰り返すのは避けたいはず。そのため、ミスマッチを防止することがお互いの利益につながることが明確なため、志望動機は必ずと言って良いほど確認されるのです。

      それでは、人事担当者はどのようなやり取りを通じて、仕事内容と応募者のマッチングを感じるのでしょうか。それは、応募者とのやり取りのなかで、「どうして当社じゃないと、どうしてこの仕事じゃないといけないのか」という思いが理解できたときです。

      だからこそ人事担当者は面接のなかで、「仕事のどんなところに魅力を感じているのか、会社に対して、商品に対してどのような印象を持っているか」をヒアリングしてくるのです。そこに対して満足な回答が得られたとき「この人は当社の仕事に向いている」と感じ、内定獲得にグッと近づくでしょう。

      やはり事前の下準備が重要!

      人事担当者が納得できる回答を行うためには、一定の仕事や会社に関する情報収集を行うことが重要です。そのためには、求人原稿をしっかりと読むことに加えて、会社のホームページを確認しましょう。企業理念、扱っている商品の特徴といった細かい部分まで把握しておくと、説得力が高まります。

      どんな立場でどのような役割が求められていくのかを調べたうえで、履歴書や転職面接でアピールする志望動機を考えてみてください。人事担当者を納得させるためにも、志望動機を固めてきちんと答えられるようにしておくことが大切です。

      【パートの場合】押さえるべきポイント

      pixta_16831231_M.png

      パート募集の場合は労働時間や時給に制限がつくことが多いため、希望する働き方を具体的に伝え、"働き方がマッチングしている"ことを理解させることがポイントです。

      1日数時間のパート求人募集に対して、フルタイムを希望している主婦が応募した場合、どれほど適性ややる気があっても採用される確率は高くないでしょう。

      人事担当者が考えている人材に自分がマッチすることを伝える例

      たとえば工場の短時間パート社員募集に関する場合、扶養範囲の仕事を探していることを伝えるために、こんな志望動機が考えられます。

      「扶養の範囲内の仕事を探していたところ、御社の募集を見つけました。コンビニエンスストアの店長経験があり、明るい挨拶とチームワークには自信があります。工場勤務は初めてですが、チームの方たちと協力しながら正確な作業に努めていきたいと考えます。」

      「子どもが小学校に行っている時間帯でできる仕事を探していました。週3日〜4日と限定された働き方にはなりますが、食品工場で働いていた経験を活かして御社に貢献したいと考えています。」

      条件面にプラスしてアピールできる要素があれば、志望動機に加えましょう。過去に経験した仕事内容、募集企業に対する思い入れなどを加えると、志望動機としての訴求力が高まります。

      働ける時間帯、曜日が決まっている場合は、募集内容との合致を確認したうえでの応募が不可欠です。先方の考えている条件と合わない内容を志望動機で述べてしまうと、逆効果になってしまいます。

      【社員希望の場合】押さえるべきポイント

      pixta_32688893_M.png

      社員募集の場合は即戦力人材が重視される傾向にあり、経験やスキル、組織に対する貢献度合いが重要なポイントです。

      ブランクがある女性であっても「過去の経験からどのようなスキルを保有して、採用した場合には会社に対してどんなメリットが期待されるか」という一連の流れを分かりやすく伝えることで、人事部の評価につながります。

      もう1つ重要な視点は、相手先に対する理解です。経営理念や仕事の内容、求める人物像と要求スキルを理解していないと、具体的な志望動機には繋がりません。たくさんの面接者と会ってきた採用担当者から見ると、企業研究をしっかりしているかどうかはすぐに分かってしまいます。

      面接前に会社のホームページに目を通すことはもちろん、インターネット上で様々な検索を行って社風やサービス内容の情報を調べましょう。さらに、同業他社のホームページと比較しながら会社の強みを探ることで特徴がつかみやすくなり、内定が近づくでしょう。

      社員希望の場合の伝え方例

      「子どもが中学校に進学いたしまして、再就職を考えるようになりました。育児休業に入る前の会社では営業を担当しておりましたが、売上管理や利益計算のような帳簿管理も行ってきました。働くなかで数字を扱う仕事に関心が深まり、部署単位の月次売上管理表や報告資料を作る仕事を自主的に行ってきたことで、客観的な立場から状況を分析する習慣も身に付いています。再就職を前提に子育ての合間の時間を使って簿記2級を取得しました。ブランクはありますが、営業で培った利益管理の視点、簿記資格の学習を通して学んだ正確に数字をとらえるスキルを活かしつつ、御社に貢献したいと考えています。」

      主婦が正社員として復帰する場合には、家庭と仕事の両立が可能かどうかもチェックされます。一旦仕事を離れた経緯と現在の状況、休業中の努力を伝えることで、人事部の不安を払拭できることでしょう。そのうえで、会社に貢献できるポイントや仕事内容に対する前向きな気持ちを伝えてください。

      具体的な志望動機を作るため、パート募集にも増してしっかりとした準備と自己分析が重要です。面接日を迎えるまでに時間のゆとりを十分に確保、細かいところまで追求されても困らない志望動機を作ってください。

      この人なら一緒に働きたい、と思われることがゴールへの近道!

      パートであっても社員であっても「この人と一緒に仕事がしたい」という気持ちにさせるアピールが重要なので、採用担当者の立場に立った話し方は重要です。応募先から共感を得られるように意識したいポイントは、大きく2点です。

      1. 仕事に対するやる気、モチベーションを伝えること
      2. ネガティブな要素はポジティブな表現に言い換えること

      どんなにスキルや経験があっても、前向きな気持ちが伝わらないことには良い結果が出にくくなります。会社に欲しい人材と思われるためにも、自分本位な志望動機は控えましょう。また相手の会社についてよく知ることが良い志望動機作りの第一歩となるため、詳しい企業研究を行ったうえで、自分をアピールできる志望動機を考えてみてください。

      志望動機の例文・サンプル集はコチラ

      記事をシェアする

      • Twitter
      • Facebook
      • Line

      この記事は役に立ちましたか?

      より役立つ記事をお届けすることを目的として、あなたからのフィードバックをお願いします。

      あなたへのオススメ記事

      どんな仕事が狙い目?子育てが一段落した女性の仕事探しについて

      どんな仕事が狙い目?子育てが一段落した女性の仕事探しについて

      「子育てが一段落ついたので、そろそろ働きに出たいな」という思いが生まれても、どんな仕事を選べばよいのか、どうやって仕事を探せばよいのか、迷うこともあると思います。そこで、長く仕事から離れていた主婦が仕事につくためのポイントと、働きやすい職種についてご紹介します。

      • 女性のお役立ち
      • 2017年10月24日
      仕事復帰は不安だらけ?不安の解消法と仕事探しの進め方

      仕事復帰は不安だらけ?不安の解消法と仕事探しの進め方

      40~50代の女性の中には子育てなどが落ち着いたことから、仕事復帰を望んでいる人もたくさんいます。しかし、仕事から離れていた期間が長いと、不安が大きくてなかなか踏み出せないもの。今回は、仕事復帰に対する不安と解消法、仕事探しの進め方について解説いたします。

      • 女性のお役立ち
      • 2017年10月16日
      これなら私もできるかも!在宅ワークの仕事内容と報酬相場

      これなら私もできるかも!在宅ワークの仕事内容と報酬相場

      在宅での仕事は、自分の空いている時間を有効に活用しながら、お小遣い稼ぎや生活に必要な収入稼ぎができるというメリットがあります。しかし、どんな仕事があるのかご存じない方も多いのでは。そこで在宅の仕事についてお伝えし、それぞれの報酬相場もご紹介します。

      • 女性のお役立ち
      • 2017年10月 1日

      人気記事ランキング

      月別アーカイブ

      2017