マンション管理人の求人のチェックポイント。勤務形態によって給料が変わる?

  • 働き方を選ぶ
マンション管理人の求人のチェックポイント。勤務形態によって給料が変わる?

シニア年代から人気の仕事の一つである「マンション管理人」。とはいえ、具体的にどのような業務を行うのか、どれくらいの給与水準など疑問も多いのではないでしょうか。マンション管理の専門家である小川正則氏に求人のチェックポイントを紹介してもらいました。

この記事の目次

    マンション管理人とは?

    マンション管理人という仕事に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

    多くの場合、マンションの窓口(管理事務室)に座っている、建物周辺を掃除している、居住者と話している、などを思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、一見、誰にでもできる簡単な仕事と思われがちですが、実際の仕事は多岐にわたり、具体的には以下の内容が上げられます。

    「受付等の業務」(居住者・来訪者への応対)、
    「点検業務」(外観目視による建物、諸設備の点検)、
    「立会業務」(設備点検・災害・事故等の立ち会い)、
    「報告連絡業務」(管理組合の文書の配付や掲示、フロント担当者・役員への報告)

    その他にも、これらの管理員業務や管理組合の運営を補助する「管理補助業務」(防火管理業務の補助等)や、比較的小規模で清掃員が勤務していないマンションでは、「日常清掃」も管理人が担当をします。

    なお、フロント担当者とはマンション管理会社の従業員で、総会・理事会に出席する等管理組合をサポートする担当者をいいます。

    マンション管理人の勤務時間は?

    マンションの管理方式(勤務形態)によって勤務時間は異なります。半日勤務などを除いて休憩時間は1時間程度、休日などは契約により決められます。

    1. 通勤方式

    管理人がマンションに通勤し、管理業務を実施する方式です。契約によって勤務日数や時間が定められます。

    通勤方式のなかで多い勤務形態は、平日の朝から夕方までの週5回程度勤務するフル勤務や、週3回程度・午前中などに勤務する半日勤務があります。

    2. 巡回方式

    管理人は特定のマンションに通勤せず、複数のマンションを定期的に巡回し管理業務を実施する方式です。巡回回数、勤務時間等は契約によって定められます。

    別名、巡回管理員ともいわれ、管理人のペースで巡回できることが多く勤務時間を気にせず働くことができます。

     
    3. 住込方式

    管理人が、マンションに住み込みながら管理業務を実施する方式です。本来、契約で定められている勤務時間以外は私的な時間ですが、緊急時については対応を求められることがあります。

    この方式は、リゾートマンションなどを除いて近年、減少傾向にあります。

    4. 常駐方式

    夜間もシフト制による宿直で、24時間体制で管理業務等を提供する方式です。この方式は、タワーマンション、大規模団地等で多く採用されています。

    勤務先は、集中管理を行う防災センターであることが多いです。

    実際には、管理会社との雇用契約や管理組合のルールによって、勤務形態や業務内容が定められます。自分にあう勤務形態を見極めましょう。

    管理人の勤務場所は?

    主にマンション内の管理事務室(防災センター)となります。管理事務室には、電話・FAX等の通信機器、設備機器の警報盤、防犯カメラシステム、鍵保管箱などが設置されています。

    管理事務室は、マンションと管理組合の情報が集積しており、マンション管理や管理員業務を効率的に行ううえで整理整頓が重要とされています。

    マンション管理人はきつい?やりがいとは?

    マンション管理イメージ_1.jpg

    管理人の仕事は、「受付等の業務」「点検業務」「立会業務」「報告連絡業務」など多岐にわたります。

    特に「受付等の業務」では、マンションの居住者(区分所有者)、賃借人、来訪者など様々な方の応対をすることになります。なかには苦情やクレームなど、きつい言い方をする方もいるでしょう。これがクレーム産業など、管理人がきつい職種といわれる由縁です。

    しかし、管理人が全てを解決する必要はなく理事長等の役員、フロント担当者とともに解決を図ることができます。言い換えれば、業務も多岐に渡り、様々な職業、老若男女の方と接することができるので、仕事に変化があり飽きなく働ける仕事といえます。

    また、管理人は管理会社の代表(従業員)として現地に配属され「管理会社の顔」といえます。さらに、来訪者などから見ると管理人の応対がマンションの印象を左右する「マンションの顔」という側面も持ち合わせています。

    そのため、管理人の応対が信頼関係を左右する責任ある仕事です。管理組合と管理会社の接点として信頼関係ができるよう、また近隣などとの関係では良好な関係を築けるように職務を遂行する必要があります。

    一般的に残業なく定時で退社でき、生活のリズムがつかみやすいので健康増進のために管理人になる方もいらっしゃいます。営業職のように営業ノルマがないのも魅力です。

    マンション管理人の給与は?

    管理人の給与は、勤務形態、勤務地、マンションの規模等によって異なり、管理会社との契約により定められます。近年では、最低賃金の上昇により管理の給与も上昇傾向にあります。

    たとえば、東京地域の通勤方式の場合、月収160,000円前後、パート勤務では時給1,100円前後。常駐方式であれば月収200,000円前後になります。

    経験を重ねてベテラン管理人や大規模マンションで管理人を統括する責任者等になれば、当然給与はアップされます。

    また、管理会社によっては、「マンション管理員検定」「管理業務主任者」「マンション管理士」などの資格手当が支給される管理会社もあります。

    まとめ

    「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(2001年施行)」が施行される前は、管理員業務は誰でもできる比較的簡単な仕事とされていました。

    しかし、現代ではマンション管理人の仕事は専門職と位置づけられるほど多岐に渡り、やりがいのある仕事といえます。

    また、健康であれば、年齢はあまり関係なくシニアの方(50代~70代)に大人気の職種です。近年では、女性管理人も増え、男女分け隔てなく活躍しています。特に人と接することが好きな方に向いている仕事といえます。

    現在の分譲マンションストック戸数は約655万戸(2018年末時点)。マンションの増加とともに管理会社や管理組合は大勢の管理人を求めています。管理人の活躍フィールドは増えるばかりです。「人生100年時代」年齢関係なく長く働くことができる管理人に奮って応募してください。

    関連記事

    マンション管理の求人

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    チャレンジの価値あり!清掃の仕事、その種類と魅力とは?

    チャレンジの価値あり!清掃の仕事、その種類と魅力とは?

    列車やビル、商業施設など、さまざまな空間を快適かつ清潔に保つ「清掃」の仕事。実は「残業がほとんどない」「高齢になっても働ける」など、メリットがたくさんあります。仕事内容から関連資格まで、清掃の仕事に就く魅力をたっぷりご紹介します!

    • 働き方を選ぶ
    • 2019年11月14日
    マンション管理人になるには。求人倍率や求人の探し方、就職に有利な資格とは?

    マンション管理人になるには。求人倍率や求人の探し方、就職に有利な資格とは?

    定年後のシニア層の方にも人気の仕事である「マンション管理人」について、マンション管理の専門家である小川正則氏に具体的な仕事内容や就職に有利な資格を紹介してもらいました。

    • 働き方を選ぶ
    • 2019年11月11日
    警備員バイトは時給が高い上に勤務時間が短い?

    警備員バイトは時給が高い上に勤務時間が短い?

    求人情報を見ていると、警備員の仕事は資格や経験などの条件が少ないわりに高額の報酬が示されているため、気になっている人も多いのではないでしょうか。実際にはどうなのか、仕事内容や時給、勤務時間などについてご紹介します。

    • 働き方を選ぶ
    • 2019年11月 6日
    警備員の給料をアップさせるおすすめの資格とは?

    警備員の給料をアップさせるおすすめの資格とは?

    ショッピングセンターや駐車場、工事現場など、身近なところで目にすることの多い警備員の仕事ですが、実は警備員にも国家資格があることをご存じでしょうか。警備員にとって仕事や収入面で有利となる資格について、その種類や取得方法などをご紹介します。

    • 働き方を選ぶ
    • 2019年10月18日
    葬儀業界に転職するということ。ミドルシニア層が活躍しているって本当ですか?

    葬儀業界に転職するということ。ミドルシニア層が活躍しているって本当ですか?

    葬祭などを扱うセレモニー業界は「人間的な落ち着きや経験が評価されるので、中高年層の採用が活発」とのことですが、実際のところはどうなのでしょうか?ミドルシニアの採用について、日本最大の葬祭専門業者の団体である「全日本葬祭業協同組合連合会(略:全葬連)」にて専務理事を務める松本勇輝様にお話を伺いました。

    • 働き方を選ぶ
    • 2019年9月 6日
    フォークリフト免許の取り方と活用法。仕事範囲広がる!収入UP!

    フォークリフト免許の取り方と活用法。仕事範囲広がる!収入UP!

    工場や倉庫、建設現場など、荷物や建材・廃材を運搬するフォークリフト。運転するのに必要な国家資格であるフォークリフト免許はミドルシニア層の強い味方となります。そこで今回は、免許の取得法や活用法を詳しくご紹介。免許を取得して、仕事の範囲を広げましょう!

    • 働き方を選ぶ
    • 2019年5月27日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す