年金制度改正法で、2022年10月から社会保険の適用範囲はこう変わった!

  • ちょっと得する知識
年金制度改正法で、2022年10月から社会保険の適用範囲はこう変わった!

2022年10月からパートなどの短時間で働く人に対して、社会保険の適用範囲が広がったのを皆さんはご存じでしょうか。今回は、こちらの制度について触れていきます。

この記事の目次

    パートやアルバイトの社会保険適用拡大とは?

    2020年5月に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が成立しました。その中で、特に注目されたのが社会保険の適用拡大についてです。

    これまでは従業員数500人超(501人以上)の企業に対して社会保険の適用義務がありましたが、今回の改正ではその範囲が拡大し、2022年10月においては従業員数100人超(101人以上)の企業が対象となりました。さらに、2024年には50人超(51人以上)の企業を対象とした枠に拡大していきます。

    パート・アルバイトとして扶養内で働く場合には、改正での変更点を押さえながら、今後の働き方ついて考えるタイミングだと言えるでしょう。

    しかし、独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によれば、社会保険適用拡大によって手取り額が減ったとしても、将来のことを考えて社会保険に加入するといったアルバイトやパートの方は増加傾向にあるといいます。

    扶養調整可能な求人を探す

    「106万円の壁」に関する社会保険の適用範囲変更

    今回の2022年10月からの被保険者の変更点は以下の通りです。

    〈変更点〉
    ➀週の所定労働時間が20時間以上あること
    ➁雇用期間が2か月超見込まれること
    ③賃金月額が8.8万円以上(年収106万円以上)であること
    ④学生でないこと
    (※正規従業員の所定労働時間および所定労働日数が4分の3未満であっても、上記の4つの要件をすべて満たす従業員は、被保険者扱い)

    それぞれを項目別に詳しくみていきましょう。

    ➀週の所定労働時間が20時間以上あること
    週の所定労働時間について、基本的に契約上の所定労働時間によって判定されるため、急な残業や休日出勤等は含まれません。
    実労働時間が2か月連続で週20時間以上になり、なおかつ今後も引き続き20時間を超えると見込まれる場合には、3か月目から対象となります。

    ➁雇用期間が2か月以上見込まれること
    これまでの被保険者対象者は、勤務期間が1年以上でしたが、今後は雇用契約期間が2か月以上であるとみなされた場合に適用となります。
    ただし、契約期間が1年未満の場合で、書類等に更新のする旨や期間が示されておらず、更新の前例がない場合は適用除外に。

    ③賃金月額が8.8万円以上(年収106万円以上)であること
    基本給や手当によって計算され、残業代やボーナスなどの臨時賃金は含まれません。
    臨時賃金には、時間外労働や深夜残業に対して支払われる割増賃金や通勤手当、家族手当などが該当し、これらは月額8.8万円には含まれません。

    ④学生でないこと
    学生は適用対象外になりますが、休学中であったり、夜間学部に通ったりしている方は、加入対象になります。

    ※データ元:
    ・厚生労働省「社会保険適用拡大特設サイト」
    ・独立行政法人労働政策研究・研修機構「社会保険の適用拡大への対応状況等に関する調査」及び「社会保険の適用拡大に伴う働き方の変化等に関する調査 結果」

    社会保険に加入するメリットとは?

    pixta_44487714_M (1) (1).jpg

    扶養内で社会保険料を払わずに働いてきた場合、106万円の壁を超え、上記の条件を満たすと社会保険料を負担することになります。その結果、手取りの収入は減ってしまうことも。しかしながら、社会保険に加入することは多くのメリットがあることも知っておくことが大切です。

    健康保険による補償範囲が広がる

    病気やけが、出産などで休まなければならない場合にも社会保険に加入することで、傷病手当金や出産手当金として賃金の3分の2程度の給付が受けられるようになります。
    また、障害を患ってしまった場合にも障害厚生年金がもらえますし、万が一死亡してしまった際には遺族へ遺族年金が支給されることになります。

    これらは国民健康保険でも受けられますが、社会保険に加入することによってより一層手厚く保障してもえらえるのです。

    年金受給額が増える

    厚生年金に加入することにより、基礎年金に上乗せされた年金額が支払われます。保険料を会社と自身で折半するので、今の時点で国民年金や国民健康保険に加入している一部の人は、年収が約300万円未満の場合であれば、市町村によっては社会保険に加入した方が保険料が安くなることも。

    短い視点で考えれば、現在の手取りは減ってしまうかもしれませんが、将来的に見れば保障は増えたといえるのです。

    扶養調整可能な求人を探す

    まとめ

    パートやアルバイトで社会保険に加入することで手取り額が減ってしまうことは、一見すればデメリットに感じてしまうかもしれません。

    しかし、社会保険に加入すれば老後の年金額が増えたり、手厚い保障を受けられたりするなど、メリットも大きいのです。これを踏まえた上で、ご自身の働き方を見つめ直してみるのはいかがでしょうか。

    LINE友だち追加で新着記事をお届け LINE友だち追加で新着記事をお届け

    関連記事

    扶養内でパート!2022年扶養範囲内で働くなら月収金額はいくら? パートをしている方向け、扶養控除申告書の書き方! もしもパート勤務で所得税がかかったら? 所得税の計算方法!

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    人生100時代を生き抜くために、在職定時改定を知っておく!

    人生100時代を生き抜くために、在職定時改定を知っておく!

    皆さん、2022年4月から「在職定時改定」という制度が導入されることをご存じですか?まだ知らないという方も人生100年時代を生き抜くために、在職定時改定をきちんと把握しておきましょう!

    • ちょっと得する知識
    • 2022年4月18日
    高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

    高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

    健康なうちは働きたいと思っている方が多くいらっしゃいますが、企業によっては定年以降、社員の雇用が難しいところも…。さらに、今後は年金の受給年齢も上がることが予想されています。そこで今回、シニアの再就職で活用すべき高年齢再就職給付金についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年3月16日
    再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    春先になると、転職をして新たなライフステージを迎える方が多くなる頃。しかし、再就職するにあたり再就職手当を理解していない人も多いのだそう。本日は、再就職で損をしないためにも再就職手当についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年2月22日
    介護保険料とは?支払い開始時期や金額など疑問を解決

    介護保険料とは?支払い開始時期や金額など疑問を解決

    ミドルシニア層になると老後における介護について、少しずつ考え始めるのではないでしょうか。介護の負担を軽減するために制定された介護保険。今回は、その介護保険にかかる介護保険料の支払い開始時期や実際に支払う料金について詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年2月 1日
    ミドルシニア世代の副業・兼業に秘められた可能性。メリットとデメリットを解説

    ミドルシニア世代の副業・兼業に秘められた可能性。メリットとデメリットを解説

    コロナウイルスの永続化や定年制度の延長など、急激な社会の変化に直面するなかで、キャリアを見つめ直すミドルシニア世代(40代から60代)が増えています。これまでは本業一本で仕事をしていた人も、副業や兼業に一歩踏み出したいと考えている人も多いはず。そこで今回は、ミドルシニア世代の副業や兼業の可能性やメリット・デメリット、注意すべきポイントなどを紹介していきます。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年12月21日
    扶養内の働き方。130万円の壁だけじゃない!意外な落とし穴をご紹介

    扶養内の働き方。130万円の壁だけじゃない!意外な落とし穴をご紹介

    家計にプラスの収入は欲しいけれど、家事や育児との両立を考えて扶養控除の範囲内で働く、という方は多いでしょう。そうした“扶養内ワーカー”の皆さんが毎年、収入の目安としているのが年収130万円未満、いわゆる「年収130万円の壁」ではないでしょうか。ただ、その壁をうっかり超えてしまったらどうなるのか、については意外と知られていません。そこで今回、収入の壁を超えた場合、どのような影響があるのか、どのように行動すればよいのかを解説します。「これから扶養に入る」という方も、ぜひ参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年12月 8日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    LINE友だち追加で新着記事をお届け LINE友だち追加で新着記事をお届け