パートの人間関係が面倒。トラブルを上手にかわすコツとは?

  • キャリアを考える
パートの人間関係が面倒。トラブルを上手にかわすコツとは?

「同世代の主婦が多いから安心」と思って始めたパートの仕事。働いてからわかったけれど、意地悪な人がいたり、あからさまに悪意を向けてくる人も……。人間関係って面倒なことが多いですよね。そこで、パートによくある人間関係のトラブルと上手にかわす対処法を紹介します。

この記事の目次

    パートの人間関係、どんなトラブルや悩みが多いの?

    pixta_19175294_M.png

    学校や仕事先、さまざまな価値観をもった人が一つの場所に集まれば、仲の良いグループができたり、「苦手だな」と感じる人ができたり。どんな場所でも、人間関係のトラブルはつきものです。関わる人全員と上手に付き合うことができればいいのですが、そうはうまくいかない方が多いでしょう。

    特にパートやアルバイトなどの職場での人間関係は、「苦手だから」と避けるわけにはいきません。「めんどくさいな」と思っても、簡単に辞めるわけにはいかないため、我慢しながら働いている方も多いことでしょう。

    なかには、仕事に専念したいのに、人間関係のトラブルに巻き込まれ、「人間関係に疲れた」「もう辞めたい」と思い悩んでしまう人もいることでしょう。人間関係の悩みにうんざりしてしまう前に、よくあるトラブルの傾向を踏まえて、対処策を考えておきましょう。

    【トラブル①】悪口を言われる、悪い噂を流される

    入社したばかりなのに、あっという間に私の情報が職場中に広がっていた! 多くの人が働く職場では、ウワサ好きのパート仲間が一人や二人はいるもの。そして、「主婦なの? あたしもよ。旦那さんの年収は?」などと、デリケートなことにまでズカズカと聞いてくる人も。

    「何でそんなこと答えなきゃいけないの?」と思っても、不快な表情を出すわけにもいかず、そうこうするうちに、いつしかウワサに尾ひれが付いてしまう危険性も......。

    【トラブル②】八つ当たりされる

    仕事にはストレスがつきものですが、だからといって人にあたって良いわけではありません。けれど、職場によっては人に八つ当たりをする人も存在します。話しかけても無視をしたり、まるで怒るように仕事の報告をしてきたり。

    「今日は機嫌が悪いのかな」となるべく関わらないようにしていても、職場の雰囲気がどんどん悪くなってしまいます。

    【トラブル③】仕事を振ってもらえない

    パート仲間やアルバイト仲間だけでなく、上司との関わりで悩む人もいます。「あの人は上司のお気に入りだから、楽な仕事ばかり振ってもらっていいよね」「あの人は上司に嫌われているから、大変な仕事ばかり振られててかわいそうだね」――本来ならあってはならないことですが、上司が好き嫌いで人を差別することは、珍しいことではありません。

    正当な仕事の振り方をしてもらえず、いつしか職場で孤立してしまったり、差別が高じていじめにまで発展してしまうケースもあるのです。

    パートの人間関係。円滑に進めるコツと方法

    では、このような人間関係のトラブルを避けるにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、トラブルに巻き込まれずに、人間関係を円滑に進めていくために、あなた自身ができることをご紹介します。

    pixta_43486789_M.png

    笑顔と挨拶を心がける

    かつて、経営の神様と呼ばれた人が、「礼儀作法は潤滑油」という言葉を残しています。

    パート先やアルバイト先に出勤したら、職場の仲間や上司に「おはようございます!」と元気よく挨拶をすること。何かしてもらった時にはお礼を、迷惑をかけてしまったら謝罪を。そして、仕事中に目が合ったら笑顔を向けてみることです。

    積極的に挨拶をし、笑顔を心がけていけば、相手も不快な感情を抱きづらいものです。当たり前のこと、と軽視せずに、人間関係の潤滑油としての「あいさつ」を活用していきましょう。

    人の悪口に便乗しない

    パート仲間が「ねえねえ、聞いてよ」と声をかけてきたら要注意。相手の話を親身になって聞くことは大切ですが、その内容次第ではトラブルになりかねないからです。

    たとえば、仕事の愚痴が、いつしか特定の人の悪口になっていた場合。その悪口に便乗したら、いつしか「あなたが悪口を言った」というウワサが職場に流れてしまう場合も。

    人の悪口には便乗しない――これは、職場だけでなく、人生においても心がけたいことです。

    相手の名前を呼ぶ

    皆さんは、人と会話をする時に相手の名前を意識して呼んでいますか?相手の名前を呼ばずに「あなた」などの代名詞を用いて会話をすることも可能ですが、ところどころ相手の名前を呼びながら会話をした方が、良い印象を与えられます。

    これは心理学で「ネームコーリング」と呼ばれるテクニック。会話の途中で自分の名前を呼ばれると、「この人は自分に好意を持っている」と感じる心理を活用するものです。

    「○○さんはどう思う?」「○○さん、これを先にやってしまおうか」など、親しみを込めて呼びかけを行い、人間関係を円滑に進めていきましょう。

    それでもトラブルが解決しない場合は?

    pixta_32688892_M.png

    「いろいろ試してみたけれど、それでも人間関係のトラブルが解決しない」という人は、別の解決法を考えてみましょう。自分一人でできることには限りがあるので、第三者に相談したり、間に入ってもらうことをオススメします。

    信頼できる同僚に相談する

    職場に信頼できる同僚がいる方は、その方に話を聞いてもらいましょう。仲の良い方であれば、あなたが職場の人間関係に悩んでいることに気付いているかもしれません。そして、「最近、疲れた顔をしていたから、何かあったのかなと思っていたよ」と、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

    話を聞いてもらうだけでも楽になりますが、参考になるアドバイスをくれるかもしれませんよ。

    店長や上司に報告をする

    同僚に相談しても人間関係が改善されない場合は、上司に相談してみましょう。職場が店舗の場合は店長やマネージャーに、工場の場合は班長や部門長など直属の上司に。「部下の教育や管理をすること」は上司の仕事の一つです。遠慮せずに話を聞いてもらいましょう。

    同僚や上司に相談しても解決しない場合は、さらに上の上司や人事部門に相談する方法があります。会社によっては社内に相談窓口を設け、メールや電話による相談に応じているところもあります。よく調べたうえで活用してみましょう。

    退職して、別の職場に移る

    自分にできることはした。同僚や上司にも相談した。でも、職場の人間関係はちっとも良くならない――そんな時は、思い切って仕事を辞めるのも一つの方法です。「どんなに人間関係が悪くても割り切って働くから平気」と思っていても、知らず知らずのうちに心身ともに疲れてしまい、気持ちがすり減ってしまうことも考えられます。

    新たな職場でスタートを切ることで気持ちが楽になるのであれば、前向きな選択として、退職も視野に入れてみましょう。

    アルバイト・パートの求人・転職情報

    パート先には、素晴らしい人との出逢いも、苦手な人との関わりもある

    人は一人ひとり価値観もバックグラウンドも異なり、だからこそ人と人との間にはさまざまな感情が交わり合い、時にはトラブルに発展してしまうこともあります。「この人は本当にステキな人だな」と思っている人が、別の人から見たら「嫌な人」に見えることだってあります。誇りを持って誠実に生きている人でも、すべての人から好かれるとは限らないのです。

    こうやって考えてみると、人間関係って本当に複雑ですよね。でも、人との関わりの中に喜びがあるのも事実です。パート先で生涯の友だちができたり、「この人と出会えて良かった」と思える人と出会えたり――。

    人間関係に悩みすぎたり、思い詰めたりしたら、あっという間に心が疲れてしまいます。まずは自分にできることをして、「それでもダメなら諦めよう」と気軽に、そして前向きな気持ちでいることが大切なのかもしれません。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    突然関係を全て0にする「人間関係リセット症候群」の特徴と心理とは? うつ病からの復職後もずっと働くために必要な3つのステップと注意点 疲れない仕事につきたい......そんな方にオススメの仕事の探し方とは 生活機能が低下してしまう!? 「生活不活発病」の原因と対策とは パート転職! スムーズに辞めるコツ【社労士監修】

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    コロナ時代に備える転職準備とは?自分のキャリアと生活を守るため、連休中に行うべきこと

    コロナ時代に備える転職準備とは?自分のキャリアと生活を守るため、連休中に行うべきこと

    新型コロナウィルスの感染拡大防止のため外出自粛が続く中、大型連休を挟んだ連続休暇に入る中高年世代も多いのでは。「これからのキャリアや生活に対して不安はあるが、何をしてよいかわからない」そんなあなたへ、自宅で考える時間が取れる今だからこそやっておきたい、今後のキャリアを守る方法をお伝えします。

    • キャリアを考える
    • 2020年4月27日
    転職は何歳まで?転職限界説とそれ以上に重要なこと

    転職は何歳まで?転職限界説とそれ以上に重要なこと

    転職を考えたとき、ふと自分の年齢のことが頭をよぎる人もいるのではないでしょうか。しかし人材不足といわれる現在、ミドル・シニア世代に対するニーズも高くなっており、年齢は特に気にする必要はないという意見もあります。今回は転職できる年齢に限界はあるのか解説します。

    • キャリアを考える
    • 2019年8月27日
    シルバー人材センターの仕組みとは?どうやって利用するの?

    シルバー人材センターの仕組みとは?どうやって利用するの?

    シルバー人材センターの存在はご存じかと思いますが、具体的な活動内容について知っている人は少ないのでは? 70万人以上の高齢者が利用している、シルバー世代の就業支援を行っているこの組織。今回は、同センターで得られる仕事の内容や平均月収、利用方法など、詳しくご紹介します!

    • キャリアを考える
    • 2019年6月18日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)