中高年歓迎のパート・アルバイトを探すには?求人探しのポイントについて

  • 働き方を選ぶ
中高年歓迎のパート・アルバイトを探すには?求人探しのポイントについて

パート・アルバイト探しの定番になりつつある求人サイト、上手に活用できていますか?「なかなか中高年を募集している求人がないんだよなー」などのお悩みも、求人サイトの機能を使いこなせば、中高年歓迎の仕事もたくさん見つかるはずです。求人サイトの使い方と中高年が活躍できる業種・職種の例について詳しく紹介していきます。

この記事の目次

    中高年のパート・アルバイト探しは難しい?

    pixta_14342522_M.png

    中高年のアルバイト探しは大変で、「年齢」がネックとなって、なかなか仕事が見つからない...。そんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

    しかし実際には「中高年活躍」「中高年歓迎」の求人は意外と多く、求人サイトを上手に活用すれば、理想の条件で複数の求人が見つかり、「どちらの求人にするか迷う」なんてことも可能です。空いた時間をパートタイムで自由に働く、正社員の転職活動をしている間のつなぎ資金の確保、定年退職後の生き甲斐創出など、いろいろな理由でアルバイトを始める方が存在しており、そのような層に対するニーズが高まっているためです。

    ここからは、中高年に適した仕事を探すには、どのように求人サイトを活用すれば良いのかをお伝えしていきます。

    中高年を求めているパート・アルバイトの探し方

    pixta_35085364_M.png

    一般的な求人サイトの場合

    中高年を募集している求人については、求人サイトの中で以下の検索ボタンが設定されている場合が多いです。

    「ミドル歓迎」
    「シニア応援」
    「シルバー歓迎」

    これらの検索ボタンが見つからない。そんな場合は、「こだわり条件」「詳細検索」「特徴」などのページに入っている場合が多いので探してみましょう。

    これらのボタンが見つからない場合は「フリーワード検索」がオススメです。フリーワードを検索するボックスに「40代」「50代」「60代」「ミドル」「シニア」など自身の年代に関連する情報を入力して検索。その年代を求めている求人が見つかるかもしれません。


    中高年向け求人サイトの場合

    マイナビミドルシニアのような中高年向け求人サイトでは、そもそも中高年を募集対象とした求人しか掲載されていません。一般的な求人サイトよりも求人数が少ないなどの面はありますが、そもそも自分の年齢だと実は採用対象外となっている求人がいくら多くても意味はありません。

    そのため、「自分は中高年世代に該当する」と思う方であれば、こちらを使う方が便利と言えるでしょう。

    求人サイトの基本的な使い方

    pixta_35256096_M.png

    まずは、「求人を探す」ページから、条件にあった仕事を探しましょう。多くの条件がありますが、もっとも活用されているのは「勤務地」「職種」の掛け合わせです。

    勤務地の探し方

    勤務地は、お住まいのエリアや電車の路線から選択できます。通勤時間を考慮したうえでエリアを検討し、「東京都>23区>新宿区」など徐々に地域を絞り込んで探します。

    そこで見つけた求人が「自転車通勤可能」などの記載があれば、求人ページにある地図を見れば、自宅から自転車で通えるかどうかの目安もつきます。


    職種の探し方

    各求人サイトによって職種のジャンルは異なりますが、大半は「事務・企画・管理>経理・財務」のように、大職種から小職種の順で絞り込んで行く流れが一般的です。

    ポイントは、はじめから小職種まで絞り込まずに大職種で検索してみること。そうして出てきた求人が多かったら小職種まで絞り込む、または勤務地と掛け合わせで検索を行えば、希望の求人を見つけやすいです。


    その他の条件の探し方

    働く条件の希望があれば、「詳細検索」を使いましょう。「雇用形態」「勤務期間」「勤務時間」「希望収入」などの希望条件が設けられています。「週2・3日から、10時出勤で、月8万程度稼ぎたい」などの具体的な希望があれば、積極的に活用してみましょう。

    設定した条件で思ったよりたくさんの求人情報が出てくるようなら、「女性が活躍」「40代以上の社員半数」といった会社の特徴、「オープニングスタッフ」「マネージャー採用」といった募集条件など、細かい条件で絞り込みするのも良いでしょう。「ここは譲れない」という条件は残しつつ、「できたらこうあってほしい」という条件を加えたり減らしたりしながら求人情報を見ることで、イメージに近い募集がどのくらいあるかを確認していきます。


    また、詳細な検索条件を設定した場合、同じ条件でまた検索し直すのは面倒なため、「検索条件保存」機能を使うのがオススメです。会員登録が必要な場合がありますが、同じ条件を毎回入力する手間が省けると思えば、登録しておくほうが効率的でしょう。一度登録した条件の見直しを行いながら、仕事探しを進めることが可能です。

    会員機能を活用してみよう

    pixta_27437941_M.png

    会員登録を利用するメリットは、検索条件を保存できることだけではありません。長期戦になりがちな中高年の仕事探しを助けてくれる機能が充実しています。

    プロフィール登録で二回目以降の応募がカンタン!

    良い求人を見つけて応募をする。その時に面倒なのが、応募情報の入力です。内定を獲得できるまでの応募数は人によって異なりますが、30件近く応募する方も少なくありません。応募のたびに毎回プロフィールを入力するのは面倒なもの。であれば、最初に入力した内容を登録して、二回目以降の応募にも活用しましょう。

    オススメなのは、初回はパソコンで内容を登録しておくこと。じっくりと内容を入力しておけば、次回以降はスマートフォンからでも簡単に応募が可能です。


    気になる求人が掲載されたメルマガが受け取れる!

    会員登録の際に設定しておけば、新着の求人を知らせるメールマガジンを受信することが可能です。サイトによっては、希望した条件の求人が新着掲載されたときのみに受信できるものも。

    不要になれば登録を解除すればよいだけなので、登録することをオススメします。


    検討リストを活用すればサクッと情報が集められる!

    「気になる求人が見つかった」となれば、すぐに応募するのが得策です。しかし、「もう少しいい求人が出てくるかも...」と考えがちな人には、検討リストがオススメです。

    少しでも気になった求人があれば、検討リストにポチっと追加。後でまとめて、比較検討を行うことが可能です。

    求人の比較ポイント

    pixta_16719265_M.png

    気になる求人を「検討リストに追加」をしながら、ある程度の数が溜まったところで検討リストの中で詳細を比較していくのが、求人サイトの王道的な使い方です。そのなかで、比較検討する際に参考にしたいポイントは、大きく分けて2つです。

    仕事内容

    実際にはどのような仕事をするのかわからないと、働くイメージが膨らみません。仕事内容には一通り目を通して、予想される作業を把握しましょう。より深く仕事について理解するなら、募集企業のホームページや扱っている商品サイトを調べておくと役立ちます。どのようなお客様が来店されるのか、どんな商品に関する梱包や発送作業を行うのかなど、関心を持てる内容かを確認しましょう。

    応募資格

    応募資格欄には、どんなスキルを持った人に来てほしいかという、企業の本音が反映されます。必須でなくとも「PC作業が得意」「接客業の経験がある」といった歓迎条件が書かれていれば、活躍できる環境か判断するにあたっての参考材料となるはずです。企業の求める人物像とのマッチング度合いが高いほど、採用される確率は高くなります。頼りにされてイキイキと働くことにもつながりますので、事前にチェックしておきましょう。

    おすすめの業種・職種の例

    pixta_14281193_M.png

    思ったよりもたくさんの候補があって、どんなパート・アルバイトをしようか迷ってしまう方もいることでしょう。中高年から始めるおすすめパート・アルバイトの業種・職種例を参考までに見ておきます。

    警備スタッフ

    中高年アルバイトの定番であり、特に施設警備は人気です。勤務日や時間に融通がきく職場もあるため、自分のペースで働くことも可能です。収入もアルバイトの中では高水準のため、稼ぎたい方にもオススメです。

    施設警備の求人・転職情報

    ホテルスタッフ

    客室清掃、駐車場の誘導、フロント業務など、多様な職種があります。慢性的に人材が不足している業界なので採用需要が高く、未経験からのアルバイトを希望する方でも採用される可能性が高いところも魅力です。勤務はシフト制が多い業界ですが、希望の時間帯でだけ仕事ができる募集もあります。

    ホテル関連職の求人・転職情報

    コールセンター

    オフィス内での仕事になるため、体力に不安がある方でも働きやすい環境です。人に対する丁寧なコミュニケーションを活かして、無理なく働きたい方にも非常に適した職種でしょう。土日・祝日の勤務が可能であれば、時給面が優遇されるケースもあります。

    コールセンター・カスタマーサポートの求人・転職情報

    梱包スタッフ

    工場で荷物の仕分け、梱包、商品管理などを担当する仕事です。人と接する作業よりもコツコツ自分のペースで仕事がしたい方に適しています。各自に担当が割り振られるケースが多く、任されたことを責任持って完結できる方が活躍できる環境です。スキルや経験を問わずに募集していることも多く、新しい分野にチャレンジしたい方にも良いでしょう。

    梱包・検品・発送・仕分けの求人・転職情報

    その他、タクシードライバーや清掃スタッフ、介護職員など、いろいろな業界で中高年の活躍が広がっています。「若い人たちに混じって働きたい」という気持ちもあるかもしれませんが、同年代がいる職場は相談もしやすく、何かと溶け込みやすいもの。中高年特有の体調不良などにも理解がある職場も多いので、長く働きやすい環境が整っているケースが多いです。

    豊富な人生経験や社会人として働いてきたビジネスマナーを武器に、イキイキとやりがいを持って働けるパート・アルバイトを探してみましょう。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    60代女性 司書の転職体験談|仕事探しから2週間で、希望の司書に就いた秘訣とは? 60代男性に関する調査。仕事の探し方と、求人を見つけた後の行動について 定年後の働き方の代表格!シニア歓迎アルバイトの探し方 50歳からの転職は準備が大切!事前に整理しておくべき4つのこと 転職時に保険証はどうなる?必要な手続きを解説【社労士監修】

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    未経験でも大丈夫!コールセンターへの転職を成功させる際のポイントとは

    未経験でも大丈夫!コールセンターへの転職を成功させる際のポイントとは

    40代50代の女性から特に人気を集めるコールセンターの仕事。座り仕事であることや、一般事務よりも求人が多いことが人気を集める理由です。この年代からコールセンターの仕事に就くために押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年9月 3日
    ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

    ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

    今後の生活費や教育費などの不安から専業主婦(夫)から働きに出ようとする方が増えてきています。とはいえ、久しぶりの仕事復帰。どのようなパートを選ぶのがよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そうしたときに参考にしたい、仕事探しのポイントをお伝えいたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年7月22日
    交通誘導員の資格とはどんなもの?取得方法や難易度について徹底解説!

    交通誘導員の資格とはどんなもの?取得方法や難易度について徹底解説!

    中高年層でも採用されやすい。未経験でも正社員が目指せるなどの理由から、特に男性からの人気が高い交通誘導の仕事。キャリアアップに直結するのが資格の取得です。給与アップにつながる資格にはどのようなものがあるのか。その取得方法や難易度についてご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月19日
    交通誘導員の仕事内容が知りたい! メリット・デメリットも合わせてご紹介

    交通誘導員の仕事内容が知りたい! メリット・デメリットも合わせてご紹介

    街を歩けば目にする交通誘導の仕事ですが、具体的にどんなことをしているのかを知らない方が多いのではないでしょうか。交通誘導員になるための条件や資格。この仕事に就くメリットやミドルシニア層におすすめの理由などをご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月16日
    清掃業の志望動機の書き方を解説!業務内容・アピールポイント・例文付き

    清掃業の志望動機の書き方を解説!業務内容・アピールポイント・例文付き

    人によっては敬遠しがちだった清掃のお仕事も、コロナによる自粛以降は安定性に注目が集まりつつあります。多くの人が応募するようになると気になってくるのは、選考に受かるかどうか。内定を獲得するためには、工夫が必要です。業務内容を把握したうえでの、アピールの方法を例文付きで紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月11日
    交通誘導警備員ってどんな仕事?年収や資格取得方法についても紹介

    交通誘導警備員ってどんな仕事?年収や資格取得方法についても紹介

    ミドルシニア転職の定番とも言える職種が交通誘導警備員ですが、具体的な仕事内容などはあまり知られていないのではないでしょうか。どれくらいの年収が得られるのか、年収をアップするためにはどのような資格を取得するのが近道か。資格の取り方なども合わせてご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月 9日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録