高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

  • ちょっと得する知識
高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

健康なうちは働きたいと思っている方が多くいらっしゃいますが、企業によっては定年以降、社員の雇用が難しいところも…。さらに、今後は年金の受給年齢も上がることが予想されています。そこで今回、シニアの再就職で活用すべき高年齢再就職給付金についてご紹介します。

この記事の目次

    高年齢再就職給付金とは?

    定年を迎えた後、新たな就職先で再雇用されるにしても、現役時代よりは給料が大きく下がってしまうことが予想されます。これでは、老後も含めた生活が不安ですよね。

    そこで活用いただきたいのが、高年齢再就職給付金です。
    高年齢再就職給付金とは、一度失業しても雇用保険の基本手当を受けながら仕事を探し、早めに採用された場合に支払われるものです。

    ただし、受給するには条件がありますので、ご自身が該当するかどうかを確認するようにしましょう。

    具体的な金額は、基本手当の基準となった賃金日額を30倍した額の75%未満である場合に、再就職先の賃金月額の15%が限度として給付されます。

    参考:「厚生労働省 高年齢雇用継続給付について」

    高年齢再就職給付金の給付条件とは?

    給付条件

    高年齢再就職給付金の給付条件は、以下の5つを満たした方が対象です。

    ①60歳以上65歳未満の一般被保険者であること
    ②基本手当についての算定基礎期間が5年以上あること
    ③再就職した日の前日における基本手当の支給残日数が100日以上あること
    ④1年を超えて引き続き雇用されることが確実であると認められる安定した職業に就いたこと
    ⑤同一の就職について、再就職手当※の支給を受けていないこと
    ※早期に再就職をした場合に支給される手当

    ここで押さえておきたいポイントは、失業保険の支給残日数が100日以上残っている必要がある点です。
    この高年齢再就職給付金を受けようと思っても、これらの条件を知らないと受給要件から漏れてしまう恐れもあるので注意してください。

    給付額

    pixta_74270254_M (1) (1).jpg

    ここで、受給額を実際に算定してみましょう。
    高年齢再就職給付金は、60歳以後の各月の賃金の15%となります。
    ただし、賃金と給付の合計額が60歳時点の賃金70.15%を超え、75%未満の場合は、逓減率が適用されることもお忘れなく。

    さらに、支給額には限度額があることも頭に入れておいてください。(※上限・下限額は令和3年8月1日~の金額)

    支給上限額:360,584円
    支給下限額: 2,061円

    例えば、前職の賃金月額が30万円だった方が、再就職先の賃金が半額の15万円に下がった場合・・・(再就職時点で満60歳の方と仮定)
    もらえる額は、60歳以後の各月の賃金の15%なので15×0.15=2.25(万円)となります。

    毎月の賃金15万円と計算して出した2.25万円を足すと、172,500円
    この金額は賃金の70.15%を超え、75%未満の場合に該当しないので、毎月の受給額は、22,500円となるわけです。

    再就職手当とは併用できないことに注意!

    高年齢再就職給付金を受給する上で注意しなくてはならない点は、再就職手当と高年齢再就職給付金は、同時にもらうことができないことです。

    60歳以降に離職をする際、雇用保険を受給後、再び就職した場合は、高年齢再就職給付金の受給資格がありますが、これは雇用保険の再就職手当とは併給することができないのです。

    いずれか一方を被保険者が選びます。
    それぞれ支給の回数や支給額の変動の有無、年金との併給の可否といった違いがありますので、ご自身でどちらを選んだ方が賢いのかを十分に検討しましょう。

    例えば、高年齢再就職給付金の受給額においては先ほどから見てきているように、支給対象月において支払われた賃金の最大15%ですが、再就職手当の支給額は【支給残日数分×基本手当日額×60%または70%】となります。

    また、その給付方法も高年齢再就職給付金では原則2か月毎に支給されますが、再就職手当では一括支給が基本となっています。

    どちらを選択した場合の方がメリットになるかどうかを見極めてから、受給申請を行うようにしてください。

    高年齢再就職給付金を受け取るために、早期の再就職を目指そう!

    pixta_85266581_M (1) (1).jpg

    高年齢再就職給付金の支給期間は、基本手当の支給残日数によって変わります。

    例えば、残りの日数が200日以上の時は、再就職の翌日から2年を経過する日の属する月までとなり、100日以上200日未満の場合は同様に1年となります。

    この期間に関わらず、65歳になると支給はその月までとなりますので、なるべく多くの額を高年齢再就職給付金で受け取りたい場合には、再就職を早めにすることがおすすめです。

    ただし、就職は人生に関わる大切な節目ですから、早ければ早いほどいいというものでもありません。

    まずは、離職したときにこれまで働いてきた自分を労いつつ再就職に備えて、年齢制限のない求人サイト「マイナビミドルシニア」に登録をするところからはじめてみてはいかがでしょうか。

    その中で興味のある仕事がある場合、すぐに再就職に向かって動き出すことができます。

    まとめ

    受給期間や資格などを知らないままにしておくと損をしてしまうのが、高年齢再就職給付金です。

    老後を考える上でも、ゆとりのある再就職に繋げるためにも高年齢再就職給付金を理解しておくことが大切です。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    賢く活用しよう!再就職手当の受給条件や手続きまとめ【社労士監修】 高年齢求職者給付金とは?受給方法と支給額について【社労士監修】 再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    人生100年時代に向けて、お金が貯まる家計簿の付け方を知っておこう!|ズボラでも続くコツ

    人生100年時代に向けて、お金が貯まる家計簿の付け方を知っておこう!|ズボラでも続くコツ

    家庭でのお金を管理するには、家計簿は欠かせない存在です。しかし、家計簿はうまく活用できずにやめてしまう人も多いもの。今回は家計簿を使って家計管理を成功させるためのコツやポイント、余剰金の使い道もご紹介します。今まで家計簿で挫折してしまった方、必見!

    • ちょっと得する知識
    • 2024年7月18日
    定額減税の疑問、控除しきれない場合はどうなるの?調整給付について解説

    定額減税の疑問、控除しきれない場合はどうなるの?調整給付について解説

    今年(2024年)の6月から実施されている定額減税。自治体や企業の担当者は急ピッチで対応が進められました。実際に6月の給与明細で、定額減税分が控除されていることを確認された方も多いのではないでしょうか。本日はそんな定額減税の疑問の一つ、控除しきれない場合の「調整給付」についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2024年7月 3日
    マイナンバーカードはやっぱり作るべき?メリット・デメリット、申請方法などを解説

    マイナンバーカードはやっぱり作るべき?メリット・デメリット、申請方法などを解説

    マイナンバーカードは、個人を識別するためのマイナンバーが記載された本人の顔写真付きのカードです。2016年より制度が導入され、現在では普及が安定してきていますが、中には未だ「作成に気が進まない」という人も。しかし、2024年12月2日に健康保険証が廃止され(※最長1年の猶予あり)、マイナ保険証の一本化となります。今回の記事では、こうした背景を含め、マイナンバーカードを作るメリット・デメリット、申請方法などをご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2024年6月25日
    パート・アルバイトを掛け持ちしても、扶養内で働ける?注意点や年収の壁を解説

    パート・アルバイトを掛け持ちしても、扶養内で働ける?注意点や年収の壁を解説

    パート・アルバイトを掛け持ちすると扶養がどうなるのか、といった疑問を持たれる方は多くいらっしゃいます。しかし、年収の壁を越えなければ掛け持ちも可能です。今回は、掛け持ちをしながら扶養内に収めたい場合の注意点や、掛け持ちをした場合に必要となる年末調整・確定申告について解説します。

    • ちょっと得する知識
    • 2024年6月21日
    知らなきゃ損するお金の制度!役所申請でもらえる手当金・給付金

    知らなきゃ損するお金の制度!役所申請でもらえる手当金・給付金

    年々、税金や社会保険料などの負担額が増加しています。しかし、手当金や給付金といった、申請をすればお金を受け取れる制度も多数用意されています。今回はミドルシニア世代でも受け取れる、住まい・医療・仕事に関する給付制度をご紹介します。知らなければ受け取れないお金ばかりですので、事前に知っておきましょう。

    • ちょっと得する知識
    • 2024年6月 6日
    定年退職でも失業保険(手当)はもらえる?条件や手続き方法を解説

    定年退職でも失業保険(手当)はもらえる?条件や手続き方法を解説

    仕事を退職した後に受けられる制度の1つに、失業保険があります。失業保険とは、求職者が安定した生活を送りながら1日でも早く再就職できるように、給付金や職業紹介を通じてサポートする制度です。定年退職は失業とは異なるため、失業保険の対象とならないのではないか、と考えている人は多くいるでしょう。しかし、失業保険は条件を満たしていれば、定年退職後でも受給可能です。今回は失業保険をもらうための条件や、申請の流れなどをご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2024年6月 3日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録