施設警備員になるためには?働き方や業務内容について解説

  • 働き方を選ぶ
施設警備員になるためには?働き方や業務内容について解説

施設警備員の仕事が気になるけど、「未経験でもできる仕事なのか」「夜勤や業務内容を詳しく知りたい」など、疑問を持っている方も多くいらっしゃると思います。今回は施設警備員になりたい方向けに、なるために必要なことや業務内容などを紹介していきます。

この記事の目次

    施設警備員の業務内容

    まずは、施設警備員が警備する場所について。警備する主な場所は以下の通りです。

    事業所
    複数の会社が入っているオフィスビルや工場、倉庫など。

    商業施設
    ショッピングセンターやデパート、スーパーなど。

    観光施設
    旅館やホテル、遊園地にテーマパークなど。

    公共施設
    図書館や美術館・博物館など。

    教育施設
    大学や専門学校など。

    医療施設
    総合病院など、規模が大きいところ。


    これを踏まえた上で、次に業務内容について見ていきましょう。
    施設警備員の日常業務は主に以下の4つがあります。

    施設内の巡回
    警備といえば、巡回と考える方も多いのではないでしょうか。
    施設内に不審者が隠れていたり、不審物が置かれていないか、なにか異常が発生していないかを確認しながら巡回します。
    24時間営業・操業しているところでは、夜間の巡回をする場合もあります。

    施設の開閉業務
    デパートや美術館などの営業開始、終了時間に合わせて、扉やシャッターの開閉を行います。
    また、施設よってエレベーターやエスカレーターがある場合は、それらの起動と停止も行います。

    防犯カメラのモニター監視業務
    施設内のさまざまなところに設置されている、防犯カメラの映像が映るモニターの監視業務です。
    不審者や事故が行っていないかをモニターを通して監視します。
    規模が大きい施設ほど、防犯カメラが多くなるので、あわせてモニターの数も増えます。

    車や人の出入管理
    オフィスビルをはじめとする事業では、社員証や身分証明書がないと入れないところがあります。
    それらのチェックをするのが業務で、社員や関係者の中に不審者が紛れ込んでいないか、不審物が持ち込まれていないかなど、目を光らせます。

    緊急時の対応
    施事故や火災が起きた場合や不審者の侵入、盗難など、施設内で起こったあらゆるトラブルを対処します。
    このようなことは日常的に起こるものではありませんが、いざ起こってしまった場合には、冷静になり適切な対処をすることが求められます。

    施設警備員のなり方・雇用形態・働き方

    それでは次に、施設警備員のなり方や雇用形態、働き方についてお話していきます。

    施設警備員のなり方

    施設警備員になるためには、特別な資格や経験は必要ありません。
    中途採用でなる方の多くが未経験からのスタート。
    ただ、経験や資格が必要ないからといって、誰にでも勤まる仕事でもありません。
    そのため、未経験でも安心して仕事ができるように、しっかりとした研修プログラムが組まれているのが基本です。

    施設警備員の雇用形態

    警備員にはいくつかの種類があり、施設警備員は「1号警備」と呼ばれています。
    この1号警備は、日本における警備業務の需要のおよそ50%を占めているのが特徴。
    雇用形態のほとんどは、正社員と契約社員がメインで構成されています。

    施設警備員の働き方

    施設警備員の働き方はシフト制で、勤務先が24時間稼働している施設であれば、夜勤がある場合も。
    また、「変形労働時間制」導入している企業が多くあります。
    その場合は、例えば「10:00~翌10:00まで勤務、うち仮眠が8時間」というような24時間勤務が一般的といえます。

    施設警備員の仕事をするメリット・デメリット

    pixta_73224050_M.jpg

    次は、施設警備員の仕事をする上でのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。この仕事に興味がある方は、これから紹介することを頭に入れて検討しましょう。

    施設警備員のメリット

    ・メリットその1:未経験でも就きやすい仕事
    先述したように、中途採用の施設警備員の多くが未経験者。
    ほかの職種と比べて未経験でも就きやすい仕事です。
    そのため、10代~50代など幅広い世代が活躍できる仕事でもあるのです。

    ・メリットその2:シフトの融通が利きやすい
    施設警備員の仕事はシフト制で、ほかの業界と比べてシフトの融通が利きやすい仕事です。
    休みたいときに休めるので、プライベートを充実させることができるというのもメリットの中に入ります。

    ・メリットその3:ほかの仕事と比べて早く一人前になれる
    施設警備員は専門職ではありますが、資格や経験が必要な仕事ではありません。
    そのため、ほかの仕事と比べて比較的、早く一人前になることができます。
    研修が充実している点もこの理由の1つです。

    施設警備員のデメリット

    ・デメリットその1:生活リズムが乱れる
    施設警備の仕事は、日勤や夜勤、施設によっては24時間勤務があったりするので、一定の生活リズムを保つことができません。
    そのため、生活リズムが乱れてしまうというデメリットがあります。

    ・デメリットその2:土日や祝日の休みがとりづらい
    メリットのところで、シフトの融通が利きやすいとお伝えしました。
    しかし、施設によっては土日や祝日などの休日が繁忙期だったりする施設では、休みがとりづらいところもあります。
    ただその分、平日は休みたいタイミングで休みやすいので、融通が利きやすいという点では変りありません。

    ・デメリットその3:現場によって忙しさが違う
    施設警備の仕事は、警備する施設によって忙しさが違ってきます。
    例えば、24時間営業の商業施設の場合、万引き抑制のためや店内に不審物がないかを確認するため巡回をしたりと、やることが多いです。
    しかし、24時間営業ではない施設の夜勤などの場合は、手持ち無沙汰になることも少なくはありません。

    ミドルシニアも大活躍!幅広い世代が活躍できる仕事

    pixta_48663776_M.jpg

    メリットのところでもお伝えしましたが、施設警備員の仕事は10代~50代など幅広い世代が活躍しています。
    そのため、転職を考えている、未経験の仕事に挑戦してみたいというミドルシニアにもオススメ。
    実際に働いている社員の多くは、未経験で入社したミドルシニア世代も多くいます。

    まとめ

    施設警備員の仕事は、経験や資格がない未経験者からでも挑戦しやすい仕事です。
    実際に、施設警備員は未経験スタートの社員が多いのが特徴。
    さまざまな分野でオートメーション化が進んでいる昨今。
    それでも、施設警備員を必要しているところはまだまだあります。
    幅広い世代が活躍でき、長く続けられる施設警備員。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    再就職の選択肢、警備員の年収とは? 警備員バイトは時給が高い上に勤務時間が短い? 警備員の給料をアップさせるおすすめの資格とは? 50代から警備員への転職 失敗しないためのポイントは?

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    デリバリーは50代にはきつい?体力自慢のミドル世代に向けて仕事内容を解説します!

    デリバリーは50代にはきつい?体力自慢のミドル世代に向けて仕事内容を解説します!

    フードデリバリーや宅配は昔からあるサービスですが昨今のコロナ禍において、その需要は非常に高くなりました。合わせてデリバリーの仕事に就く人も多くなっており、働きたいときに働けるという気軽さも人気の1つ。今回は、そんなデリバリーの仕事内容や50代にはきついのか?というテーマでお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月15日
    清掃業の仕事は何をするの?メリット・デメリットもご紹介!

    清掃業の仕事は何をするの?メリット・デメリットもご紹介!

    さまざまな場所で見かけることの多い清掃員。公衆衛生を保つため欠かせない存在であると同時に、未経験からでもチャレンジしやすく、年齢制限もないため幅広い年齢層が働ける職種でもあります。そこで今回は清掃業について詳しくご紹介。ぜひ求人選びの参考にしていただけたらと思います。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月14日
    交通誘導員ってどんな仕事?気になる疑問を解説!

    交通誘導員ってどんな仕事?気になる疑問を解説!

    駐車場や道路で旗や誘導棒を使い、車を誘導している人を一度は見たことがあるでしょう。もちろん警察官が行っているケースもありますが、駐車場や工事現場で見かけるのは、民間の警備会社で働く「交通誘導員」。どちらも車と歩行者を安全に誘導する仕事のように思えますが、実は警備員が行う「交通誘導」は警察官が行う「交通整備」とは、少し異なるポイントがあるのです。そこで今回は、「交通誘導」と「交通整備」の違いをはじめ、気になる交通誘導員の仕事について詳しくお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月 6日
    設備管理の仕事内容とは?やりがいや向いている人の特徴を解説

    設備管理の仕事内容とは?やりがいや向いている人の特徴を解説

    マンションやビルの管理に欠かせない「設備管理」。作業着を着てさまざまな箇所を点検している方々を、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。他にも似たような業務に「施設管理」がありますが、実はこの2つは似ているようで違います。そこで今回は、「設備管理」と「施設管理」の違いをはじめ、設備管理の仕事内容ややりがいについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年5月30日
    警備会社はどのような仕事をする?ミドルシニアが知るべきポイントを解説

    警備会社はどのような仕事をする?ミドルシニアが知るべきポイントを解説

    商業施設の出入り口など、見かけることも多い警備員。施設が民間会社へ警備業を委託しているパターンも多く、制服でどこの警備会社か分かる、ということも少なからずあります。民間の警備会社が行う「警備業」は、厚生労働省編職業分類では「保安」に分類されるものの、総務省の行っている統計調査「経済センサス」の産業分類では「サービス業」に分類されたりと、実態が掴みにくい、と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は警備会社とはどんな会社なのか?といったところから、仕事内容、求人を選ぶ時のポイントまで詳しくご説明していきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年5月23日
    配送とは?配送ドライバーの1日の流れや求人のポイントを詳しく解説

    配送とは?配送ドライバーの1日の流れや求人のポイントを詳しく解説

    外食や外出を控える人が増える中、ますますニーズが高まりつつあるのが配送業です。コロナ禍においても業績は堅調で、未経験でも始めやすいため、新たな就職先として考えている人も多いのではないでしょうか。配送業とは品物を送り出す「発送」から品物を届ける「配達」までトータルに行う職業のこと。今回は配送ドライバーの仕事内容から1日の流れまで詳しくご紹介した後、求人選びのポイントまで、幅広くお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年5月17日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録