人生100年時代。35歳から考えるキャリアデザインとは?

  • 100年時代のライフデザイン
人生100年時代。35歳から考えるキャリアデザインとは?

キャリアデザインという言葉を聞いたことがありますでしょうか。社会の目まぐるしい変化や働き方の多様化がすすむ今の時代。自己実現を目的としたキャリアデザインを支援する企業も多くなってきました。今回はキャリアデザインとは?というところからその背景や重要性、方法などについてお伝えしていきます。

この記事の目次

    キャリアデザインとは

    pixta_74212676_M.jpg
    キャリアデザインとは、自分が将来どのような仕事や働き方をして、どうなっていきたいのか?などの目標を決めていくこと。
    仕事だけでなく価値観やライフスタイルなど、プライベートも含めた人生設計(デザイン)を主体的にすることをいいます。

    キャリアデザインが注目されるようになった背景

    近年になり、キャリアデザインが注目されるようになった背景には、主に以下の理由があります。

    社会状況の変化
    バブルの崩壊に始まり、グローバル化や少子高齢化、人生100年時代など、社会や時代が急激に変化してきました。
    加えて、将来の予測が難しいVUCA(ブーカ)と呼ばれる時代になったこともあり、個人が主体性を持ち、自らのキャリアを考える必要性が出てきました。

    企業制度の変化
    昔ながらの年功序列や終身雇用の廃止により、成果主義が主流の企業が増えてきています。
    企業は即戦力を求め中途採用が当たり前になり、人材流動が激しくなったのも理由の1つ。
    また、成果を上げるためや生産性の向上という観点から、働く従業員の満足度やモチベーションが重要視されるようになりました。

    仕事に対する考え方の多様化
    現代は、バブル期のような、働けば働くだけ儲かる時代ではありません。
    仕事とプライベートを両立させるワークライフバランスという考え方や、プライベートを仕事よりも優先する人など、仕事や働き方に対する考えが多様化しています。

    また、1つの会社で出世していくだけでなく、どこに行っても通用するスキルを身につけたい。毎日、会社に出社するのではなく、時間や場所に縛られない働き方をしたい。このような考え方をする人も多くなってきています。

    キャリアデザインをする目的

    次に、キャリアデザインをする目的についてお話していきます。

    自分らしい働き方、生き方など、自己実現のため
    冒頭でもお伝えしましたが、キャリアデザインをする目的の1つは自己実現。
    自分らしい働き方や生き方を考え、それを見つけるきっかけにもなります。
    仕事という枠にとらわれず、自分の価値観やプライベートなどのライフスタイルも含めて仕事に対する取り組み方を変えていきます。

    将来なりたい自分に向けた行動を明確にするため
    将来こんな自分になりたい!という理想から逆算して、どのようなことをすればよいのか?を明確にすることができます。
    将来なりたい自分になるための行動なので、仕事へのモチベーションを高く保つことができるようにもなります。

    自分の市場価値を高めるため
    自分が持っている個性や強みを自覚し、それを伸ばしていくことにもキャリアデザインは有効です。
    年功序列が廃止され、成果主義を導入する企業が多くなっている中、自分の市場価値を客観的に見て、高めていくことも重要なのです。

    キャリアデザインの設計の仕方

    それでは、どのようにキャリアデザインを行えばよいのでしょうか。
    ここからはキャリアデザインの設計の仕方についてお伝えしていきます。
    まず、キャリアプランを設計する上で重要になる3つの要素があります。

    自分の個性や強み
    自分の長所や短所、持っている強みなど。

    思考や価値観など
    どんな仕事に興味を持ち、やりがいを感じているのか、どんな仕事に就きたいのか。

    将来なりたい自分のために必要なスキルや能力
    なりたい自分になるために、なにをしてどんなスキルや能力を身につけてばいいのか。

    上記3つを軸にして、キャリアデザインを設計していきます。それでは、具体的なキャリアプランの設計の仕方について見ていきましょう。

    1.振り返りや自己分析をする

    まずは、自分のこれまでのキャリアを振り返ってみましょう。
    持っているスキルや資格、やりがいを感じた業務や苦手だったことなどを書き出してみます。
    そして、過去のキャリアを踏まえた上で、現状はどのように変化しているのかを自己分析をします。

    苦手を克服しているかもしれませんし、昔は得意と感じていたことが逆に苦手になっているかもしれません。
    深く掘り下げて分析するのがポイントです。
    また、専用の適正検査もあるので、そちらを利用してみるのも一案。

    2.同僚や上司など、身近な人からフィードバックをもらう

    自己分析の次は、同僚や上司などの身近な人からフィードバックをもらいましょう。
    そうすることで、自分を客観的に知ることがきます。
    自分では苦手だと思っていたことは、客観的に見たら適正があった、という場合もあります。

    3.将来なりたい理想の自分のイメージを書き出す

    自己分析と身近な人からのフィードバックにより、自分への理解が深まったと思います。
    次は、どんな仕事に就いて、プライベートではどんなことをしている?など、理想の自分のイメージを書き出してみましょう。
    自分の興味があることや強みを活かし、自分らしいキャリアとは?という視点で考えることがポイント。
    仕事面だけでなく、プライベートでのことも書き出していきましょう。

    最終的なゴールだけでなく、3年後や5年後など、中間目標も考えておくとより具体的になるのでおススメです。

    4.自分が何を優先してやるべきなのかを決める

    将来なりたい自分のイメージが固まったら、そのために仕事でやるべきことを考えていきます。
    そして、その中から、今の自分が優先してやるべきことを決め、目標に向けて実行していきます。
    目標に向けて必要なタスクの細分化⇒優先順位付け⇒実行、という流れになります。

    キャリアデザイン研修

    「キャリアデザインのやり方はわかったけれど、自分でやるのは難しい」と考える方も少なくはありません。
    そんなときに役に立つのが、キャリアデザイン研修というサービス。
    キャリアデザインのプロが、より具体的で綿密なキャリデザインを設計するための支援を行います。
    是非一度、検討してみるのはいかがでしょうか。

    35歳からキャリアデザインを考える理由

    pixta_72793953_M.jpg
    人生100年時代といわれている昨今、35歳という年齢を軸に今後の仕事とキャリアの視点で60歳・70歳まで働くことを想定すれば、残り約30年のご自身のキャリアデザインをどう描いていくかは重要になってきます。
    学生から社会人となり、10年超の経験を糧にキャリデザインを考えていくことが、お勤め先の組織全体の強化や事業の拡大を期待できます。
    また、定年後の再雇用を取り入れている企業が多くなっている中で、新たなに活躍の場を広げていくことも可能。
    ずっと現役で働き続けたい、セカンドキャリアを成功させたい、という視点もキャリデザインを設計していくうえで重要なものなのです。

    まとめ

    これからの時代を生きていくには、キャリアデザインをすることで自己実現や自分の市場価値を高めることが重要になってきます。
    35歳以上の方にこそおススメしたいキャリアデザイン。
    人生100年時代の今、自分を見つめ直すいい機会なのかもしれません。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    人生100年時代と言われている中で、自分のライフデザインを見直してみませんか?「100年時代のライフデザイン」記事一覧はこちら 35歳からの転職に向く人・向かない人の大きな違い 35歳は転職市場の分岐点。転職を成功させるポイント・注意点をご紹介

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    人生100年時代!今すぐ始められる、新しい働き方とは?

    人生100年時代!今すぐ始められる、新しい働き方とは?

    働き方の選択肢が増える現代、中高年の間でも新しい働き方を検討する人が増えています。新たな働き方に挑戦する時、まずは今ある知識や時間、人脈を活かしてはじめたいと考えるのが一般的でしょう。今回ご紹介するのはそうした希望を叶えられる働き方として、中高年の間で注目を集めている「顧客紹介」という働き方です。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2022年1月14日
    35歳からの転職、活かせる経験や資格とは

    35歳からの転職、活かせる経験や資格とは

    30代に入り、仕事にも慣れてくると今後のキャリアプランに悩み始める方は多いのではないでしょうか。希望しない役職を任されたり、年収や待遇への疑問などで転職を考える一方、自分の年齢を理由に転職を足踏みしてしまう方も多いかもしれません。今回はそんな方々に転職する場合でも活かせる経験や資格、30代でも未経験歓迎な職種をご紹介していきたいと思います。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2022年1月 7日
    中高年の抱える悩みとは?

    中高年の抱える悩みとは?

    出逢いの数だけ別れがある―。 私たちの人生は、多くの出逢いと別れが繰り返されます。歳を取れば、出会いより別れが多くなるもの。今回は、中高年で悩み始める老後の不安の一つ、孤独についてお送りいたします。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月24日
    ミドルシニアにおススメの財形貯蓄とは

    ミドルシニアにおススメの財形貯蓄とは

    老後の資金確保や形成には、さまざまな方法がありますが、やはり自分に合った方法で貯蓄していくのがベストといえるでしょう。沢山お金を稼ぐことは重要ですが、貯めたり増やしたりすることも同様に重要です。今回はその方法の1つとして有効な「財形貯蓄」について紹介していきます。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月21日
    40代から始める老後資金の準備と計画とは

    40代から始める老後資金の準備と計画とは

    40代に差し掛かると、残り20年余りで迫る老後のために老後資金の準備を始めようと考える方も多いのではないでしょうか。とはいうものの、子どもの教育費や進学費用、住宅ローンなどのさまざまな支出が多くなる中で、貯金していくのは大変です。今回はそんな40代の方に向けて、同年代の貯金額の平均値と中央値や賢く資金を貯める方法を中心にお伝えしていきます。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月21日
    35歳からのキャリアの行き詰まりから脱却する方法をご紹介

    35歳からのキャリアの行き詰まりから脱却する方法をご紹介

    30代に入り、仕事にも慣れてくると今後のキャリアプランに悩み始める方は多いのではないでしょうか。希望しない役職を任されたり、年収や待遇への疑問などで今の会社で「行き詰まり」を感じている方も少なくないと思います。今回はそんな方々に行き詰まりからの脱却方法としての転職と、その落とし穴についてお伝えしていきたいと思います。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年11月29日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)