35歳は転職市場の分岐点。転職を成功させるポイント・注意点をご紹介

  • 転職・退職ノウハウ
35歳は転職市場の分岐点。転職を成功させるポイント・注意点をご紹介

「35歳は転職の分岐点」という言葉を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。なぜそう言われるようになったのか?35歳を過ぎると転職は難しくなってしまうのか?今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。併せて年齢をハンデにすることなく転職を成功させるポイントや、転職する時の注意点なども紹介します。

この記事の目次

    なぜ35歳が転職の分岐点なのか

    35歳が転職の分岐点と言われるのにはいくつか理由があります。
    ひとつは、業界・職種未経験を歓迎する求人原稿の減少です。

    企業は、未経験者であれば長期的に働いてくれる人材を育成したいとの思いがあり、応募条件を35歳までと定めている場合が多いのです。
    また、35歳は責任ある仕事や役職についている人が多いので、転職先でもある程度の給与を望む人がほとんど。
    しかし、各会社のポストは限られていますから求人が出回ることも少なく、転職が難しくなってしまうのです。

    35歳の転職分岐点を成功させるポイント

    pixta_80612582_M.jpg

    上述したように、20代・30代前半の頃と比べると市場は狭くなり、転職しづらいのも事実。分岐点を乗り越えるためにはいくつかのポイントがあり、それを押さえれば転職の成功率も高まります。
    ここでは、35歳からの転職を成功させるポイントを紹介します。

    1.未来の具体的なキャリアプランを立てる

    35歳からの転職を成功させるためには、今後10年間のキャリアプランを立てること。
    「どう働きたいのか」「どんな風に活躍したいのか」など、具体的に考えましょう。
    キャリアプランを立てることで、自分の目標が明確化されます。
    目標が定まれば、仕事や働くことに対するモチベーションも維持しやすくなるものです。
    キャリアプランを立てていれば、転職活動する際の自己PRにも活用できるのでおすすめ。

    キャリアプランを立てる流れは、以下を参考にしてみてください。

    ①これまでの自分の経歴を振り返る
    ②現在、保有する「スキル」「価値観」を掘り下げる
    ③何がしたいか、どんな風に働きたいのかを掘り下げる
    ③10年後の自分はどうなっていたいのかを考える
    ④10年後の理想を叶えるために、現在何が必要かを考える

    2.入念に業界・企業研究する

    ふたつめのポイントは、業界や企業の理解をきちんと深めること。
    業界や企業の特徴や魅力を把握できれば、キャリアプランの計画で明確になった自分の理想とする将来像にフィットする会社かどうか、見極めやすくなります。

    業界・企業を研究する際には、メリットのみでなくデメリットもチェックしておくのが重要です。
    メリットだけに目を向けてしまうと、後から現実とのギャップに苦しむ可能性があります。

    企業研究する時に見るべきポイントは、事業内容・企業理念・主力サービスなど。
    まずはこれらを企業HPから確認してください。その後就職四季報や業界地図、競合他社のHPなどを参考に強みや独自性を見つけます。
    そして、企業が求めている経験やスキルと自分がマッチしている部分を見つけ、自己PRできるところまで落とし込みましょう。
    こうした研究を重ねると、入社後のミスマッチが防ぐ効果が期待できます。

    3.周囲のサポート受ける

    中途採用は、第三者からの紹介やエージェントを介した転職がとても有効です。
    これまでの社会人経験の中で出会った人からの紹介で転職するのもひとつですし、転職エージェントを活用して、自分のスキル・希望にあった企業を紹介してもらうのも良いでしょう。
    経験や人脈をフル活用させた転職は、35歳という年齢と社会経験を重ねたからこそなせる転職の成功術でもあります。

    35歳が転職する際に覚えておきたい注意点

    pixta_66019909_M.jpg

    35歳になってからの転職は、もちろんメリットもありますが、デメリットがあることもきちんと把握しておく必要があります。
    ここでは35歳が転職する際に覚えておきたい注意点を紹介します。

    1.年収が下がる可能性がある

    転職で職場が変われば、前職での勤続年数や実績などは当然リセットされます。
    転職先によってはこれまでの年収や給与額を考慮してくれる企業もありますが、基本的にはイチからのスタートなので、転職直後は年収が下がる場合がほとんどです。
    年収を下げないためには、同業界・同職種でのスキルアップを目的とした転職がおすすめです。

    2.転職活動が長引くことも想定しておく

    35歳以降の転職活動は、20代と比較すると選べる企業が少ない傾向にあります。
    また、これまでの経験・スキルを活かすために業種や業界なども絞らなければならない場合も。
    必然的に応募できる企業が限定され、競争も激しくなるのでなかなか内定が取れず転職活動が長引いてしまうことも想定しておかなければなりません。
    また、ハイクラスな転職を希望する場合には、選考回数が多かったり、幹部との面接日程を調整したりで選考自体が長引くこともあります。

    3.企業側が腑に落ちる転職理由が必要

    若い世代の転職とは違い、35歳以上の転職は「なんとなく」では厳しいものがあります。
    企業側が納得できる明確な転職理由が必要なのは、同じ理由で転職されてしまうような事態を防ぎたいから。
    例えば、「前職の労働環境に問題を感じていて、御社のクリーンな働き方に魅力を感じ入社を希望している」と言われれば、企業もすぐに退職される心配がないので採用に踏み切りやすいのです。
    ですので、応募書類や面接の際にはきちんと企業側を納得させられるような理由を述べられるように準備しておきましょう。

    4.経験の有無に執着しすぎないようにする

    転職市場の特徴として、同業種・同職種移動率が70%という傾向があります。
    確かに転職先で即戦力として活躍できる経験があれば採用確率は上がりますが、業務に直結する経験やスキルだけが重要な訳ではありません。

    企業から見た場合の価値のある経験やスキルは、同業界や同職種に限られているわけではなく、課題解決力・企画力・プレゼン力・マネジメント能力などのポータブルスキルも含まれています。
    ですので、求人を探す際には対象を広げ、企業との接触回数を増やすことも35歳が転職する際には重要です。

    まとめ

    これまでの経験、今後の活躍への期待と不安によって転職市場の分岐点と言われる35歳。確かに20代と比較すると転職は厳しくなるものの、明確な転職理由や、転職先で活かせる経験やスキルがあれば問題ありません。
    ぜひ、今回紹介した35歳の転職分岐点を成功させるポイントや注意点を転職活動に役立ててくださいね。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    35歳からの転職に向く人・向かない人の大きな違い

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    Web(ウェブ)面接のお作法|準備とマナーを理解することで生まれる、意外なメリットとは?

    Web(ウェブ)面接のお作法|準備とマナーを理解することで生まれる、意外なメリットとは?

    直接接触がリスクとなりうるコロナ禍の状況において、Web面接は幅広い採用現場でも一般的なものとなりつつあります。中高年層にとってはWebツールに対する苦手意識を持つ方もいるかもしれませんが、ポイントを押さえておけば大丈夫!意外なメリットも合わせてご紹介いたします。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2021年1月14日
    履歴書を送る封筒の書き方は?改めておさらいしよう

    履歴書を送る封筒の書き方は?改めておさらいしよう

    履歴書も書いたし、送付状もしたためたし、あとは封筒に入れて送るだけ。大変だった作業が終わってホッと一息つきたいところですが、封筒の書き方にもルールがあるのをご存知ですか?宛名の書き方から送付時の注意点まで、おさらいしていきましょう。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年8月 6日
    履歴書の書き方マナーを守ろう!職歴が多い場合の記載方法

    履歴書の書き方マナーを守ろう!職歴が多い場合の記載方法

    アルバイトの職歴や転職回数が多いことで履歴書の職歴欄に収まりきらない場合には、どうしたら良いのでしょうか。書ききれない職歴の対処方法と記載を省略する時の注意点など、履歴書の書き方マナーについて見ておきましょう。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年7月31日
    履歴書の書き間違えに修正液はOK?書き直す時間がない時の対処法

    履歴書の書き間違えに修正液はOK?書き直す時間がない時の対処法

    何枚も履歴書を書いていて、終わり間近のところで書き損じをしてしまうと、やりきれない気持ちになるものです。つい「修正液じゃダメかな?」と考えてしまいますが、マナーとしては良いのでしょうか。履歴書に対する面接官の感じ方や、正しい対処法を見ておきましょう。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年7月29日
    【例文付き!】履歴書の「趣味・特技欄」、実は重要って知ってた?

    【例文付き!】履歴書の「趣味・特技欄」、実は重要って知ってた?

    履歴書の趣味・特技欄。「仕事に直接関係ないから」と適当に書いていませんか? 実は、趣味・特技を通じてアピールできることがたくさんあります。みなさんの「人となり」や「スキル」を理解してもらえるよう、趣味・特技欄の書き方を一工夫してみましょう!

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年6月25日
    これで万全!タイプ別履歴書のフォーマットと書き方 使えるフォーマット無料ダウンロード!

    これで万全!タイプ別履歴書のフォーマットと書き方 使えるフォーマット無料ダウンロード!

    履歴書を書くのが苦手な方な皆さん。自分に合ったフォーマットやサンプルを参考にして、見やすくアピールにつながる履歴書を目指しませんか。手書きも味がありますが、パソコンで作成すれば効率もグンと上がるので一石二鳥。履歴書の上手な書き方のコツ、教えます!

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年6月23日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録