【もうWeb(ウェブ)面接(オンライン面接)に焦らない】「Microsoft Teams(チームズ)」を徹底解説

  • ちょっと得する知識
【もうWeb(ウェブ)面接(オンライン面接)に焦らない】「Microsoft Teams(チームズ)」を徹底解説

新型コロナウイルスの蔓延とともに新しい生活様式がスタンダードなものとなって久しい昨今、採用の現場では「Web面接(オンライン面接)」の形式が多く用いられるようなりました。Web面接(オンライン面接)とは、“三密”化を防ぎながらも企業の採用担当者と求職者が直接に顔を合わせて話すことができるという画期的なシステム。一方で、操作やマナーに不安を感じるミドルシニア世代も少なくないことでしょう。今回は「Microsoft Teams(チームズ)」を徹底解説しながら、自信を持ってWeb面接(オンライン面接)に臨むためのノウハウを紹介します。

この記事の目次

    1.Microsoft Teams(チームズ)とは?

    Microsoft Teams(以下Teams)とは、Windowsでお馴染みのMicrosoft社が手がけるコミュニケーションツールのこと。
    2017年に登場して以来、世界中で使われているオンラインサービスです。
    WordやExcelといったOffice製品との連携があることや高いセキュリティ対策がなされていることから、企業内で一律に導入している例もあります。

    ・「オンライン会議」機能を使用

    チャットや資料共有などの付随機能が多数あるTeamsですが、採用の現場で主に使われるのは「オンライン会議」の機能。
    企業の採用担当者より「面接はTeamsを予定しています」と告知されたら、この機能を使って従来同様の面接を行うという意味です。

    ・基本機能はすべて無料

    Teamsの「オンライン会議」は無料で使うことができます。
    PC・スマホ・タブレットのうち、いずれかの端末さえあれば誰でも気軽に利用することができます。
    PCを使用する際にはWebカメラ・マイク・スピーカーのすべてが正しく機能しているかどうか、事前に確認を行っておきましょう。

    2.Teamsのもつ「特長」

    Teamsの他にもZoomやGoogle Meetといったオンライン会議システムが存在しますが、ここではTeamsの特長やメリットを紹介します。

    ・アカウントの事前登録が不要

    オンライン会議システムの中には事前にアカウントを作成しておかないと利用できないものもありますが、Teamsにはその必要がありません。思い立った時にすぐに使える利便性が大きな魅力です。

    3.Teamsでの「面接当日の手順」

    面接の当日がやってきたら、開始時間の前に余裕を持って接続の準備をしておきます。
    利用する端末によって手順が多少異なりますので、注意が必要です。

    ⇩動画説明はこちら

    【パソコン版】Teamsアカウント作成

    【スマートフォン版】Teamsアカウント作成

    【スマートフォン版】Teams面接のやり方

    ・《PCから利用する場合》アプリのインストールは不要

    デスクトップ PCやノートPCから利用する際には、Webカメラやスピーカー・マイクの準備さえ整っていれば準備完了。
    PCからであればWebブラウザ上よりそのまま会議に参加することができますので、アプリケーションを事前にインストールしておく煩わしさもありません。

    ▼企業の採用担当者より会議への招待URLが記載されたメールが届くので
     メールの「Microsoft Teams会議に参加」をクリック

    TEAMS②.jpg

    ▼「このブラウザで続ける」をクリック
    ※PC版アプリをインストール済の方は「Teamsアプリを開く」をクリック

    TEAMS④.jpg

    ▼名前を入力、マイク・カメラをオンに設定

    TEAMS③.jpg

    ▼マイクの使用を許可

    TEAMS⑤.jpg

    ▼入室を許可されるまで待機⇒許可されれば面接開始

    ・《スマホ・タブレット端末から利用する場合》アプリのインストール

    スマホ・タブレット端末から利用する際には、事前にアプリをインストールしておく必要があります。余裕を持って事前に準備しておくようにしましょう。

    ▼PCを利用する場合と同様、企業の採用担当者より会議への招待URLが記載されたメールが届く

    ▼URLをクリック

    TEAMS⑥.jpg

    ▼アプリが立ち上がったら「会議に参加」をタップ

    TEAMS⑦.jpg

    ▼名前を入力

    TEAMS⑧.jpg

    ▼マイクの使用を許可

    TEAMS⑨.jpg

    ▼入室を許可されるまで待機⇒許可されれば面接開始

    アカウントの作成方法

    スマホやタブレット端末から利用する際や、今後も継続なTeams利用を検討する場合に、アカウントを作成しておくと便利です。
    作成方法と手順はいたってシンプル。作成したい方は、以下の流れに沿って進めてください。

    ⇩動画説明はこちら

    【スマートフォン版】Teamsアカウント作成

    ▼アプリをインストールして開く

    TEAMS⑩.jpg

    ▼「Microsoftアカウント」を求める画面下部の《無料で登録(サインアップ)》をクリック
    ※すでに「Microsoftアカウント」をお持ちの方は指示通りに入力してください

    TEAMS⑪.jpg

    ▼「登録メールアドレス」を入力

    TEAMS⑫.jpg

    ▼「仕事向け」を選択

    TEAMS⑬.jpg

    ▼任意の「パスワード」を入力

    TEAMS⑭.jpg

    ▼登録メールアドレスに「認証コード」が届くため、そのコードを入力

    TEAMS⑮.jpg

    ▼認証に成功したら「Teamsのセットアップ(その他の詳細事項)」に氏名を入力


    ▼アカウントの作成完了

    4.Web面接(オンライン面接)中に不具合が起こったら?

    面接の最中、思いがけないトラブルが起こる可能性も。
    音声や画像に不具合があって円滑に面接を進めることができない場合にも、必要以上に焦ることなく冷静に対処しましょう。
    設定の不具合から機器のトラブルにいたるまで、ここでは代表的な不具合の例をご紹介します。

    ・音声が聞こえない/ノイズがひどい/声が二重で聞こえる

    ▼Teamsのマイク設定が「ミュート」になっている場合
    ⇒表示されているマイクのイラストに×印がつかないよう使用を許可する

    ▼スピーカーから出ている音声をマイクが拾ってしまっている場合
    ⇒イヤホンを使用する
    ⇒スピーカーの音量を再度確認する

    ▼マイクそのものが不良の場合
    ⇒マイク機能付きのイヤホンを使用する
    ⇒端末内のマイク機能を再度確認する

    ・画像がフリーズして(止まって)しまう

    ▼端末の容量が不足して動作が重い場合
    ⇒同時に開いているアプリやソフトをすべて閉じる
    ⇒端末を再起動する
    ⇒Teamsアプリを一旦削除、再度インストールする
    ⇒事前に端末の空き容量を用意する

    ▼Wi-Fi等の通信環境が悪い場合
    ⇒ルーターを再起動したり設置場所を工夫したりする

    ・その他、面接に適した環境づくりにも留意を

    面接に臨むにあたって、自宅のインターホンや携帯電話・固定電話の着信音などにも注意してみてください。
    必要以上に敏感になる必要はありませんが、同居する他の家族の生活音にも事前に相談をするなどして配慮しましょう。
    また、カメラに自宅の背景を写したくないという場合、Teamsにはバーチャル背景へと変更できる機能があります。
    「ぼかし」またはあらかじめ用意されている背景写真を選択したり、お好みの画像を背景として設定したりすることも可能です。

    ・面接中、どうしても改善しないときには

    面接の続行が難しいときには、すぐに企業の採用担当者へと電話・メールで連絡を入れます。
    その後の対応を指示してもらえるはずです。事前に企業の連絡先を手元に用意しておくと良いでしょう。

    5.まとめ

    企業の採用担当者が「Web面接(オンライン面接)を行いますが、ご希望のオンライン会議システムはありますか」というように、利用したいシステムを求職者に尋ねてくるケースもあります。
    Teamsの機能や特長とお好みをうまく照らし合わせながら、自信をもってWeb面接(オンライン面接)を乗り切ってください。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    Web面接のお作法|準備とマナーを理解することで生まれる、意外なメリットとは? Zoomでの面接はこれで完璧!基本操作〜web面接やマナーまで Google Meetの使い方。Web(ウェブ)面接参加方法やマナーを紹介 SkypeでのWeb(ウェブ)面接を完全攻略!アカウント作成〜対策まで

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    中途採用者必見! SPI対策

    中途採用者必見! SPI対策

    皆さんは採用試験で実施される、SPIをご存じでしょうか。また、転職の際に面接以外に適性検査という項目を目にしたことはありませんか。その検査が一体どこまで選考に重要なのか、またどのように対策したらよいか悩む方もいらっしゃると思います。今回はそんな転職活動における、SPIの内容や対策方法をご紹介していきます。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月24日
    定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

    定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

    仕事を懸命にやってきてふと気づいてみれば、定年後のセカンドライフがもうすぐそこに……。これまで働いていた時間をいきなり自由に使えるといっても、実際にはどのように過ごせばいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は定年後に「人に教える」という時間の使い方があることをお伝えしていきたいと思います。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    老後は日本語のプロになって、新しい働き方を実現する

    老後は日本語のプロになって、新しい働き方を実現する

    みなさんは定年後、どのように過ごしたいと考えていますか。現役時代はせかせかした毎日を送ってきたからこそ、「ゆっくり、のんびり過ごしたい!」と考えられている方も多くいらっしゃると思います。しかし、現実は意外と違うのです! 驚かれるかもしれませんが、再雇用などで働いている人や、夢中になれるライフワークを持つ人の方が何もせずに家で過ごしている人よりも健康で溌剌としているのだといいます。体を休めている方が健康的なはずなのに、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    外国語を学ぶ前にちょっと待った! 本当に日本語を理解していますか?

    外国語を学ぶ前にちょっと待った! 本当に日本語を理解していますか?

    私たちは現在、国際化の時代に生きています。2020年の推計によれば、国外に住んでいる日本人の数はおよそ137万人。国別では、米国が最も多く、約43万人。次いで中国に、約11万人の日本人が在留しているのだそうです。 IT化も進んだことで、もはや世界のどこでも働け、生活できる時代となりました。そんな国際化の動きを受けて、日本国内でも外国語を学ぶ動きは加速しています。ある大学では10年後を目標に、2人に1人が海外留学、また全学生が国内外で国際体験することを目指しているなど、外国語を学ぶことに比重が置かれたカリキュラムが主軸となっているのです。そんな国際色が強い時代において、日本の文化や日本語を学ぶことの大切さが改めて見直されてきているといいます。※データ元:外務省HP「令和2年 海外在留邦人数調査統計」 

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    定年後こそ、人に教える機会に恵まれる

    定年後こそ、人に教える機会に恵まれる

    「亀の甲より年の功」、「おばあちゃんの知恵袋」など、日本には昔から年長者は経験豊富で、尊重すべきだという言葉が存在しますよね。 定年後のセカンドライフは、実際にそんな言葉を実践してみるのはいかがでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日
    学んだことは一生の財産。学びを通じて副収入を得よう!

    学んだことは一生の財産。学びを通じて副収入を得よう!

    日本の平均寿命は男女ともに80歳を超え、世界から見ても超長寿国だといえます。昔、中国唐時代の詩人である杜甫は70歳まで生きることを「古来稀なり」と「70歳まで長生きする者は昔からきわめて稀である」と表現していますが、日本では現在およそ5人に1人が70歳以上です。昔から偉人達が財産を持ったとき、不老不死になるためにはどうしたらいいのか、そこに頭を悩ませてきたといいますから、昔の人が現代人の寿命を知ったなら驚き、羨ましいと感じるのではないでしょうか。昔と比べて長くなった私たちの人生。そんな延びた時間を私たちはどう生きていけばいいのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録