Web(ウェブ)面接のお作法|準備とマナーを理解することで生まれる、意外なメリットとは?

  • 転職・退職ノウハウ
Web(ウェブ)面接のお作法|準備とマナーを理解することで生まれる、意外なメリットとは?

直接接触がリスクとなりうるコロナ禍の状況において、Web面接は幅広い採用現場でも一般的なものとなりつつあります。中高年層にとってはWebツールに対する苦手意識を持つ方もいるかもしれませんが、ポイントを押さえておけば大丈夫!意外なメリットも合わせてご紹介いたします。

この記事の目次

    2020年から猛威を振るう新型コロナウィルスは、採用のあり方にも大きな影響を及ぼしています。新卒者の就職活動ではWeb面接は一般的なものとなっており、最終面接まですべての選考をオンラインで完結する企業も出てきているほどです。

    これほどまでにWeb面接が一般的な存在となった理由は、「濃厚接触の機会が減らせる」「交通費がかからない」「必要に応じて複数回面接ができる」という、採用担当者と求職者の双方のメリットが認められたから。

    一定のWebリテラシーがあれば非常に有用なツールであるため、パート・アルバイトの採用シーンなどにもその流れは拡大しています。

    しかし、ミドルシニア層の方には「オンライン」という言葉に抵抗を感じる方もいるのでは?気持は理解できますが、気になる求人がWeb面接のみの選考だとしたら、せっかくのチャンスを見逃すことはしたくないですよね。

    初めてWeb面接に挑戦するあなたに、事前の準備や当日のマナー、中高年世代ならではのメリットなどご紹介いたします。

    オンライン面接の求人を探す

    Web面接までの流れ

    Web面接の流れは企業によって異なりますが、一般的な流れをご紹介します。

    求人サイトで気になる求人を見つけたら、募集原稿を確認。応募情報などをチェックして「Web面接」「オンライン面接」などが記載されていれば、選考がWebで行われる求人です。応募ボタンから応募を行いましょう。

    応募が完了後、一週間程度で企業からメールで連絡があります。そのメールの文中で今後の流れやWeb面接について案内されていることが多いです(応募後のメール連絡は企業によって内容や返信期間が異なります)。

    インストール不要で使えるオンラインmtgツールも

    現在の世の中でオンラインmtgに利用されているツールは、代表的なZOOMやSKYPEをはじめ多くの種類があります。利用にあたって事前のインストールやアカウント登録が必要なものもありますが、送られてきたURLをクリックするだけで利用できるツールも多くあります。

    企業によって利用しているツールが異なるため、案内メールの内容を読んでも不安が残るようであれば、メールを返信する際に以下のような質問をしておくのもよいでしょう。

    Web面接にあたって、動作環境を事前に確認しておきたいため、使用するツールおよび事前準備があればお知らせいただけないでしょうか。
    当方のデバイスはPCまたはiPhoneの利用を想定しています。

    などの返信を行っておけば、行き届いた印象を与えることにも繋がるでしょう。

    事前の環境準備

    pixta_70871627_M (1).jpg

    Web面接の前に、行っておきたい準備は以下の3つです。

    通信環境の準備

    まずは、安定した通信環境であるかを確認しておきましょう。「インターネット速度チェック」などのキーワードで検索すれば、速度を確認できるサービスが見つかるほか、GoogleのChromeをお使いの方は検索結果から速度チェックを行うことも可能です。

    Wifiを利用の際、通信速度が低速であった場合は、ルーターの近くなど家の中で電波が安定した場所を探してみましょう。安定した場所が見つからなければ、PCを所有している場合は有線LANで接続するという選択肢を検討してもよいかもしれません。

    機材(デバイス)を用意する

    デバイスには、PC、タブレット、スマホがありますが、画面も大きく、写す角度の調節がしやすい、さらに採用担当とやり取りしているメールを開くにも使い勝手がよいため、所有している場合はPCがオススメです。しかし、Webカメラが内蔵されていないPCの場合はカメラを購入する必要がありますので、他のデバイスを選択してもよいでしょう。

    それぞれのデバイスでスピーカーとマイクは内蔵されていることが多いですが、マイク付きイヤホンがあれば面接官の声も聞き取りやすく、こちらの声もクリアに聞こえます。コミュニケーションの質が上がるので用意することをオススメします。

    背景を決めておく

    Web面接を行う場所は自宅が多いですが、背景は重要なポイントです。乱雑に置かれた物や衣類が見えてしまうと、「杜撰な性格なのでは」と疑念を抱かれ、いらぬ減点につながる場合も。

    壁やカーテンなど単一色の背景が望ましいですが、適した場所がない場合は背景に写る場所の整頓を行い、面接官が面談中に背景に気を取られてしまわないような準備をしておきましょう。

    これらの3つの準備ができたら、一度Web面接ツールを立ち上げて写り具合を確かめておきましょう。

    面接当日のマナー

    pixta_65361118_M.jpg

    事前の準備を整えたら、いよいよ面接当日。Webとはいえども面接は礼節をわきまえるべきもの。基本的なポイントを押さえておきましょう。

    時間
    面接において時間を守ることは当たり前。企業によっては面接の直前にWeb面接ツールのURLをメールしてくる企業もあるため、15分前には準備完了して着席。インターネット環境、カメラの写り具合を確認し、必要であればツールにログインした状態で待機しましょう。

    身だしなみ
    服装や髪型は対面での面接と同様で臨みましょう。重要なのは個性やセンスの良さよりも清潔感です。

    カメラの向き
    使用するデバイスのカメラの位置が低すぎると、相手を見下ろしたような姿勢になってしまうので印象がよくありません。目線の高さに固定して使用しましょう。

    所作振る舞い
    相手が小さめのモニターで見ている場合、こちらの反応が伝わりづらいことも。いつもよりも表情を意識的にし、明るい印象が伝わるよう心がけましょう。話し方も明瞭に、少しゆっくり話すこともポイントです。

    これらを意識して面接を終われば、「失礼します」と伝えて退出、または接続を切って終了です。立ち上がって挨拶する必要はありませんが、お辞儀を忘れずに。

    Web面接ならではの、意外なメリットとは?

    pixta_39075772_M.jpg

    対面で人に会うと緊張してしまう、という人にはWeb面接はむしろ好都合。相手から威圧感を受けることが対面よりも少ないので、いつもの自分が出しやすいというメリットがあります。

    受け答えの中で相手の反応が芳しくないな、と感じても気のせいと捉えて面接を進めることもできます。

    また、事前に話す問答集を用意して、カンペとして使えることもWeb面接のメリットです。そうする場合は、あまり目線がずれないようにカメラの近くに用意しておくことをオススメします。

    トラブルが起きても焦らない!よくある事態と対処法

    時間になっても相手が来ない

    Web上に用意された部屋に入っても相手がやってこない場合、3分程度待ってから連絡してみましょう。メールだと送信から受信までにタイムラグが発生してしまうので、電話が好ましいです。面接の前に緊急時の電話番号を確認しておくのが良いでしょう。

    時々、音声や映像が途切れてしまう

    通信環境に問題がある場合があります。度々途切れてしまう場合は相手に断りを入れて、ルーターを再起動するなどの対応を取るか、電話面接に切り替えてもらうよう交渉してみましょう。

    途中で通信が切れてしまった

    この場合もメールまたは電話での連絡を行い、通信が復旧できるようであれば再接続を、難しい場合は電話面接に切り替えてもらえるよう交渉してみましょう。

    どれだけ準備をしていてもアクシデントが発生することはあります。しかし、それは仕事でも同じこと。トラブルが起きたときに臨機応変に対応できれば、アピールにつながるチャンスになるかもしれない。そうした気持ちで対応しましょう。

    うまく乗り切ってITリテラシーをアピールしよう

    pixta_68143231_M.jpg

    記事を読んでみて「自分には難しいかも...」と感じた方もいるかもしれません。ですが、そう感じる同年代の方も多いはず。そうした求人は競争倍率が低くなると思いませんか。

    Web面接をうまく乗り越えられたら、採用担当者は「パソコン、ITスキルは問題ない」という印象を与えることができるでしょう。新しいことに対しても柔軟に取り組める姿勢もアピールできるため、能動的に仕事に取り組める人という印象を与えることもできるかもしれません。

    つまり、同年代が敬遠することに積極的に取り組むことは、自分を差別化させられる大きなチャンスなのです。

    基本のポイントを押さえておけば大丈夫。わからないことは事前に調べたり、人に聞いたりしながらWeb面接を乗り切って、希望の仕事を見つけてください!

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    オンラインで面接はどう変わった? withコロナの状況でパート・アルバイト内定のために押さえるポイント 40歳からのパート・アルバイト マニュアル パートの面接対策

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    履歴書を送る封筒の書き方は?改めておさらいしよう

    履歴書を送る封筒の書き方は?改めておさらいしよう

    履歴書も書いたし、送付状もしたためたし、あとは封筒に入れて送るだけ。大変だった作業が終わってホッと一息つきたいところですが、封筒の書き方にもルールがあるのをご存知ですか?宛名の書き方から送付時の注意点まで、おさらいしていきましょう。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年8月 6日
    履歴書の書き方マナーを守ろう!職歴が多い場合の記載方法

    履歴書の書き方マナーを守ろう!職歴が多い場合の記載方法

    アルバイトの職歴や転職回数が多いことで履歴書の職歴欄に収まりきらない場合には、どうしたら良いのでしょうか。書ききれない職歴の対処方法と記載を省略する時の注意点など、履歴書の書き方マナーについて見ておきましょう。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年7月31日
    履歴書の書き間違えに修正液はOK?書き直す時間がない時の対処法

    履歴書の書き間違えに修正液はOK?書き直す時間がない時の対処法

    何枚も履歴書を書いていて、終わり間近のところで書き損じをしてしまうと、やりきれない気持ちになるものです。つい「修正液じゃダメかな?」と考えてしまいますが、マナーとしては良いのでしょうか。履歴書に対する面接官の感じ方や、正しい対処法を見ておきましょう。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年7月29日
    【例文付き!】履歴書の「趣味・特技欄」、実は重要って知ってた?

    【例文付き!】履歴書の「趣味・特技欄」、実は重要って知ってた?

    履歴書の趣味・特技欄。「仕事に直接関係ないから」と適当に書いていませんか? 実は、趣味・特技を通じてアピールできることがたくさんあります。みなさんの「人となり」や「スキル」を理解してもらえるよう、趣味・特技欄の書き方を一工夫してみましょう!

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年6月25日
    これで万全!タイプ別履歴書のフォーマットと書き方 使えるフォーマット無料ダウンロード!

    これで万全!タイプ別履歴書のフォーマットと書き方 使えるフォーマット無料ダウンロード!

    履歴書を書くのが苦手な方な皆さん。自分に合ったフォーマットやサンプルを参考にして、見やすくアピールにつながる履歴書を目指しませんか。手書きも味がありますが、パソコンで作成すれば効率もグンと上がるので一石二鳥。履歴書の上手な書き方のコツ、教えます!

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年6月23日
    オンラインで面接はどう変わった? withコロナの状況でパート・アルバイト内定のために押さえるポイント

    オンラインで面接はどう変わった? withコロナの状況でパート・アルバイト内定のために押さえるポイント

    正社員への転職では一般化されつつあるオンライン面接(Web面接)が、コロナ感染対策の影響もありアルバイト・パートでも徐々に増えてきています。オンライン面接に不安を感じるミドルシニア世代のために、書類なども含め準備しておくべきことをお伝えします。

    • 転職・退職ノウハウ
    • 2020年5月29日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)