ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

  • 働き方を選ぶ
ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

今後の生活費や教育費などの不安から専業主婦(夫)から働きに出ようとする方が増えてきています。とはいえ、久しぶりの仕事復帰。どのようなパートを選ぶのがよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そうしたときに参考にしたい、仕事探しのポイントをお伝えいたします。

この記事の目次

    専業主婦のブランクに不安は不要!働きたい気持ちを大事にしよう

    ブランクの期間が長い人ほど、仕事復帰への不安が高いという傾向はあります。出産などをきっかけに10年、20年と家庭に専念していた40代、50代の専業主婦の方は、特にその傾向は高いかもしれません。

    しかし、ネガティブな気持ちは不要です。子育てや介護といった事情は採用側からの理解は得られます。それよりも大切なのは「働きたい」という気持ちです。

    一つずつ自分が不安に感じている要素を潰し、前向きな気持でパート先を探していきましょう。

    仕事探しの前に行っておきたいこと

    まずは「働きに出る目的」を明確にしましょう。「子供にあまり手がかからなくなったから」というのはあくまできっかけです。働くことを通して自身が得たいものは、お金なのか、キャリアを積むことなのか、はたまた別の目的なのかを整理しましょう。

    仕事探しは迷いの連続です。多くの求人を見るなかで「仕事内容は興味あるけど、家から遠い...」「経験は活かせそうだけど、待遇が今ひとつ...」といった、帯に短し襷に長しということが多く起こります。迷ってしまったときには、「自分は働きに出ることで何を得たいのか」という目的を整理し、仕事探しの軸を設けておくことがその解決につながります。

    そのうえで、お金を稼ぐことが目的なのであれば、月にいくら必要なのか、週に何日、一日何時間くらいなら家庭と両立させられるなど具体的なイメージを持って落とし込んでいきましょう。

    パートブランク_仕事探し条件図表.PNG

    整理をするためには、条件を洗い出したうえで、優先順位をつけていくのがおすすめです。上記のように簡単な表にまとめるなどすれば整理に役立つでしょう。

    仕事復帰に悩む主婦の不安とその対処法

    では、具体的にブランクから復帰した主婦層が抱く不安要素はどのようなものでしょう。その対処法についても触れていきます。

    周りとうまくコニュニケーションとれるか心配

    よく聞くのは「若いスタッフとうまくやっていけるかな...」という不安。確かに、若い人ばかりだとどんな会話をすればよいかわからないという方もいるかもしれません。

    そうした場合は、年齢層が高めの職場をチェックするのがポイント。働く人の年齢層が高ければ世代のギャップを気にする必要もありません。また介護やクリーニング店などでは40代は若手という職場も存在します。原稿をしっかりチェックしてみましょう。

    40代以上の社員半数の求人はコチラ

    40代活躍中の求人はコチラ

    50代活躍中の求人はコチラ

    ちゃんと仕事ができるか心配

    事務などの専門的な職種ではパソコンスキルや専門知識などが求められる場合がありますが、未経験歓迎などの求人ではそうした不安は不要です。

    仕事のできる先輩たちについていけるか、という不安があるのであれば、オープニングスタッフや大量の募集をしている求人に応募してみるのも一つの手です。皆、横並びの状態から仕事を覚えることができるのでプレッシャーも少ないでしょう。

    職種未経験者歓迎の求人はコチラ

    オープニングスタッフの求人はコチラ

    募集人数10名以上の求人はコチラ

    家庭との両立できるか心配

    まだ子どもが小さい方は「熱を出したらどうしよう」といった不安もあるかもしれません。働きに出る場合はそうしたリスクも発生するので、まずは家庭内で話し合いをしたうえで、病児保育を探す、近くの親類に協力を仰ぐといった対処法を予め検討しておきましょう。

    家庭との両立において大きなポイントとなるのは、家から近い職場で働けるかどうか。電車で通勤しなくてもよい、子供の送迎に好都合、自分の時間を長く取れるなど多くのメリットがあります。採用する側も交通費の支払いが不要なほか、家が近ければ遅刻なども少ないだろうという安心感を持たれる場合もあるため、まずは自宅近くからパート先を探してみるのがおすすめです。

    また、一概には言えませんが、少人数よりも一定以上の人員が働いている職場のほうが急な欠勤などにも対応できる余裕があるとされています。そのため、コールセンターや工場の軽作業といった職場に着目するのも一つの手かもしれません。

    コールセンター、カスタマーサポートの求人はコチラ

    軽作業の求人はコチラ

    ブランクが気になる方におすすめの職種とは?

    pixta_61112751_M.jpg

    ブランクのある方がパートを探す際、もっとも多いのが以前経験したことのある業種や職種から探すこと。これまでの経験を活かして働くことができるため、もっとも効率がよいといえるでしょう。

    しかし、事務職を中心に探すのは注意しなければならないこともあります。事務職は昔も今も人気が高い職種のため、若い世代の方からも多くの応募があり、採用されるハードルは他の職種に比べて高めです。そのため、事務職に応募する際はかつての経験に加えて、パソコンスキルやその他の経験など戦力になることをアピールできるのが望ましいでしょう。

    いっぽう、飲食店などの接客などであれば、採用における難易度は比較的低めです。かつてレストランやカフェなどでホールなどの経験があれば、コミュニケーション力や対応の経験は一定の評価を受けられることが期待できます。

    まとめ

    契約社員や正社員などの雇用形態では、募集されている職種の経験や業界経験などが重視されるためブランク期間はハンデとなるケースもあります。
    しかし、パートやアルバイトであればブランク期間の過ごし方などをしっかり説明できれば、特に気にされない職場も多いもの。

    働きたい気持ちを全面に出し、面接でもしっかりとアピールを行うように心がけましょう。

    お仕事ブランクOKの求人はコチラ

    午前勤務のみ可能な求人はコチラ

    LINE友だち追加で新着記事をお届け LINE友だち追加で新着記事をお届け

    関連記事

    パートは扶養内で働くのが賢いの? 知っておきたい扶養の基本ルール 扶養内のパート。社会保険で損しないために【社労士監修】 もしもパート勤務で所得税がかかったら? 所得税の計算方法! 主婦のパートとアルバイトの違いって何? パートに所定労働時間はある?社会保険の加入要件はどこから?【社労士監修】

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    ビル管理会社の仕事とは?転職するためのポイント

    ビル管理会社の仕事とは?転職するためのポイント

    仕事や外出で当然のように利用しているビル。そんなビルを利用する人々が快適に安全に過ごせるよう、さまざまな業務に携わっているのが「ビル管理会社」です。ビル管理会社へ転職、就職を考えている方向けに、ビル管理会社の仕事内容をご紹介。さらにビル管理業務に向いている人や、求人の調べ方についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月30日
    施設警備2級は警備の仕事に必須資格?取得方法や試験問題もご紹介!

    施設警備2級は警備の仕事に必須資格?取得方法や試験問題もご紹介!

    さまざまな場面で活躍している警備員。未経験からでもチャレンジしやすく、幅広い年齢層が働ける職種でもあります。しかし警備員の仕事は奥が深く、有資格者を配置しなければならない現場もあるため、資格を取得すると仕事の幅が広がるほか、資格手当など給料アップを目指すこともできます。そこで今回は警備の仕事に必要な資格にはどんなものがあるのか?といったところから、特に取得しやすい「施設警備2級」をピックアップして、その試験内容まで詳しくご紹介していきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月23日
    給食調理員になるには資格が必要?仕事内容も詳しくご紹介!

    給食調理員になるには資格が必要?仕事内容も詳しくご紹介!

    “給食調理”はその名の通り、給食用の調理を行う仕事です。学生時代などに誰もがお世話になったことがあるのではないでしょうか。今回はの給食調理員の知られざる仕事内容や、必要な資格についてご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月20日
    デリバリーは50代にはきつい?体力自慢のミドル世代に向けて仕事内容を解説します!

    デリバリーは50代にはきつい?体力自慢のミドル世代に向けて仕事内容を解説します!

    フードデリバリーや宅配は昔からあるサービスですが昨今のコロナ禍において、その需要は非常に高くなりました。合わせてデリバリーの仕事に就く人も多くなっており、働きたいときに働けるという気軽さも人気の1つ。今回は、そんなデリバリーの仕事内容や50代にはきついのか?というテーマでお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月15日
    清掃業の仕事は何をするの?メリット・デメリットもご紹介!

    清掃業の仕事は何をするの?メリット・デメリットもご紹介!

    さまざまな場所で見かけることの多い清掃員。公衆衛生を保つため欠かせない存在であると同時に、未経験からでもチャレンジしやすく、年齢制限もないため幅広い年齢層が働ける職種でもあります。そこで今回は清掃業について詳しくご紹介。ぜひ求人選びの参考にしていただけたらと思います。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月14日
    交通誘導員ってどんな仕事?気になる疑問を解説!

    交通誘導員ってどんな仕事?気になる疑問を解説!

    駐車場や道路で旗や誘導棒を使い、車を誘導している人を一度は見たことがあるでしょう。もちろん警察官が行っているケースもありますが、駐車場や工事現場で見かけるのは、民間の警備会社で働く「交通誘導員」。どちらも車と歩行者を安全に誘導する仕事のように思えますが、実は警備員が行う「交通誘導」は警察官が行う「交通整備」とは、少し異なるポイントがあるのです。そこで今回は、「交通誘導」と「交通整備」の違いをはじめ、気になる交通誘導員の仕事について詳しくお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年6月 6日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    LINE友だち追加で新着記事をお届け LINE友だち追加で新着記事をお届け