男だって、子育てと仕事を両立したい!妨げる壁はやっぱり長い労働時間!

  • ライフプラン・人生設計
男だって、子育てと仕事を両立したい!妨げる壁はやっぱり長い労働時間!

子供を持つ女性の多くが働いている現在、「男は外で仕事、女は家庭を守る」は昔の話。でも、世代によっては男性に、この考え方が残っているのも事実です。そんな環境で働くパパたちには、育児に参加したくてもできない、ママの知らない苦労もあるようです。

この記事の目次

    男だって、子育てと仕事を両立したい!

    職場に子育てと仕事を両立させて、はつらつと働くワーママがたくさんいる環境の中、可愛い我が子のために「仕事を頑張ろう」と思うのと同時に、「妻に協力したい」「積極的に子育てに参加したい」というパパたちの声も多く耳にするようになりました。

    しかし、まだまだ男性が全面的に子育てに参加できる社会には程遠いのが現状です。子育てにもっと関わりたいパパたちが、妻と子供との関係を強くして、明るい家庭を作っていくにはどうすればいいでしょうか。

    pixta_40732505_M.png

    イクメンでなくても、両立すべき理由とは?

    男性が子育てと仕事を両立するメリットとは、なんと言っても子供の成長を見守りながら一緒に過ごすという、かけがえのない時間が手に入ることです。自分を頼ってくれる子供の存在を愛しいと感じられること、日々変化していく子供の成長を、母親目線だけではなく、男性からの目線で見ることで、異なった感動を共有できるのも素晴らしい経験です。

    また、子供を介して学校や町内など地域のつながりもできて、仕事関係以外に幅広い人間関係を広げることができます。仕事以外に活躍の場ができるし、それも仕事の励みになりますね。

    <厳しいパパたちの現実>

    そんなパパたちですが、子育てと仕事を両立するための現実はなかなか厳しいのが現実です。社会問題化している長時間労働で、家に帰ってきた時はすでに疲労した状態。夜遅く帰宅して、眠っている我が子の顔を見るのがやっとで、ママさえも眠っている。そこから食器の片付けや洗濯物を畳むことも、なんとか気力を振り絞ってという家庭が多いのでは。

    ママにしても、家に子供と二人きりの時間が多く、不安と孤独に悩まされることも。誰かに相談をしたくてもパパは帰ってこないし、家事に疲れ果てストレスを抱えたまま眠ってしまう毎日です。これで、ママが仕事復帰したら、ますます負担が増えて、ストレスは溜まる一方だとわかっているのに、パパにも時間がなくて不機嫌になってしまう、こんな悪循環はどこかで断ち切らないと働くモチベーションも下がる一方です。

    両立のための働き方改革

    平日に子供との時間が取れないため、休日に子どもとたくさん遊ぼう!そう思っていてもいざとなると「ママのほうがいい」と言われてしまって、肩を落としてしまうパパたち。仕事と家庭の板挟みになって疲れているのは、ママもパパも同じです。パパが家族と過ごす時間を増やして、仕事と子育てのバランスを上手くとって働くにはどうすればいいのでしょうか。

    pixta_26484921_M.png

    男性だからこその悩みと対処法とは?

    子供が生まれて父親となり、手がかかってくる子育て期。その時期は多くの男性にとって、会社でも中堅となり重要な仕事を任される時期と重なるものです。早く家に帰りたいと思っても、仕事は山積み。しかし、上司や同僚に「子供の世話をしたいので、早く帰りたい」と訴えても、理解を得ることは女性以上に難しいのが現実です。

    しかし、どんな人であっても時間は平等に1日24時間しかありません。そのため、父親としての時間を増やすためには、工夫をしたうえでビジネスマンとしての時間を減らすしかありません。そのために、会社に育休や時短勤務の制度があるのか確認し、積極的に利用を検討しましょう。これまで利用した社員がいるのであれば、その人に話を聞きに行くことも貴重な情報を得られるチャンスです。

    そのような活動と平行して、仕事内容を見直すことも重要なポイントです。無駄な動きは無いか、自分がやらなくても他の人に任せられることは無いか、もっと効率良く出来ないかなど、これまでの仕事の進め方を一度違う視点から見つめ直し、改善を図っていくことが重要です。

    アンテナを広げることで、自分に役立つ情報を見つける!

    そうはいっても、「どのように自分の仕事内容を見直せばよいのかわからない」という方もいるのでは。そんなとき役に立つのは、育児に関わってきた他のパパのやり方です。

    書籍やWebから情報を得る

    たとえば三人の子どもを育てながら介護・看病もこなす中で、大手化学メーカーの東レで同期トップの取締役に就任した佐々木常夫氏の働き方はとても参考になるものばかり。「仕事を略すこと」「なんでも自分でやろうとせずに人に任せる」などの考え方は、育児に関わりたいパパの参考になる仕事術のヒントが多く詰まっています。鵜呑みにするのは問題ですが、自分の考えを持った上で取り入れるのは効果を発揮することも多くあるでしょう。

    イクメンプロジェクト

    また、「イクメンプロジェクト」のサイトも参考になります。これは、男性の子育て参加や育児休業取得の促進等を目的として、厚生労働省が立ち上げたもの。各自治体で発行している「父親手帳」の紹介や、父親による育児体験談の投稿などは、なかなか触れられない情報のため貴重なものです。「イクメン」という言葉が面映ゆい方も多いと思いますが、参考になる情報も多いサイトです。

    パパ友の繋がりを作る

    保護者会に参加すると、両親、またはパパだけで参加している親御さんもいるもの。そのような人を見つけた場合、パパ同士での繋がりを深めておくのがオススメです。他の会社ではどんな育児制度があるのか、職場の理解はどんなものかなど、Webにはない生の情報を得ることができるほか、同じ年代の子どもを育てる父親同士は、とても貴重な相談相手となるでしょう。

    パートナーとの協力で家庭の未来を築いていく

    pixta_33740035_M.png

    ビジネス的に言えば、子育ては人生における「中長期プロジェクト」です。どのように取り組んでいくのか計画を立て、状況を見ながら予定を変更するなど、柔軟な考えと決断を持って進めていかなければ、成功させることは難しいのです。家族にとって何より重要なプロジェクトとなるため、パートナーである母親の協力は必要不可欠です。

    夫婦とはいえ、考え方も置かれた環境も異なるため、衝突は頻繁に起きるでしょう。そんなとき大事なのは、相手に対する配慮を忘れないことと、具体的な表現で伝えることです。
    意見の対立が発生するのは仕方ありませんが、意図を誤解してケンカになるのは避けたいところ。何か手伝ってほしい場合は「●●を解決するために、これ(家事・育児)をやって欲しい」と伝えるなど、コミュニケーションの方法にも注意を払いましょう。

    仕事と子育てを両立するには、まだまだ難しい社会環境ですが、夫婦で協力すれば乗り越えられないことはないはず。お互いを尊重しながら、家庭の未来を築いていきましょう。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    子育て中の仕事にやりがいを感じない? オススメの対処法をご紹介 資格を取って、子育てしながら仕事しよう! 3歳までは子育てに専念すべき?育児しながら働くコツ 子育て中のあなたに、おすすめパート7選 子育ての悩み、仕事をやめたいと思った時は?

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    定年は何歳まで?60歳定年と65歳定年でもらえるお金はどう変わる?

    定年は何歳まで?60歳定年と65歳定年でもらえるお金はどう変わる?

    近年の法改正により、定年年齢が実質的に引き上げられています。60歳を過ぎても働き続けることが一般的となりましたが、退職する年齢によって失業保険や年金などに差が出ることをご存じでしょうか。65歳まで働くために知っておきたいことをご紹介します。

    • ライフプラン・人生設計
    • 2020年5月 7日
    【必読】50歳から考えておくべき定年後のプラン

    【必読】50歳から考えておくべき定年後のプラン

    日本人の平均寿命が男性81歳、女性87歳となったいま、50歳は人生の折り返し地点を抜けた頃。定年退職後という後半戦をどう走りぬくかを思案する大事な時期と言えます。今回は定年後の働き方や定年前に備えておくべきポイントについてご紹介します。

    • ライフプラン・人生設計
    • 2020年4月17日
    老後を楽しく過ごしたい!自分にピッタリな趣味の見つけ方

    老後を楽しく過ごしたい!自分にピッタリな趣味の見つけ方

    人生100年と言われるこの時代、「老いても元気に暮らしていく」ためにはどうすればよいか、頭を悩ませる人も多いのでは。イキイキと老後を過ごすために、新しい趣味を始めてみませんか。老後にオススメの趣味の見つけ方をご紹介します!

    • ライフプラン・人生設計
    • 2020年4月 6日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)