旦那の単身赴任中に、子育てと仕事を両立するには?

  • 女性のお役立ち
  • 2018年6月14日
  • 旦那の単身赴任中に、子育てと仕事を両立するには?

    突然のパパの単身赴任! 夫婦で力を合わせても子育ては大変なのに、パパが単身赴任の間は、自分だけで育児・家事・仕事を回さなければならなくなります。今回は、「パパの単身赴任」をテーマに、子育てと仕事を両立するコツをお伝えします。

    この記事の目次

      パパが単身赴任! ママが子育てと仕事を両立するには?

      pixta_28409671_M.png

      正社員で働いている場合、転勤や単身赴任の可能性はあるとわかってはいても、子育て真っ最中の突然の辞令には、夫婦ともに戸惑うはず。今まで夫に任せていた育児や家事の一部も、ママが替わりに行うことになり、スケジュールを見直す必要も出てきます。考えられる事例を挙げながら、トラブル回避のヒントを探っていきましょう。

      誰でも大変、子育てと仕事の両立

      pixta_24113956_M.png

      <自分や子どもが病気になったとき>

      まず、心配なのはや子どもが病気になったときのことではないでしょうか。ママが仕事を休み、一人で看病・通院のつきそい、家事を行なわなければならなくなります。子どもだけでなく、自分がダウンしてしまったときはさらに大変。子どもがインフルエンザにかかり、ママにうつってしまった...といった場合、ママは仕事を1週間以上仕事に行けないケースも出てきてしまいます。

      病気の時は、一人の頑張りには限界があります。もしも夫婦それぞれの親から協力を得られるのなら、サポートをお願いしてもいいでしょう。その他、病児保育を実施している施設の情報を事前に集めておいてもいいかもしれません。

      <家事・育児の負担が一気に重くなり、余裕がなくなる>

      子育てや家事に協力的だった夫の場合、単身赴任になると妻の負担が一気に増えます。交代で子どもの幼稚園や保育園の送迎などをしていた場合は、仕事のシフトや出勤・退社時間を変更したり、残業ができないケースもあるでしょう。仕事と育児でやらなければならないことが山積みで余裕がなくなり、ママがストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

      そんなときは、親など親族の協力を仰いだり、延長保育やシッターの利用、家事の負担を減らす便利な家電などをうまく取り入れ、ママの負担を減らす工夫をしたいものですね。

      pixta_40435018_M.png

      <夫との関係もギクシャク>

      自分と夫が置かれている状況に差を感じて、いらだつこともあるかもしれません。妻が育児と仕事に日々奮闘している中、単身赴任先で夫は時間を気にすることなく仕事をして、空いた時間は自由を満喫しているように見える。「私ばっかり!」という不満を、たまに帰宅した夫にぶつけてケンカしてしまうというケースもあるようです。

      とはいえ、単身赴任先のパパも慣れない環境の中、仕事を一人でがんばっている状況。そんなときは、互いに理解しあう姿勢を持つことが大切です。ママの気持ちに余裕ができてくると、パパの状況を理解できる気持ちが生まれるかもしれません。

      <周囲の言葉に傷つく>

      ママだけで育児・家事・仕事をこなしている姿を見て、「頑張っているね」と激励の言葉をかけてもらうこともあるでしょう。しかし中には、励ましたつもりでかけた言葉で、傷ついてしまうママもいるようです。

      例えば、「一人で大変だね」という言葉です。「頑張っていてすごい」「両立させていてすごい」という意味を込めて伝えたのに、受け止め方によっては「一人で頑張るしかない」という状況の再認識をさせてしまう場合もあります。また、日ごろの頑張りを否定するかのような「そこまでして働かなくても......。子どもがかわいそう」「子どものために仕事を辞めたら?」という心ない言葉で傷ついたというケースも。

      忙しくて心に余裕がないときは、些細な言葉にもピリピリし、一喜一憂してしまうこともあるでしょう。「我が家は我が家」と割り切り、聞き流す工夫も必要かもしれません。

      pixta_30726992_M.png

      <うまく家事をこなせず自己嫌悪になる>

      これまで分担していた家事や育児を一人で行うのですから、家事が溜まってしまうことも当然あるでしょう。家事は夜にやろうと、子どもを寝かしつけていたら、疲れのせいか一緒に寝落ちしてしまった......というのもよく聞く話です。うまく家事と育児・仕事を両立できない状況に、自分を責めてしまい、自信をなくしてしまうママもいるようです。

      家事や仕事がうまく回らないと、そのいらだちを子どもにぶつけてしまい、さらに家事が滞るという悪循環に陥ることも。両立できない自己嫌悪や、子どもにあたってしまう不甲斐なさなどを内側に溜めてしまうママも少なくありません。溜め込みすぎる前に、積極的に息抜きの時間を作るなどして、気分転換を図りましょう。

      限界を迎える前に...。気分転換は重要

      ワンオペ育児を重ねるうち、気づかないうちに溜まるストレス。「もう仕事を辞めたい!」と限界を迎える前に、ストレスの解消を心掛けましょう。実際に、育児と仕事の両立に頑張っているママたちは、どのようにストレスを解消しているのでしょうか。取り入れやすいストレス解消法をご紹介します。

      ・一人の時間を作る

      塗り絵やビーズ手芸、読書など、何か一人で集中し、没頭できる作業を行うほか、一人でぼーっとする、好きな音楽を聴くこともストレス解消につながります。

      ・ヨガをする

      空いた時間に、ストレス解消効果があるヨガのポーズを行ってみるという方法もあります。就寝前に行うと疲れた体もリラックスでき、安眠できそうですね。

      ・大きい声で叫ぶ

      大きな声で叫ぶとスッキリし、ストレス解消になると言われています。カラオケボックスや運転中の車の中で歌うなど、周囲の迷惑にならない場所で大声を出してみてはいかがでしょうか。

      ・愚痴を聞いてもらう

      辛い気持ちを吐き出したら、胸のつかえがとれてスッキリするもの。こちらの言うことを否定せず、受け止めてくれる相手に、愚痴を聞いてもらうのもストレス解消には有効です。気持ちがこみあげて涙が出てきたとしたら、我慢せずに泣いてみましょう。涙を流すことは、気持ちの防衛反応の一つなので、愚痴の吐き出しとの相乗効果でよりスッキリできるはずです。

      ストレスへの対処法は人によっても異なります。いくつかの方法を試して、自分に一番合った方法を見つけてみてください。

      子どもと一緒に乗り切ろう!

      ママのストレス解消も大切ですが、もう一つ大きな力となるのは一緒に暮らす子どもたちの存在です。全部自分でこなさなければ!とママが一人で躍起になるよりも、子どもたちの協力を得ながら頑張った方が、ママ・子ども双方のためにもなります。どのような方法があるでしょうか?

      pixta_40452390_M.png

      子どもを最大の味方にしよう!

      まず心掛けたいのは、子どものやる気を大切にすること。多くの子どもは、大好きなママの頑張りを日々見ているため、「お手伝いしてママを助けたい」と考えているものです。

      でも実際に子どもにお手伝いをお願いしても、「時間がかかりすぎる」「教えるのが手間で、逆に面倒」などの理由で、ママがさっさと作業を行ってしまうこともありがちです。急いでいるママは、なかなか子どものペースに合わせることが難しいかもしれませんが、辛抱強く待つことを心掛けましょう。回数を重ねるごとに上手になり、子どもが自分でできることが増えてきます。

      また、せっかくお手伝いをしてくれたのに、出来がいまいちの場合もあるかもしれません。できなかった部分には目をつぶり、できている部分を認めてほめてあげるのも、子どものやる気を引き出すコツです。

      子どもが自分で身支度できるようになり、食事のときはテーブルを拭いて配膳までしてくれる。それだけでもママはかなりラクになるはずです。「茶碗を出す」「タオルをたたむ」まど、できることから少しずつお手伝いを覚えさせていくのがおすすめです。

      pixta_26429177_M.png

      夫ができることは...?

      離れて暮らしているとはいえ、夫にもできることはあります。まめに妻とコミュニケーションを取り、愚痴を聞いてあげること。「疲れて帰宅したのに愚痴を聞くなんて......」と思うかもしれませんが、愚痴を吐いてガス抜きさせることは、妻の精神の安定にもつながります。「旦那は、そばにいなくても私を気にかけてくれている」という安心感を妻に持たせてあげるようにしましょう。

      また、子どもにとっても、父親はひとつの「逃げ場」であることも大切です。パパが単身赴任中は、ママは子どもを守らなければという責任感から、厳しくなったり叱ることも多くなりがち。「ママに叱られても、パパが聞いてくれる」「パパがわかってくれる」と思ってくれるよう、妻とともにコミュニケーションを心掛けましょう。電話だけではなく、LINEやスカイプなどのビデオチャットツールが発達しているので、うまく使いこなしたいものですね。

      ピンチはチャンス!パパの不在もポジティブな経験に

      pixta_21833763_M.png

      パパが不在になることによって、ママの負担が増えることもありますが、パパの単身赴任は家族の成長のチャンス! お手伝いによって子どもの自立心も養え、ママも限られた時間で家事をやりくりする必要があるので、効率的に家事をこなせるようになります。家族の絆を強くする機会ととらえ、前向きにパパの単身赴任と向き合いたいですね。

      記事をシェアする

      • Twitter
      • Facebook
      • Line

      この記事は役に立ちましたか?

      より役立つ記事をお届けすることを目的として、あなたからのフィードバックをお願いします。

      あなたへのオススメ記事

      社会保険の基本!扶養の条件と社会保険に加入するメリット・デメリット【社労士監修】

      社会保険の基本!扶養の条件と社会保険に加入するメリット・デメリット【社労士監修】

      正社員よりも少ない勤務時間で働くパートの場合、一定の条件をクリアすることで、配偶者の扶養範囲内となったり、「所得税」にかかわる控除を受けたり、「社会保険」の負担を避けることができます。今回は「社会保険」に焦点を絞って解説。社会保険の基本知識から、扶養を外れて社会保険に加入するメリット・デメリットまで、盛りだくさんの内容です!

      • 女性のお役立ち
      • 2018年7月12日
      パートが雇用保険に加入するメリットとは?【社労士監修】

      パートが雇用保険に加入するメリットとは?【社労士監修】

      パートの場合、雇用保険に入らなくていいんだよね?――実はこの考え、間違いなのです。パートであっても、労働時間などの条件を満たせば、雇用保険に加入する義務が発生します。「雇用保険に入るのなら、掛け金が引かれるんでしょ?だったら働く時間を制限したほうがいいのかな?」などの疑問が湧く方もいるのでは。そんな方のため、パートが雇用保険に加入するメリット・デメリットについてご紹介します。

      • 女性のお役立ち
      • 2018年7月12日
      パートとアルバイト、社会保険に違いはあるの?【社労士監修】

      パートとアルバイト、社会保険に違いはあるの?【社労士監修】

      育児も一段落ついたし、ガッツリ働いて家計を助けるぞ!――そう思ったのはいいけれど、社会保険に入る場合、パートとアルバイトのどちらが有利なの? 社会保険の仕組みはなんだか複雑で理解しにくいですよね。そこで、パートとアルバイトの違いや、パートやアルバイトが社会保険に加入する条件などをわかりやすくご紹介します。

      • 女性のお役立ち
      • 2018年7月12日

      おすすめ・シリーズ記事

      人気記事ランキング