マンション管理スタッフの仕事!中高年から人気の理由はどこにある?

  • 働き方を選ぶ
マンション管理スタッフの仕事!中高年から人気の理由はどこにある?

マンションなど共同住宅に心地よく住むための裏方作業を一手に引き受けるマンション管理の仕事は、中高年でも活躍できる人気職種の一つです。退職後の勤務先に選ぶ方も多く、女性の活躍も増えつつあります。仕事内容、やりがい、活かせるスキルについて見ていきましょう。

この記事の目次

    マンションの環境整備や事務作業を担当

    pixta_34385616_M.png

    マンション管理スタッフの仕事内容は、非常に多岐にわたります。エントランスや階段、駐輪場など共用スペースの清掃や備品のチェック、共用部の電灯交換、庭木の手入れなどが一例です。大規模なマンションだと清掃業者を入れることもあるので、スタッフの管理や依頼スケジュールの調整も任されます。入居者、退去者がいる日には現場に立ち合い、確認作業を行うこともあるようです。

    普段は、受付スペースにいて、入居者からの相談を受けたり管理記録を作成したりしています。事務作業をしている最中であっても「隣の部屋の騒音で眠れない」「水漏れした」など相談にくる入居者がいれば、適切な対応が必要です。その他に管理組合との連携、防火設備の点検や災害時に備えた対策などあらゆる業務を担当します。

    近年の傾向として、高齢者の居住拠点として入居条件を緩和したマンションが登場してきた背景から、日常的なコミュニケーションや健康管理、見守りといった役割も担う重要な仕事です。生活そのものをサポートするだけでなく人の命にまで関わる仕事と考えると、社会的意義が大きい職業といえるでしょう。

    あなたのエリアのマンション管理求人をチェックしてみよう!

    マンション管理の仕事のメリット・デメリット

    pixta_17641798_M.png

    マンション管理の仕事は特別な資格や経験がなくても採用される可能性があることから、中高年が転職しやすい仕事といえます。若い人だとトラブル対応に苦労することもありますから、人生経験豊富な中高年が歓迎される傾向もあり、40代や50代からの転職にもおすすめです。

    マンションの裏方業務全般を担当することになるためデスクワーク、身体を動かす業務のバランスがよく、どちらかに偏った仕事は苦手な人も挑戦できます。やるべきことをこなしているうちにあっという間に時間が過ぎる日も多く、待機が多い仕事だと憂鬱になってしまう人にとっては理想的な環境です。

    デメリットとしては、クレーム対応や人間関係の調整が苦手な人はストレスを感じやすいことが考えられます。ルールを守って生活してくれる住民ばかりではないことを理解しておきましょう。正社員になれるかどうかは、会社の方針や募集職種によって変わってきます。設定された待遇・条件によく目を通して、判断しましょう。

    マンションオーナーと個人的に契約するスタイルでは待遇面の不満を感じることも多いのですが、大手管理会社の求人に応募し、決まった報酬を得ながら働くことで理不尽な対応を予防できます。福利厚生、退職金などイキイキとやりがいを持って働けるようにサポートする仕組みがある会社を選べば、不安を感じることもなくなるでしょう。

    また、特別な資格がなくても挑戦できるとはいえ、「マンション管理士」や「管理業務主任者」資格に挑戦してステップアップ、目的意識を高く維持しながら働くキャリアも選択肢です。資格取得に手当を支給している会社も一定数あることや、人生経験や人間性をベースに専門知識を深めていけば、より良い待遇も期待されます。

    マンション管理士試験について詳しく知りたい方はこちら

    管理業務主任者について詳しく知りたい方はこちら

    マンション管理スタッフの仕事の流れ

    pixta_23439449_M.png

    具体的な働き方をイメージするため、1日のスケジュールの例を見てみましょう。

    まずは、動きやすい服装で出社、簡単なストレッチや体操を行って、作業の準備を済ませます。最初の仕事は、共有スペースのチェックです。ゴミ捨て場の清掃、分別を行い、違法な投棄がないかを確認しましょう。収集が終わった後なら、においや汚れが残らないようにモップ掛けまで行います。ひと段落ついたら、廊下や階段、エントランスの掃除も行い、居住者が嫌な思いをすることがないように清潔な環境を作りましょう。

    掃除をしながら、建物の不具合やヒビ割れ、設備の故障はないかも確認します。トラブルを発見したら、管理会社へ報告資料を提出しましょう。外周に植木や花があるマンションなら、水やりや刈り込みも行います。手入れされている植物は入居者の心を和ませますから、管理スタッフとして重要な仕事の一つです。

    昼休みをとった後に、マンション担当者とのミーティングや事務作業を進めていきます。入居者から質問を受けた内容、行った対応などより良い環境作りに役立つことを資料にする作業です。家賃の遅れがないか、入居者同士の困った問題はないかなど、早急に対応が必要なトラブルについては、優先的に作業します。

    どの程度の事務作業が発生するかは管理会社によって異なりますが、基本的なパソコンスキルがあれば対応できる範囲でしょう。

    退勤時間になったら、日報を提出してマンションを後にします。不審者の侵入がないように施錠をきっちり行って、安全管理を万全にしてから帰宅しましょう。

    マンション管理の仕事はこんな人におすすめ

    pixta_27255187_M.png

    住み込みの求人もありますが、その場合は担当マンションに通勤しながら、決まった時間帯働くスタイルが主流です。残業は少ない傾向があるので、プライベートの時間をきちんと確保したい方には働きやすい環境でしょう。雇用形態はパート・アルバイトと契約社員が多めですが、探せば正社員の募集もあります。

    入居者や管理組合との関係作りも重要な仕事ですので、特定の人たちと信頼関係を築きながら仕事をしたい人にも適しています。まじめにコツコツと誠実な対応をしていくことが、信頼関係を構築するポイントです。

    また、人手不足が深刻な業界でもあるので、長く働ける仕事を希望する人にも適しているでしょう。短時間勤務の求人も出始めていて、副業やアルバイト感覚で仕事ができる環境を求めている主婦層にもチャンスが広がるかもしれません。

    なんといっても大きなメリットは、長く働ける職場が多いこと。65歳は当たり前で、70歳以上でも活躍している方が多い職種です。これからもしばらくは現役として活躍し続けたい、そんな思いを持つ方には特にオススメの仕事です。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    老後の仕事、何にする?シニアに人気の仕事ランキング 中高年でも活躍できる!住み込みの仕事のメリット・デメリット 50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること? マンション管理人とは違うの!?マンション管理士の資格について 今、人気の工場パートの仕事内容とおすすめポイント

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    関連する求人

    マンション管理の中高年(40代・50代・60代)の求人・転職情報

    あなたへのオススメ記事

    マンション管理人は未経験でもできる?向いている人を解説

    マンション管理人は未経験でもできる?向いている人を解説

    マンション管理人は、シニア世代にも人気の職種です。今回は、マンション管理人は未経験からもでも挑戦できるのか?やマンション管理人に向いている人などについて解説していきます。ぜひ、参考にしていただき、転職に役立ててください。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年12月 5日
    長距離トラック運転手(ドライバー)はきつい?やりがいや収入も解説

    長距離トラック運転手(ドライバー)はきつい?やりがいや収入も解説

    「長距離トラック運転手(ドライバー)」は大型自動車運転免許が必要となるものの、未経験歓迎の求人や、資格補助ありの求人も多く散見され、ミドルシニア世代も多く活躍している職業のひとつです。そこで今回は長距離トラック運転手(ドライバー)の仕事が「きつい」と言われる理由とあわせて、やりがいや気になる年収もご紹介します。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年11月28日
    警備員として働くために資格は必要?種類や取得メリットを解説

    警備員として働くために資格は必要?種類や取得メリットを解説

    「警備員への転職をするときに、資格は必要なの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。今回はそんな警備員の資格について、取得するメリットや資格の種類、合格率などを中心にお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年11月24日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録