定年後こそ、人に教える機会に恵まれる

  • ちょっと得する知識
定年後こそ、人に教える機会に恵まれる

「亀の甲より年の功」、「おばあちゃんの知恵袋」など、日本には昔から年長者は経験豊富で、尊重すべきだという言葉が存在しますよね。 定年後のセカンドライフは、実際にそんな言葉を実践してみるのはいかがでしょうか。

この記事の目次

    今後の日本のキーパーソンはシニア層?

    「少子高齢化」はみなさんもよく耳にする言葉だと思います。
    少子化が問題となっている一方で、2035年には日本の人口のうち3人に1人が65歳以上になると予測されているのです。
    これにより、少ない若者がより多くの高齢者を支えていくことは、日本社会にとって大きな負担であるという記事や、ニュースを至るところで目にするようになりました。
    そういった面で、日本は世界からもネガティブなイメージを持たれてしまっています。

    イギリスの経済誌『エコノミスト』にはかつて、日本の高齢化を「日本の重荷」と揶揄した表現が掲載されたこともありました。
    他国に目を向けてみると、先進国では早い段階からシニア層を積極的に活用する動きがあります。

    例えば、アメリカでは1967年に「雇用における年齢差別禁止法(ADEA)」が制定されています。
    これは、40歳以上の人たちに限って雇用差別を禁止している点が大きな特徴です。
    これまで現役として働いてきたシニア層のスキルの高さを評価し、若年層よりもシニア層を積極的に雇う動きが表れた結果です。
    また、EUでは加盟国に対し「活力ある高齢化(アクティブエージング)」という高齢者雇用政策の方針を打ち出しています。

    世界ではこのように、シニア層を経済のプラスの働きとして活用する取り組みがなされているのです。
    そんな世界の国々では、シニアが若者に「教える」という機会も多くあるのだとか。
    例を挙げると、投資銀行に勤めていた人が学生向けにファイナンスを教えたり、エンジニアをやっていた人がモノづくりをレクチャーしたりと、そのジャンルは多岐に渡るといいます。
    まさに、年の功を生かして若年層への「学び」に役立てているのです。

    何か学びたい!資格を取得したい!まずは日本教師の資格を見てみませんか?

    pixta_38091117_M.jpg

    定年後は、人に教えるという選択肢を持つ

    自分のこれまで学んでいたことを、次世代の誰かの学びにしていく―。
    そんな「教える」ことは、とてもワクワクする、やりがいのある活動といえます。
    しかしそうはいっても、一体どうやって人に教える機会を持てばいいのだろうと、頭を悩ませてしまう方も少なくないと思います。
    そんな中、日本でもエイジフリーの社会を踏まえ、人生100年時代に向けて動き出しています。

    例えば現在、シニア層のための「学びたい人」と「教えたい人」をつなぐ場が数多く用意されています。
    あるサイトでは、自身の持っている資格や、キャリアを登録しておけば、講師の依頼がきたり、培ったキャリアを生かしてほしいというオファーが届いたりすることもあるのだとか。

    このように、インターネットを活用した学びを生かせる場に積極的にアクセスしてみるのも積んできたキャリアを生かす、いい機会になるかもしれません。
    また、日本の高齢者は世界に比べて働き続けたいと思っている割合が【日本(44.9%)・アメリカ(39.4%)・スウェーデン(36.6%)・ドイツ(22.7%)】と、高いことが窺えます。

    ※データ元:平成27年度 第8回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査結果「今後も収入の伴う仕事をしたい(続けたい)と思うか」

    このように、日本には働く意欲にあふれているアクティブシニアが多く存在しているのです。
    2020年3月31日に成立した、高年齢者雇用安定法では、65〜70歳までの就業機会確保として、フリーランス、起業、社会貢献活動など、今までなかった働き方が示され、これまで「もう歳だから...」と、年齢でチャレンジを諦めていたことの垣根はなくなりつつあります。
    長生きすることは人生のチャンスが広がる、ポジティブなものとして捉えられるようになりました。

    ここで、面白いお話をご紹介します。
    ある番組で「健康寿命を伸ばす生活習慣をAIに分析させる」という企画があり、その最重要項目にはなんと「本や雑誌をよく読む」がダントツで挙げられたというのです。
    実際に、アメリカのイエール大学では「健康と読書」についての論文もあるといいます。
    日本で見れば、山梨県は健康寿命(*)総合1位だそうですが、人口100万人当たりの図書館数が全国的に断然多いのだそうです。

    ※データ元:『精神科医が教える百歳人生を退屈しないヒント』著:保坂隆、だいわ文庫
          *健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間と定義され、病気などをせずに健康的に過ごせる期間のことをいう。

    こうしてみると、学ぶ意欲がある人の方が溌剌と生きていけるのかもしれませんね。
    有意義な生活を送るためにも、セカンドライフが始まってから慌ててしまわぬように現役時代から「資格取得」や「スキルアップ」を目指しておくと、人に教える機会に繋がり、それを働くことにも生かしていけます。

    【修正】日本教育クリエイト バナー.jpg

    まとめ

    これまで働くことで技術や技能を習得してきたシニア世代。
    引退後は好きなことをやりながら生活を送るのもいいかもしれませんが、蓄えてきた知識を若い世代に伝えるという役割を担いながら働くのもいいのかもしれません。
    定年後に時間を持て余さないためにも、働くことに繋がる資格取得も視野に入れ、やってみたい学びや資格を知っておくのもポイントです。
    引退後の私たちの時間こそ、ゆとりを持ちながら「人に教える機会」に恵まれているのです。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    【日本語講師養成講座】学校法人三幸学園グループ三幸日本語教師養成カレッジの詳細はコチラ 日本語教師の記事一覧はコチラ

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

    定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

    仕事を懸命にやってきてふと気づいてみれば、定年後のセカンドライフがもうすぐそこに……。これまで働いていた時間をいきなり自由に使えるといっても、実際にはどのように過ごせばいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は定年後に「人に教える」という時間の使い方があることをお伝えしていきたいと思います。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    老後は日本語のプロになって、新しい働き方を実現する

    老後は日本語のプロになって、新しい働き方を実現する

    みなさんは定年後、どのように過ごしたいと考えていますか。現役時代はせかせかした毎日を送ってきたからこそ、「ゆっくり、のんびり過ごしたい!」と考えられている方も多くいらっしゃると思います。しかし、現実は意外と違うのです! 驚かれるかもしれませんが、再雇用などで働いている人や、夢中になれるライフワークを持つ人の方が何もせずに家で過ごしている人よりも健康で溌剌としているのだといいます。体を休めている方が健康的なはずなのに、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    外国語を学ぶ前にちょっと待った! 本当に日本語を理解していますか?

    外国語を学ぶ前にちょっと待った! 本当に日本語を理解していますか?

    私たちは現在、国際化の時代に生きています。2020年の推計によれば、国外に住んでいる日本人の数はおよそ137万人。国別では、米国が最も多く、約43万人。次いで中国に、約11万人の日本人が在留しているのだそうです。 IT化も進んだことで、もはや世界のどこでも働け、生活できる時代となりました。そんな国際化の動きを受けて、日本国内でも外国語を学ぶ動きは加速しています。ある大学では10年後を目標に、2人に1人が海外留学、また全学生が国内外で国際体験することを目指しているなど、外国語を学ぶことに比重が置かれたカリキュラムが主軸となっているのです。そんな国際色が強い時代において、日本の文化や日本語を学ぶことの大切さが改めて見直されてきているといいます。※データ元:外務省HP「令和2年 海外在留邦人数調査統計」 

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    学んだことは一生の財産。学びを通じて副収入を得よう!

    学んだことは一生の財産。学びを通じて副収入を得よう!

    日本の平均寿命は男女ともに80歳を超え、世界から見ても超長寿国だといえます。昔、中国唐時代の詩人である杜甫は70歳まで生きることを「古来稀なり」と「70歳まで長生きする者は昔からきわめて稀である」と表現していますが、日本では現在およそ5人に1人が70歳以上です。昔から偉人達が財産を持ったとき、不老不死になるためにはどうしたらいいのか、そこに頭を悩ませてきたといいますから、昔の人が現代人の寿命を知ったなら驚き、羨ましいと感じるのではないでしょうか。昔と比べて長くなった私たちの人生。そんな延びた時間を私たちはどう生きていけばいいのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日
    これからは自国の言葉を学ぶ時代

    これからは自国の言葉を学ぶ時代

    経済協力開発機構(OECD)の世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に2018年に行った学習到達度調査(PISA)の結果が昨年公開されました。 日本は「読解力」が15位となり、前回2015年調査の8位から大きくランキングを下げました。これについて危機感を抱いた人も少なくなかったかもしれません。 どうしてこのような結果になってしまったのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日
    Zoomでの面接はこれで完璧!基本操作〜web面接やマナーまで

    Zoomでの面接はこれで完璧!基本操作〜web面接やマナーまで

    新型コロナウイルスの影響により、企業の採用活動もオンライン化が進みつつある現代。そこで今回は、web面接で利用されるZoomの特徴や面接の参加方法などを紹介します。web面接のマナーやよくある質問をQ&A式でまとめていますので、参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録