女性や中高年も活躍できる!体力仕事だけではない、引っ越しアルバイトの仕事内容とは?

  • 働き方を選ぶ
女性や中高年も活躍できる!体力仕事だけではない、引っ越しアルバイトの仕事内容とは?

引っ越しアルバイトに対して「体力勝負の男性が行う仕事」「筋力がないから無理かも」といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。そんな固定概念をくつがえすべく、女性や中高年も活躍できる仕事内容と待遇・職場環境についてご紹介します。

この記事の目次

    引っ越しに伴う作業全般をサポートする仕事

    引っ越しスタッフの仕事内容、実は多岐にわたります。主な内容として、荷物の搬出・運搬・搬入の3種類を見ておきましょう。

    ・搬出
    搬出とは、依頼を受けた荷物の運び出しを行うことです。「おまかせパック」のように、荷造りや梱包作業からサポートしていく現場もあります。

    梱包作業に含まれる範囲は業者によって異なりますが、毛布やクッション材で保護、安全に運べるようにセットすることが主な担当範囲です。
    荷物に傷がつかないよう、素材や形状に合わせて丁寧な作業が求められる反面、限られた時間で作業を完了させるスピード感も必要です。

    ・運搬
    運搬とは、運び出した荷物を引越し先に届けることです。精密機器を乗せていることも多く、運転技術が必要とされます。スタッフが多い場合は代表者に運搬を任せて公共交通機関から移動、現地で合流するケースもあるようです。

    助手席に座る場合はドライバーのアシスタントを担当するため、地図を見ながらの道案内や時間の管理、連絡作業を行います。

    ・搬入
    現地に着いたらすぐ、新居への搬入です。梱包した荷物の開封、運び入れを行って、お客様の希望に沿った作業をします。

    どの部屋にどの荷物を入れるのか指示をあおぐ際には、コミュニケーションスキルも必要です。要望をふまえて作業の手順を考えないと二度手間になることも多く、計画性が必要とされます。

    あなたのエリアの引っ越しなどを含む軽作業求人をチェックしてみよう!

    女性も活躍できる引っ越しのアルバイト

    pixta_25849324_M (1).jpg

    引っ越し作業をするにあたり、お客様の大切な荷物に傷をつけたり、ガラスが割れてしまったりすれば、会社の信用問題にも発展する大きな問題となります。損害賠償など実質的な損失はもちろん、悪い評判が広がることで顧客が集まりにくくなるリスクも生まれます。

    そこで頼りにしたいのは、スタッフの気配りです。普段から家事を行っている女性のきめ細やかな気配りや、暮らしの中で培ってきた生活の知恵が、梱包や開封作業で活かされます。力自慢でなくても活躍できるシーンはたくさんあり、自分らしさを出しながら働くことができるはずです。

    デリケートな荷物も多い女性のお客様からは、同性スタッフを希望する声もあります。業界としては男性が多い環境のため、女性の応募が重宝される求人も多くあります。

    現地直行・登録制など、家事や介護の合間に働きたい人にマッチする求人もあり、未経験からでも不安なく業務をスタートできる研修制度が整っている会社は、ブランク明けの社会復帰という人でも安心です。

    お客様と接する中で接客応対、ビジネスマナーを身に付けていけば、アルバイトから正社員を目指していくこともできるでしょう。

    引っ越しのアルバイトの待遇・職場環境は?

    引越しのアルバイトの平均的な時給は、勤務地やシーズン、雇用形態によって変わってきます。

    転勤や進学など引っ越しが集中するシーズンになると、時給がさらに上乗せされることもあり、年末や春の繁忙シーズンだけ集中的に稼ぐ働き方も可能です。

    雇用形態は、引っ越し業者に直接雇用されるほか、派遣会社に登録する方法もあります。短期集中で決まった時期だけ働きたい時には、登録制の求人を探してみましょう。

    引っ越しの仕事の働き方

    引っ越しの仕事は、見積業務を除き数人のチームで動きます。慣れないうちはベテランスタッフとの組み合わせで動くことも多いため、相談しながら必要なスキルを身に付けていきましょう。そのためチーム内でのコミュニケーションはとても重要といえます。

    また、女性や中高年の採用が増えているとはいえ、身体が資本の仕事。チームの誰かが欠けた場合には周囲に負担がかかりますから、体調管理も重要です。

    繁忙期には、1日で3~4件をこなす日も出てきたり、エレベーターがない物件では、階段を上り下りする場合もあります。

    疲れを翌日に持ち越さないためにも、帰宅後はゆっくり休む、栄養バランスを考えた食事をとるなど、規則正しい生活リズムをベースとして、ライフスタイルを工夫しましょう。

    引っ越しのアルバイトで身に付くスキル

    pixta_37874383_M (1).jpg

    大きな家具や重い荷物を運ぶにはコツがあり、ノウハウを身につけることによって、身体の負担を軽減できます。また、適度な運動を伴う働き方は、健康的な生活に繋がるでしょう。

    慣れないうちは「身体がつらい」と感じることもあるかもしれませんが、出勤日数や時間を調整すれば大丈夫です。慣れてきたあたりから徐々にシフトを増やしていくと、まとまった収入が期待されます。

    仕事の質が高まり、お客様からの評価が得られるようになった場合、時給や日給に反映される職場も多いようです。無理がないように働き方を調整しつつ、ステップアップを目指しましょう。

    引っ越しのアルバイトは求人数が安定している傾向があり、中高年の転職やブランク明けの社会復帰でも挑戦しやすい仕事です。引っ越しのアルバイトに関心を持った人は、具体的な求人を探してみましょう。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    引っ越しなどを含む軽作業の求人はコチラ 主婦の仕事選び、ポイントを全て教えます! 子育てと仕事、両立できないと思った時は? 楽な仕事ランキング!志望動機をポジティブに伝えるテクニックも 中高年歓迎のパート・アルバイトを探すには?求人探しのポイントについて

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    未経験でも大丈夫!コールセンターへの転職を成功させる際のポイントとは

    未経験でも大丈夫!コールセンターへの転職を成功させる際のポイントとは

    40代50代の女性から特に人気を集めるコールセンターの仕事。座り仕事であることや、一般事務よりも求人が多いことが人気を集める理由です。この年代からコールセンターの仕事に就くために押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年9月 3日
    ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

    ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

    今後の生活費や教育費などの不安から専業主婦(夫)から働きに出ようとする方が増えてきています。とはいえ、久しぶりの仕事復帰。どのようなパートを選ぶのがよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そうしたときに参考にしたい、仕事探しのポイントをお伝えいたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年7月22日
    交通誘導員の資格とはどんなもの?取得方法や難易度について徹底解説!

    交通誘導員の資格とはどんなもの?取得方法や難易度について徹底解説!

    中高年層でも採用されやすい。未経験でも正社員が目指せるなどの理由から、特に男性からの人気が高い交通誘導の仕事。キャリアアップに直結するのが資格の取得です。給与アップにつながる資格にはどのようなものがあるのか。その取得方法や難易度についてご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月19日
    交通誘導員の仕事内容が知りたい! メリット・デメリットも合わせてご紹介

    交通誘導員の仕事内容が知りたい! メリット・デメリットも合わせてご紹介

    街を歩けば目にする交通誘導の仕事ですが、具体的にどんなことをしているのかを知らない方が多いのではないでしょうか。交通誘導員になるための条件や資格。この仕事に就くメリットやミドルシニア層におすすめの理由などをご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月16日
    清掃業の志望動機の書き方を解説!業務内容・アピールポイント・例文付き

    清掃業の志望動機の書き方を解説!業務内容・アピールポイント・例文付き

    人によっては敬遠しがちだった清掃のお仕事も、コロナによる自粛以降は安定性に注目が集まりつつあります。多くの人が応募するようになると気になってくるのは、選考に受かるかどうか。内定を獲得するためには、工夫が必要です。業務内容を把握したうえでの、アピールの方法を例文付きで紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月11日
    交通誘導警備員ってどんな仕事?年収や資格取得方法についても紹介

    交通誘導警備員ってどんな仕事?年収や資格取得方法についても紹介

    ミドルシニア転職の定番とも言える職種が交通誘導警備員ですが、具体的な仕事内容などはあまり知られていないのではないでしょうか。どれくらいの年収が得られるのか、年収をアップするためにはどのような資格を取得するのが近道か。資格の取り方なども合わせてご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年6月 9日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)