35歳からの転職、活かせる経験や資格とは

  • 100年時代のライフデザイン
  • 転職・退職ノウハウ
35歳からの転職、活かせる経験や資格とは

30代に入り、仕事にも慣れてくると今後のキャリアプランに悩み始める方は多いのではないでしょうか。希望しない役職を任されたり、年収や待遇への疑問などで転職を考える一方、自分の年齢を理由に転職を足踏みしてしまう方も多いかもしれません。今回はそんな方々に転職する場合でも活かせる経験や資格、30代でも未経験歓迎な職種をご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

    35歳の転職、実際のところは?

    pixta_70548084_M.jpg

    30代の転職、特に35歳は「35歳の壁」という言葉があるように転職は難しいというイメージがあるかもしれません。
    第二新卒(新卒で入社して3年未満の求職者)という言葉ができたように、転職市場は20代の需要が高く、30代となると企業が求める要件もハードルが高くなっているのは事実です。

    【ポイント】30代の転職者数の内訳

    令和2年に厚労省が発表した雇用動向調査(※)によると、35歳~39歳の男性の転職入職率は7.6%、同年代の女性は10.6%でした。
    25歳~29歳と比較すると男性は5%、女性は3%ほど落ちているので20代と比較すると転職数は少ないと言わざるをえません。

    ※厚労省ホームページ 雇用動向調査より

    30代だからこそ活かせるスキル

    どの業界においても中間層の不足が言われて久しい昨今、長期キャリア育成のため第二新卒のような20代を求める求人もあれば、即戦力として社会人経験豊富な30代を求める求人もあります。
    後者のような求人が求職者に一体何を求めているのか、ご紹介していきます。

    1.マネジメントスキル

    30代は役職がつき始める方も多く、マネジメントを任せることを視野に入れた人事になりやすい年齢です。
    社会人として働いてきたことで培われたマネジメントスキルを持つ人材を欲する企業は少なくありません。
    役職についていた方はもちろん、ついていなかった方も、現場をまとめた機会がある方はぜひそれをアピールポイントとして使用しましょう。

    2.コミュニケーションスキル

    社会人として働き続けてきたということは、さまざまな人たちと一緒に働くことができたということ。
    20代でなく30代を求めるのは、20代にはない安定性やコミュニケーション力、折衝業務を期待している企業もあります。
    さまざまな意見や考えを持つ人々と気持ち良く働くためにどのような努力をしてきたか、アピールするのもひとつの手でしょう。

    【ポイント】自分が会社にとってどんな利益をもたらすのか、言語化する

    自社にとって有益な人材を採用したいのも採用側の本音です。
    有益とは「低いコストで、高いパフォーマンスを発揮してくれる」と言っても差し支えありません。
    そのため教育コストはより若い人材にかけ、30代以上には上記に述べた有益な人材―即戦力であることを期待しています。
    よって「仕事では日頃から後輩や部下の指導や統括にあたっていた」「20代前半には業務リーダーの経験がある」など、会社の発展に寄与してきた部分を言語化し、有益な人材だとアピールすることが、未経験、経験者問わず採用への近道となるでしょう。

    転職に活かせる資格ってある?

    pixta_62338162_M.jpg

    前述したように、30代の転職者に企業が求めるものは、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルといった、社会人経験の中で培われてきたものです。
    資格の有無はさほど影響しないのが実情ですが、有資格者限定の求人の場合は、法令上、資格を持っていないと業務に従事することができないので、資格取得は必要でしょう。

    また、国家資格ではなく民間資格は企業のニーズを満たすことは少なく、必ず転職に有利に働くとは限りません。アピールしたいのならば「この資格を持った上で何をした」「この業務のためにこの資格を取った」と資格を取った目的もセットで話すことで、計画性と実行力のアピールへとつながります。

    【ポイント】有資格者限定の求人は年齢の影響をさほど受けない。

    法令上、資格を持っていないと業務に従事することができない職種が存在します。その場合資格は国家が認定する資格が大半。代表的な例は医師、看護師、弁護士など。このような専門性が求められる求人は年齢の影響をさほど受けません。また社労士やフィナンシャルプランナーなどは、幅広い業界で重宝される業種です。一念発起して資格を取得し転職するのも一つの手でしょう。

    30代、未経験からでも歓迎される職種も!

    職種によっては、年齢に関わらず採用をしている企業もあります。
    ここではその例を5点ほど紹介していきます。

    営業職

    キャリア形成のねらいがければ、あらゆる業種で必要とされる職種のひとつです。特別な資格や技術が不要で、コミュニケーション能力や丁寧な対応ができる人が求められやすい職業でもあるのでぜひチェックしてみましょう。
    また保険会社や不動産会社などは、ファイナンシャルプランナーやファイナンシャルプランナーなどの資格を取得すれば、さらにスキルアップを目指すことができます。

    IT系の職種

    IT業界は2030年には79万人が不足すると言われ、未経験採用が多く、研修内容も充実しているのが特徴です。今後も需要が拡大していくことが見込まれるため、将来性や安定性もある業界といえるでしょう。

    介護職

    人手不足が言われて久しく、また40代50代が多く活躍している業界でもあります。
    30代未経験からでも充分就職できる職場といえるでしょう。無資格で働きながら資格取得を目指すこともでき、資格手当が充実している業界でもあります。
    実務経験を重ねれば、介護福祉士や相談専門員、ケアマネージャーなどキャリアアップの選択肢もあります。

    【ポイント】自分のできることを言語化し、企業とマッチングしているか確かめる

    できるだけ有能な人材を採用したいのが採用側の本音です。「これだけのことはできてほしい」という目線も持っています。
    ここでポイントなのは、万能ではなく有能という点。何でもできる必要はなく、会社にとっての利益が、自分の経験上やってきたことや、得意とすることと合致するかが大事です。
    企業研究を進め、アピールしていきましょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    35歳というのは、20代と比較すると求められるものは多くなりますが、明確な転職理由や自分の経歴の言語化に努めれば、まだまだ多彩なキャリアが描ける年齢です。
    ぜひ今回ご紹介したポイントを活かし、あなたのよりよい未来を描いていただけたらと思います。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    「転職・退職のノウハウ」についてはコチラ

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    中高年の抱える悩みとは?

    中高年の抱える悩みとは?

    出逢いの数だけ別れがある―。 私たちの人生は、多くの出逢いと別れが繰り返されます。歳を取れば、出会いより別れが多くなるもの。今回は、中高年で悩み始める老後の不安の一つ、孤独についてお送りいたします。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月24日
    ミドルシニアにおススメの財形貯蓄とは

    ミドルシニアにおススメの財形貯蓄とは

    老後の資金確保や形成には、さまざまな方法がありますが、やはり自分に合った方法で貯蓄していくのがベストといえるでしょう。沢山お金を稼ぐことは重要ですが、貯めたり増やしたりすることも同様に重要です。今回はその方法の1つとして有効な「財形貯蓄」について紹介していきます。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月21日
    40代から始める老後資金の準備と計画とは

    40代から始める老後資金の準備と計画とは

    40代に差し掛かると、残り20年余りで迫る老後のために老後資金の準備を始めようと考える方も多いのではないでしょうか。とはいうものの、子どもの教育費や進学費用、住宅ローンなどのさまざまな支出が多くなる中で、貯金していくのは大変です。今回はそんな40代の方に向けて、同年代の貯金額の平均値と中央値や賢く資金を貯める方法を中心にお伝えしていきます。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月21日
    人生100年時代。35歳から考えるキャリアデザインとは?

    人生100年時代。35歳から考えるキャリアデザインとは?

    キャリアデザインという言葉を聞いたことがありますでしょうか。社会の目まぐるしい変化や働き方の多様化がすすむ今の時代。自己実現を目的としたキャリアデザインを支援する企業も多くなってきました。今回はキャリアデザインとは?というところからその背景や重要性、方法などについてお伝えしていきます。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年12月10日
    35歳からのキャリアの行き詰まりから脱却する方法をご紹介

    35歳からのキャリアの行き詰まりから脱却する方法をご紹介

    30代に入り、仕事にも慣れてくると今後のキャリアプランに悩み始める方は多いのではないでしょうか。希望しない役職を任されたり、年収や待遇への疑問などで今の会社で「行き詰まり」を感じている方も少なくないと思います。今回はそんな方々に行き詰まりからの脱却方法としての転職と、その落とし穴についてお伝えしていきたいと思います。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年11月29日
    フレイル予防とは?ミドルシニア世代が始めるべき健康寿命の延命

    フレイル予防とは?ミドルシニア世代が始めるべき健康寿命の延命

    世間的にまだあまりなじみがない「フレイル」と言う言葉。「フレイル」は、医学用語であり、加齢によって心身が衰弱することを言います。年を重ねる上で、こうした状態は当然と考えられてきましたが、適切な対策をするかしないかで将来の過ごし方が大きく変わってくるのです。今回の記事では、できるだけ長く健康で自立した生活を送るために、ミドルシニア世代が始めるべきフレイル予防を紹介します。

    • 100年時代のライフデザイン
    • 2021年11月12日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)