定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

  • ちょっと得する知識
定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

仕事を懸命にやってきてふと気づいてみれば、定年後のセカンドライフがもうすぐそこに……。これまで働いていた時間をいきなり自由に使えるといっても、実際にはどのように過ごせばいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は定年後に「人に教える」という時間の使い方があることをお伝えしていきたいと思います。

この記事の目次

    定年後の時間の向き合い方とは?

    人生100年時代が現実のものとなった、昨今。
    私たちは毎日多くの時間を学校や会社で過ごしてきました。

    そして、この生活は仕事をリタイアするまでおよそ60年近く続きます。
    日常のほとんどの時間を仕事のために使わざるを得ない状況では、ゆっくり自分のために使える時間も少なかったのにも関わらず、定年後は時間が余るほどできてしまうのです。

    仕事を生きがいにしていた人にとっては、仕事のない生活がストレスになってしまうことにもなりかねません。
    地域の行事に参加したり、地域福祉に取り組んだりなど、ご自身で新しい生きがいを見つけられる人はいいのですが、仕事がなくなったことによって人間関係が希薄になってしまう人も少なくないのが実情です。

    それまでは仕事がストレスだと感じていても、意外にそれが生きがいになっていたということも珍しいことではないのです。
    また、働かなくなったことで身体の衰えを感じることも多くなります。それがきっかけで病気になってしまい、病気になってしまったことで介護が必要になることも......。

    そうならないためにも、定年後の時間を充実したものにするためには、生活パターンが大きく変化することをきちんと知った上で、セカンドライフの過ごし方を準備しておく必要があるのです。

    定年後は、どのような過ごし方があるのか?

    定年後に趣味がない場合は、誰かと会う機会が減ってしまい、行動範囲が狭くなりがちで体力もそれに伴い落ちてしまうという悪循環が起こりがちです。

    【ソニー生命保険株式会社「シニアの生活意識調査2020」シニアの楽しみ】によれば、全国のシニア(50歳~79歳)の男女を対象に現在の楽しみを聞いたところ、「旅行」(43.4%)が最も高く、次いで、「テレビ/ドラマ」(34.6%)、「読書」(29.2%)、「グルメ」(28.7%)、「健康」(26.6%)となったといいます。

    これを見れば、アンケートを行った人の約半数が旅行を楽しみにしていることがわかります。しかし、新型コロナウイルス感染症の蔓延からもわかるように、旅行に出かけられないという事態が起こらないとも限りません。

    そんなとき、楽しみにしていることが「旅行」だとしたらどうでしょうか。家に閉じこもり、旅行に行けないことへのフラストレーションを抱えてしまうことにもなりかねません。

    どのような状況においても、楽しめるものや打ち込める何かがセカンドライフの選択肢にあればいいとは思いませんか?

    ※データ元:ソニー生命保険株式会社「シニアの生活意識調査2020」

    pixta_67166423_M.jpg

    現代だからこそ「人に教える」という選択肢を!

    一人でいると過ぎていく時間も退屈に感じてしまいますが、ご友人がいたらどうでしょう。
    カフェでお茶をしながら話しているだけでも時間は過ぎていくのを早いと感じた経験はありませんか?

    「でも......周りにそんな気の置けない友人なんていないのよね」と、友人たちのライフスタイルと自身の生活リズムが異なるために、気軽にお茶に誘えるご友人がいない方も多いと言います。
    しかも、学生時代は難しくなかった友人作りも、ひとたび大人になると何だか面倒で大変な気がしますよね。

    そこで、老後の有り余った時間を使ってSNSやデジタルメディアなどを活用してみてはいかがでしょうか。
    オンライン上では気兼ねなく、好きな時に誰かとコミュニケーションを取ることができます。

    デジタルという言葉が付くと、ついつい若者のものと思われがちですが、最近では社会人の学びを主軸としたオンライン教育プラット
    フォームの開設や、日本語を学びたい外国人のためにシニアを対象にした日本語でのおしゃべりを楽しんでもらおうというアプリなども登場しています。

    「人に教える」ということは知識や知見を持った人でなくてはなりません。
    その観点でいえば、幅広く様々な経験をしてきたシニアの方々は「教える人」にはうってつけの存在です。

    趣味にしていた釣りをYouTubeのチャンネルにしたり、料理が得意な方はオンラインの料理教室などを開いたりすることもできます。
    自分の得意や好きなことを教えることで誰かの役に立つのだとしたらなんだかワクワクしませんか。

    他者の役に立っているという「貢献感」は幸福を感じ、生きる力になるというデータもあるほどです。

    ただでさえ孤独を感じてしまいやすい老後なのにも関わらず、現在はコロナ禍で外にも気軽に出られなくなりました。
    周りとのコミュニケーションを取る上でもこういったソーシャルメディアを活用するのも一つの手ではないでしょうか。

    また、せっかく人に教えるのであれば、老後になる前に資格や検定などに挑戦して何かのプロになっておけば、すぐに「先生」として活躍することができます。

    まとめ

    定年退職後の生活は誰しも元気で活動的なものにしたいですよね。
    そのような生活を送るためには、セカンドライフの過ごし方を日頃から考えておくのが大切です。

    定年後に時間を持て余さないためにも、「人に教える」という誰かの役に立つ趣味を持つことは、充実したセカンドライフを送るヒントなのかもしれません。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    日本語教師の記事一覧はコチラ

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    人生100時代を生き抜くために、在職定時改定を知っておく!

    人生100時代を生き抜くために、在職定時改定を知っておく!

    皆さん、2022年4月から「在職定時改定」という制度が導入されることをご存じですか?まだ知らないという方も人生100年時代を生き抜くために、在職定時改定をきちんと把握しておきましょう!

    • ちょっと得する知識
    • 2022年4月18日
    高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

    高年齢再就職給付金を活用して、心に余裕のある再就職を!

    健康なうちは働きたいと思っている方が多くいらっしゃいますが、企業によっては定年以降、社員の雇用が難しいところも…。さらに、今後は年金の受給年齢も上がることが予想されています。そこで今回、シニアの再就職で活用すべき高年齢再就職給付金についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年3月16日
    再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    再就職手当を受け取って、損をしない再就職を目指そう!

    春先になると、転職をして新たなライフステージを迎える方が多くなる頃。しかし、再就職するにあたり再就職手当を理解していない人も多いのだそう。本日は、再就職で損をしないためにも再就職手当についてご紹介します。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年2月22日
    介護保険料とは?支払い開始時期や金額など疑問を解決

    介護保険料とは?支払い開始時期や金額など疑問を解決

    ミドルシニア層になると老後における介護について、少しずつ考え始めるのではないでしょうか。介護の負担を軽減するために制定された介護保険。今回は、その介護保険にかかる介護保険料の支払い開始時期や実際に支払う料金について詳しくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2022年2月 1日
    ミドルシニア世代の副業・兼業に秘められた可能性。メリットとデメリットを解説

    ミドルシニア世代の副業・兼業に秘められた可能性。メリットとデメリットを解説

    コロナウイルスの永続化や定年制度の延長など、急激な社会の変化に直面するなかで、キャリアを見つめ直すミドルシニア世代(40代から60代)が増えています。これまでは本業一本で仕事をしていた人も、副業や兼業に一歩踏み出したいと考えている人も多いはず。そこで今回は、ミドルシニア世代の副業や兼業の可能性やメリット・デメリット、注意すべきポイントなどを紹介していきます。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年12月21日
    扶養内の働き方。130万円の壁だけじゃない!意外な落とし穴をご紹介

    扶養内の働き方。130万円の壁だけじゃない!意外な落とし穴をご紹介

    家計にプラスの収入は欲しいけれど、家事や育児との両立を考えて扶養控除の範囲内で働く、という方は多いでしょう。そうした“扶養内ワーカー”の皆さんが毎年、収入の目安としているのが年収130万円未満、いわゆる「年収130万円の壁」ではないでしょうか。ただ、その壁をうっかり超えてしまったらどうなるのか、については意外と知られていません。そこで今回、収入の壁を超えた場合、どのような影響があるのか、どのように行動すればよいのかを解説します。「これから扶養に入る」という方も、ぜひ参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年12月 8日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録