コールセンターの仕事にパソコンスキルは必須?必要スキルや身に付くスキルとは

  • 働き方を選ぶ
コールセンターの仕事にパソコンスキルは必須?必要スキルや身に付くスキルとは

コールセンターのオペレーターの求人は、未経験者を歓迎する内容がほとんど。しかし、「会話のスキルが必要なのでは?」、「高度なパソコンスキルがなければ厳しい?」など、スキル面を不安に思う人も少なくないのではないでしょうか?そこで今回は、コールセンター未経験の方に向けて、のオペレーターに必要なスキルと、オペレーターの仕事で習得できるスキルを紹介します。

この記事の目次

    コールセンターのオペレーターに必要な3つのスキル

    コールセンターのオペレーターは、電話応対をしながら事務処理をこなしており、さまざまなスキルが必要になります。
    まずはどんなスキルがコールセンターのオペレーターに必要になるのかを紹介します。

    1.電話応対スキル

    コールセンターのオペレーターは、お客様と電話を通じたやりとりが主な業務になるので、電話応対スキルは必須です。
    キレイな言葉遣いや敬語はもちろん、ハキハキと明るさの感じられる話し方が求められるでしょう。
    その他、オペレーターはお客様の質問や要望を正しく理解する必要があるため、傾聴力も大切です。

    電話は、声色で相手の状況や心情を理解しなければならないので、対面での対話と比べ、高いコミュニケーション力が必要。
    そして、それぞれのお客様のペースに合う相槌や、言葉選びも重要になります。
    時には言葉・感情のキャッチボールが難しいお客様やクレーム案件にあたる場合もありますが、電話応対スキルを磨くことでそうした問題も起きにくくなるでしょう。

    2.パソコンスキル

    オペレーターは、電話応対と並行しながらお客様との電話応対を記録したり、注文情報を入力したりするので、パソコン操作のスキルも大切です。
    とはいっても、難しいパソコンスキルが必要な訳ではなく、ある程度の速度でキーボード入力ができればOK。
    入力が速ければお客様をお待たせすることなくスムーズに対応でき、応答率の向上にもつながるので、重宝されます。

    3.業務・商品知識

    コールセンターが設置されている業界は、通販、金融、保険、通信などさまざまで、扱うサービスや商品もさまざま。
    例えば、金融業界のコールセンターでオペレーターをする場合には、金融サービス、各種ローン、貯蓄商品などをお客様にご案内しなければなりません。
    そのため、自分が担当する業務や商品の知識を学び習得する必要があります。

    ただし、入社前にこれらの知識が必要になる訳ではなく、入社後の研修で習得できますので安心してください。
    業界によっては業務・商品知識を習得するための研修に数ヵ月かかる場合もありますので、その意味では、少しでも関心のある業界のコールセンターを選び、興味を持って取り組むのがおすすめです。

    コールセンターのオペレーターで身に付くスキル

    pixta_70451737_M.jpg

    コールセンターのオペレーター業務では、どんなビジネスにも役立つスキルが身に付きます。ここではそんなコールセンターの仕事で身に付くマルチスキルを紹介します。

    1.コミュニケーションスキル

    オペレーター業務は、さまざまなお客様の対応をするので、コミュニケーションスキルが身に付きます。
    声だけでのやりとりになる為、好感度を意識した言葉遣いや丁寧な説明などを意識し、お客様対応します。
    声色で相手の状況を察知するようにもなるので、洞察力も高まり、自然にコミュニケーションスキルが向上していくのです。

    2.事務処理スキル

    電話応対しつつ、お客様情報の記録・注文などを並行するオペレーター業務。場合によっては、上司や責任者、他部署への業務連絡が必要になることもあります。
    そうした業務をこなしていく上で、パソコンスキルや電話応対スキルなどの事務処理スキルが身に付き、向上されていくでしょう。

    3.コンプライアンススキル

    法律や規則を守って企業活動すること指すコンプライアンス。
    お客様の個人情報をお預かりするコールセンターのオペレーターは、常にコンプライアンスと隣り合わせの仕事です。
    大半のコールセンターでは、入社時に個人情報保護に関わる研修を実施しているほか、入社後にも定期的に研修するケースも多く、コンプライアンスについての理解を深められます。

    4.クレーム対応スキル

    オペレーター業務では、時にはクレーム対応が必要になる場面も。
    コールセンターにはノウハウが蓄積されていますので、クレーム対応方法についても所定のマニュアルが準備されています。
    基礎をベースにお客様に対応することで、確かなクレーム対応スキルが構築できます。
    また、クレーム対応ではマニュアルにない対応を強いられる場合も。そうした経験を重ね、上司の対応を学ぶことで、クレーム対応スキルが向上されていくでしょう。

    5.マネジメントスキル

    SVやLDなど、管理職にステップアップした場合には、上述したスキルに加え、マネジメントスキルも習得できます。
    管理職になると、コールセンターがスムーズに運営されるようにスタッフの研修・育成や、シフト調整業務にも携わります。
    そうした経験から、いちビジネスパーソンとして活躍できるマネジメントスキルが身に付きます。

    《おまけ》オペレーター業務で成約率を上げるコツ

    pixta_80705030_M.jpg

    オペレーターは、お客様からの問い合わせを受けるインバウンド業務と、こちらからお客様にサービス商品提案の電話をかけるアウトバウンド業務があります。
    特にアウトバウンド業務では、話し方や提案の仕方などで、成約率がぐんと変わってくるもの。最後にお客様の興味を引き、成約率を上げる方法を紹介します。

    1.架電から10秒で用件を伝える

    アウトバウンド業務では、まずお相手に「どんな用件で電話をかけたのか」を伝えることが大切です。
    前置きが長いと相手に不快感を与えてしまう恐れがあり、電話を切られてしまう場合もありますので、できるだけ早く簡潔に用件を伝えてください。
    「私〇〇社の△△と申します。本日は、××のサービスのご案内でお電話いたしました。今少しお時間頂戴できますでしょうか?」など、
    お相手が電話に出てから10秒以内を目安に、的確に用件を伝えることを意識しましょう。

    2.メリットを簡潔に伝える

    お相手が話を聞くことに同意いただけたら、提案するサービス・商品の特徴とともに、お客様にとってのメリットを簡潔に伝えることが大切です。
    企業に向けたアウトバウンドの場合であれば、「御社のサービスの課題になりやすい◎◎の解決に役立つ商品です」と言うような伝え方が一般的です。

    3.1日の業務を振り返る

    ただ猪突猛進に数をこなすのも大事ですが、それだけでは成約数の向上にはなかなか繋がりません。1日の業務が終了する時に、契約が取れた理由・取れなかった理由やお客様から指摘されたポイントを振り返るのが大切です。振り返ることで自分の業務姿勢の見直しにも繋がり、翌日からの業務活かせます。振り返っても改善点が見つからない場合は、先輩にアドバイスをもらい、新たな気づきを習得しましょう。

    まとめ

    今回は、コールセンターのオペレーターに必要なスキルと、身に付くスキルについて紹介してきました。
    電話応対だけでなくマルチなスキルが必要になる職種のため、心理的な負担も少なくありません。
    しかし、将来的にどんな業界、職種でも活かせるビジネススキルが身に付く仕事かつ、お客様の感謝の声をダイレクトに聞けるなど、さまざまなやりがいを感じられる仕事でもあります。
    そうしたメリット・デメリットも念頭に置き、コールセンターでの仕事に挑戦してみてください。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    ミドルシニアマガジンのコールセンター記事はこちら

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    主婦の技がキラリと輝く!ホテル清掃の仕事とは

    主婦の技がキラリと輝く!ホテル清掃の仕事とは

    主婦に人気の仕事の1つである「ホテル清掃」。コロナが落ち着きを見せている昨今、まだまだ必要とされる仕事でもあります。今回は、そんなホテル清掃の仕事内容や志望動機の考え方を中心にお伝えしていきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2022年1月 7日
    施設警備員になるためには?働き方や業務内容について解説

    施設警備員になるためには?働き方や業務内容について解説

    施設警備員の仕事が気になるけど、「未経験でもできる仕事なのか」「夜勤や業務内容を詳しく知りたい」など、疑問を持っている方も多くいらっしゃると思います。今回は施設警備員になりたい方向けに、なるために必要なことや業務内容などを紹介していきます。

    • 働き方を選ぶ
    • 2021年12月21日
    コールセンターの志望動機の書き方は?インバウンド&アウトバウンド向けの例文あり

    コールセンターの志望動機の書き方は?インバウンド&アウトバウンド向けの例文あり

    高時給でシフトの融通が利くなど、魅力的な条件が揃っているコールセンターの仕事。志望動機には、こうした条件面に惹かれたと正直に書くのも良いですが、それだけでは心象に影響する場合もあります。そこで今回は、コールセンターの仕事に応募する際により効果的な志望動機の書き方のポイントや例文を紹介します。

    • 働き方を選ぶ
    • 2021年10月28日
    業務委託は自分の希望を叶える選択肢!?気になる仕組みと中高年にオススメの職種をご紹介!

    業務委託は自分の希望を叶える選択肢!?気になる仕組みと中高年にオススメの職種をご紹介!

    「自宅でできる仕事がしたい」「自分の都合に合わせて働きたい」という観点で仕事を探している方も多いのでは?そんなあなたの希望を叶える答えの一つは「業務委託」の仕事かもしれません。なんとなく不安な気持ちを解消するために、業務委託の仕組みや注意するポイント、中高年から人気の職種までご紹介します。

    • 働き方を選ぶ
    • 2021年3月17日
    未経験でも大丈夫!コールセンターへの転職を成功させる際のポイントとは

    未経験でも大丈夫!コールセンターへの転職を成功させる際のポイントとは

    40代50代の女性から特に人気を集めるコールセンターの仕事。座り仕事であることや、一般事務よりも求人が多いことが人気を集める理由です。この年代からコールセンターの仕事に就くために押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2020年9月 3日
    ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

    ブランクがあっても大丈夫!パートを探す前に準備しておきたいこと

    今後の生活費や教育費などの不安から専業主婦(夫)から働きに出ようとする方が増えてきています。とはいえ、久しぶりの仕事復帰。どのようなパートを選ぶのがよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そうしたときに参考にしたい、仕事探しのポイントをお伝えいたします。

    • 働き方を選ぶ
    • 2021年11月22日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)