老後は日本語のプロになって、新しい働き方を実現する

  • ちょっと得する知識
老後は日本語のプロになって、新しい働き方を実現する

みなさんは定年後、どのように過ごしたいと考えていますか。現役時代はせかせかした毎日を送ってきたからこそ、「ゆっくり、のんびり過ごしたい!」と考えられている方も多くいらっしゃると思います。しかし、現実は意外と違うのです! 驚かれるかもしれませんが、再雇用などで働いている人や、夢中になれるライフワークを持つ人の方が何もせずに家で過ごしている人よりも健康で溌剌としているのだといいます。体を休めている方が健康的なはずなのに、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

この記事の目次

    時間は有り余るほどあるけれども・・・

    現役時代と定年後をわかりやすく、数字で表してみたいと思います。

    22歳から65歳までの43年間働いていた時間を単純に計算すると、※8万6,000時間。
    (※8時間×250日×43年=8万6,000時間として算出)

    定年後、65歳から85歳まで20年間の自由に使える時間は※10万2,200時間。
    (※14時間×365日×20年=10万2,200時間として算出)

    それぞれのライフスタイルや働き方にもよりますが、定年後の時間は働いていた時間よりも長いことがわかります。
    さらに、人生100年時代と言われる現代ですから、定年後の時間は長生きをすればするほど増えていきます。
    この定年後こそ、新たな自分の人生のステージが始まるといっても過言ではありません。

    ある英国の金融機関の調査では定年退職後や引退後に暇だと感じ始めるようになるのは10か月というデータもあり、ヒトは何もせずにボーっとしていられない生き物だということもわかってきたのだそうです。

    具体的に何をすればいいかわからない人が多数!

    【ファイナンシャルアカデミーによる「定年後のキャリア」に関する意識調査】によれば、調査対象の全体の約7割の人が「給料が下がっても働きたい」と回答したといいます。
    その理由には「老後資金の確保のため」「生きがいだから」「社会とのつながりを持ちたい」などが挙がったといいます。
    ただ、定年後のキャリア対策については「十分できている」と回答した人は全体のわずか1%という結果になったのだとか。
    定年後も働きたいと思っている人が多数派であるにも関わらず、そのための準備をできている人はあまりいないことがわかります。
    そして、定年後のキャリア対策について「十分できている」「まあできている」と回答した人たちでも現在持っているスキルを上げることや情報収集は行っていても、「資格取得」や「学校等で専門的な知識を学ぶ」「習い事をする」といった具体的な行動に移している人は少ないのだそうです。

    ※データ元:日本ファイナンシャルアカデミー「定年後のキャリア」に関する意識調査2019

    日本語教師の資格を取得してみませんか?


    pixta_33888928_M.jpg

    現役時代から学びを視野に入れる「リカレント教育」

    日本では、本格的に「人生100年時代」が始まろうとしています。
    男女問わず若者から高齢者まで国民全員が社会で活躍することが求められているのです。
    定年退職後の再雇用や再就職で活躍するためにも、絶えず新しい知識を身に付けることが大切です。そのための手段として、リカレント教育が注目されています。
    これは社会人のための学びとも言われます。「何歳から何歳まで」といった年齢制限もないため、定年退職者がリカレント教育を受けることも多いのだとか。

    内閣官房の人生100年時代構想推進室は、2018年に『リカレント教育参考資料』を発表しました。
    リカレント教育とは、学校教育から離れて社会人になった後でも、仕事で求められる能力の向上や自己研鑽を目的に励む、学びのことを指します。
    社会人になってから専門的な知識やスキルを学ぶため、「社会人の学び直し」と呼ばれることもあります。
    この資料によると、高等教育機関への25歳以上の入学者の割合は、OECD参加国の平均が16.6%なのに対し、日本は2.5%とその割合が著しく低いことが分かっています。
    また、「仕事が忙しくて学び直しの余裕がない」「費用がかかりすぎる」といった理由から、学び直しに問題があると感じている社会人が8割近くもいることもわかりました。

    このように日本では、リカレント教育はまだあまり普及していませんが、「人生100年時代」を見据え、キャリア相談を設けるなど、現在国主導でリカレント教育を進める取り組みがなされています。

    ※データ元:平成30年3月内閣官房人生100年時代構想推進室「リカレント教育 参考資料」

    あまり知られていない、日本語を学ぶメリット!

    スーパーやコンビニなどに行くとほとんどの店員さんが外国の人だった、なんて経験はありませんか? 
    たとえばネパールやブータンなどでは、外国人観光客に接する仕事に就ければ安定的な収入を得ることができるのだそうです。
    また、ベトナムやタイでは日本企業に採用されても、日本語ができるとできないとでは、収入が倍くらい違うといいます。
    そういったこともあり、日本で語学を学ぶ外国人はとても多いのです。

    しかしながら日本では、外国人日本語留学生は増加しているのにも関わらず、日本語教師は圧倒的に不足しているという実情があります。
    そのため、日本語教師の求人には「50歳以上、初心者歓迎」、「定年後の方OK」といった求人が多く見受けられます。
    日本語を使いこなすプロになるためにはきちんとした資格取得が必要になりますが、その資格取得には時間もかかるため、日本語学校は常に講師不足だというのです。
    しかし、この資格は一度職を得てしまえば、70歳を過ぎても働けるので、定年退職後に日本語教師になる人もいるのだとか。
    さらに、海外では日本よりもさらに日本語教師が不足しており、インターネットの求人サイトでは65歳初心者でも募集可能な案件などもみられます。
    ですから、セカンドライフのイメージが具体的にできていない方は、まずは日本語のプロになっておくだけで将来の働き口が大きく広がるのです。

    【修正】日本教育クリエイト バナー.jpg

    まとめ


    老後という時間は私たちが考えているよりとても長いです。
    ただし、きちんと自分でその老後をイメージできなければ、せっかくの限りある時間を無駄に過ごしてしまいかねません。
    「うちのじいちゃんかっこいいんだぜッ」「私のおばあちゃんいつまでも元気!」と、孫たちから称賛されるような老後を送るためにも、現役時代のうちから資格取得を考えておくのは一つの手でしょう。

    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録

    関連記事

    【データ元】外務省HP「令和2年 海外在留邦人数調査統計」  【日本語講師養成講座】学校法人三幸学園グループのHPはコチラ

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

    定年後の趣味に、人に教えるという選択肢を

    仕事を懸命にやってきてふと気づいてみれば、定年後のセカンドライフがもうすぐそこに……。これまで働いていた時間をいきなり自由に使えるといっても、実際にはどのように過ごせばいいのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は定年後に「人に教える」という時間の使い方があることをお伝えしていきたいと思います。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    外国語を学ぶ前にちょっと待った! 本当に日本語を理解していますか?

    外国語を学ぶ前にちょっと待った! 本当に日本語を理解していますか?

    私たちは現在、国際化の時代に生きています。2020年の推計によれば、国外に住んでいる日本人の数はおよそ137万人。国別では、米国が最も多く、約43万人。次いで中国に、約11万人の日本人が在留しているのだそうです。 IT化も進んだことで、もはや世界のどこでも働け、生活できる時代となりました。そんな国際化の動きを受けて、日本国内でも外国語を学ぶ動きは加速しています。ある大学では10年後を目標に、2人に1人が海外留学、また全学生が国内外で国際体験することを目指しているなど、外国語を学ぶことに比重が置かれたカリキュラムが主軸となっているのです。そんな国際色が強い時代において、日本の文化や日本語を学ぶことの大切さが改めて見直されてきているといいます。※データ元:外務省HP「令和2年 海外在留邦人数調査統計」 

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月17日
    定年後こそ、人に教える機会に恵まれる

    定年後こそ、人に教える機会に恵まれる

    「亀の甲より年の功」、「おばあちゃんの知恵袋」など、日本には昔から年長者は経験豊富で、尊重すべきだという言葉が存在しますよね。 定年後のセカンドライフは、実際にそんな言葉を実践してみるのはいかがでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日
    学んだことは一生の財産。学びを通じて副収入を得よう!

    学んだことは一生の財産。学びを通じて副収入を得よう!

    日本の平均寿命は男女ともに80歳を超え、世界から見ても超長寿国だといえます。昔、中国唐時代の詩人である杜甫は70歳まで生きることを「古来稀なり」と「70歳まで長生きする者は昔からきわめて稀である」と表現していますが、日本では現在およそ5人に1人が70歳以上です。昔から偉人達が財産を持ったとき、不老不死になるためにはどうしたらいいのか、そこに頭を悩ませてきたといいますから、昔の人が現代人の寿命を知ったなら驚き、羨ましいと感じるのではないでしょうか。昔と比べて長くなった私たちの人生。そんな延びた時間を私たちはどう生きていけばいいのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日
    これからは自国の言葉を学ぶ時代

    これからは自国の言葉を学ぶ時代

    経済協力開発機構(OECD)の世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に2018年に行った学習到達度調査(PISA)の結果が昨年公開されました。 日本は「読解力」が15位となり、前回2015年調査の8位から大きくランキングを下げました。これについて危機感を抱いた人も少なくなかったかもしれません。 どうしてこのような結果になってしまったのでしょうか。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日
    Zoomでの面接はこれで完璧!基本操作〜web面接やマナーまで

    Zoomでの面接はこれで完璧!基本操作〜web面接やマナーまで

    新型コロナウイルスの影響により、企業の採用活動もオンライン化が進みつつある現代。そこで今回は、web面接で利用されるZoomの特徴や面接の参加方法などを紹介します。web面接のマナーやよくある質問をQ&A式でまとめていますので、参考にしてみてください。

    • ちょっと得する知識
    • 2021年11月16日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録 マイナビミドルシニアに会員登録