お客様の「生きる力」を育む会社を目指して。中高年を採用し活躍の場を作る「地域に密着した介護施設」|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

  • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
お客様の「生きる力」を育む会社を目指して。中高年を採用し活躍の場を作る「地域に密着した介護施設」|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

創業の1995年より、「生きる力の介護・生きる力を引き出す介護」を事業理念として掲げてきた、株式会社らいふ。2020年4月にALSOKグループに加わりました。地域に密着した運営と中高年採用に注力し、生きる力を育む介護施設を目指す背景とそのマインドを取締役の佐藤由美子氏にお伺いしました。

この記事の目次

    ALSOKグループとしての介護事業への事業理念と思い

    当社は2020年の4月にALSOKグループの一員となり、「生きる力の介護・生きる力を引き出す介護」という事業理念のもと、創業時より27年間運営を続けております。

    そして、2020年10月にこれまでALSOKグループの各社(新たにグループ入りした(株)らいふは除く)が実施していた介護事業が統一・統合され、ALSOK介護として新しいスタートをきる運びとなりました。

    それと同時に「ALSOKの介護」のグループ理念を「一人ひとりのお客様に誠実に寄り添い、お客様の自分らしい暮らしをサポートすることで、お客様から確かな信頼を得るとともに社会の付託に応えてまいります。」と定めました。

    当社としては、グループに加わり、統一・統合後も変わらず、お客様が潜在的に持っている希望を叶えることや、それを叶えることで生きる力というものを最後まで持ち続けていただく、ということを第一に考えたサービスや介護を実施しています。

    また、グループとしてより安定した経営基盤を持つこと、グループと協力していくことで、「生きる力」を引き出す介護の実現に大きく一歩を踏み出しました。

    そして、より多くのお客様と関わりを持たせていただく機会を得て、組織としてのコンプライアンス面や従業員の採用、育成面でこれまで以上の進化を遂げることができると考えています。

    お客様の生きる力を引き出す介護。「新生活サービス」とは

    先ほども触れたように、私たちは介護・介助を通し、お客様が潜在的に持っている希望を叶えること、叶えるお手伝いをさせていただくことで「生きがい・やりがい」を持って生活していただくことが最も大切なことだと考えています。

    他の企業でも実施しているような「カラオケに行きたい」というご要望をはじめとして、「お料理教室を開講したい」「家族と旅行に行きたい」など、非常に個人的な希望まで可能な限りお応えしていくことに力を入れています。

    これは一例ですが、「お孫さんの結婚式に出たい」という希望があれば、それを実現する為の同行はもちろんのこと、そのためのリハビリや準備を一緒にすることで目標や生きる力を持って生活してもらう、といった事例もございます。

    出席の手配や、式中の椅子からの立ち上がり、お食事の内容など、様々なことをご家族の方から伺いながら、同行するスタッフと一緒になって実現に向けて動いていきました。

    同行したスタッフやリハビリを担当したスタッフはお客様からいただいた「出席できて良かった、ありがとう」という言葉が何よりも嬉しいと話していました。

    こうした活動を専門的に行うスタッフを「ケアコンシェルジュ」と呼んでおり、ケアコンシェルジュを中心にお客様とより近い心の距離で寄り添える介護を行っています。

    地域に根差した運用と中高年世代の活用について

    現在当社では常勤の正社員300名、常勤社員以外で1400名ほどのスタッフが勤務しています。

    介護業界の大きな障害となっている事象の一つとして、少子高齢化による「働き手の少なさ」が挙げられます。
    単純に高齢者が増えているだけではなく、働き口や人口が減って、率として高齢化している状態ですので、「お客様のニーズに変化はないが、働き手が減っている」というのが実情です。

    そんな中で、当社は地域のお客様にご愛顧いただくのと同時に、地域の高齢者の方に働ける場を作っていき、働きたいと思える場を作っていくことで、働くスタッフや地域の方々にとっての「生きる力」として地域に根差したいと考えています。

    パワフルスタッフが活躍できる環境を整備

    65歳前後からのスタッフをパワフルスタッフと呼んでいるのですが、現在は400名程度の方に元気に活躍していただいています。

    パワフルスタッフもいくつかの等級に分かれており、リネン交換や営繕、生活援助などサポート業務を中心とするスタッフや、身体介護等を行うスタッフなど、できる業務に応じて内容を考え、無理のない範囲で続けていただけるメニューを用意しています。

    もちろん、スキルアップや資格取得に積極的な方には等級を上げることで昇給もありますし、そういった働き方を促進できる環境を、スタッフたち自身が作り上げているというのも大きな特徴ではないでしょうか。

    また、大変ありがたいことにパワフルスタッフの多くの方が継続的に働いてくれています。
    地域に根差した運営と雇用の実現ができているからこそ、職場が一つのコミュニティとして成り立ち、働くスタッフにとっての「生きる力」にもつながっているのだと思いますね。

    お客様が安心できる、働くスタッフが安心できる施設へ

    働き手の減少やスタッフの待遇、環境面で何かと話題にあがる介護業界ではありますが、介護業界のデジタル化の推進が進む中で環境の改善や、「より安心して生活ができる環境」をお届けすることができるようになってきています。

    業務負担軽減のため、記録のタブレット化や、動体検知による眠りセンサーなど様々な方向からのアプローチが業界全体で行われています。

    当たり前ですが、介護施設は「老化を治す場」ではなく「生活する場」です。
    そのため、お客様へのプライバシーへの配慮やストレスなく生活していただくことを重視し、慎重に導入や運用を行っています。

    また、グループの一員である「エムビックらいふ」という会社では、衛生検査環境事業を手掛けており、現在では新型感染症に対する衛生措置やPCR検査なども実施しております。

    そういったグループの恩恵も受けつつ、当社の施設でも衛生面・環境面の配慮にも強く力を入れており、お客様やご家族、働くスタッフが安心できる環境を整えています。

    まとめ

    介護のお仕事に従事される方の多くが中途からご入社というケースです。
    当社でも40代、50代で「まずはパートから」という方、半年を目安に資格取得プログラムを経て初任者研修と呼ばれる資格を取得しています。

    その後、介護福祉士として責任者や施設長といったポジションで活躍される方がとても多いことから、ミドルシニア世代の方がゼロからスタートしていくことや、正社員として長期的に活躍することが可能な環境を整えられていると思います。

    地域に根差し、お客様と働くスタッフの「生きる力」を大切にした当社の思いが読者の皆様に少しでも伝われば幸いです。

    これからもALSOKグループの一員「株式会社らいふ」をよろしくお願い致します。

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    得意科目の知識を生かして、自分らしく働く――「TOMASの塾講師になる」という選択肢|ミドルシニア アルバイト採用事例インタビュー

    得意科目の知識を生かして、自分らしく働く――「TOMASの塾講師になる」という選択肢|ミドルシニア アルバイト採用事例インタビュー

    個別指導の学習塾「TOMAS」を運営している株式会社リソー教育ではミドルシニア層を積極採用しており、どの校舎でも幅広い年代の講師が活躍しています。そこでミドルシニア世代の講師を代表して、専業主婦から塾講師に転身した西さんと、金融機関を退職して塾講師の道を選んだ竹渕さんに、転職の経緯や転職後の働き方、やりがいなどをお聞きしました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2021年5月17日
    社会に貢献できることが誇らしい、セコムの仕事|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    社会に貢献できることが誇らしい、セコムの仕事|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    「あんしんプラットフォーム」構想の実現により、「変わりゆく社会に変わらぬ安心を。」のビジョンを掲げているセコム株式会社。機械警備、施設警備など様々なサービスの第一線で活躍している会社の中で今回ATM対応スタッフとして活躍されているK氏に、実際の働き方、やりがいなどについてお話をお伺いしました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2021年3月30日
    幅広い人材活用による競争力強化。「差別化されたサービスを早く温かくお届けする」企業|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    幅広い人材活用による競争力強化。「差別化されたサービスを早く温かくお届けする」企業|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    関東を中⼼に警備事業を展開している株式会社ゼンコー。⾃社でも⼥⼦硬式野球チーム「ZENKO BEAMS」を運営しつつ、昨年、阪神タイガースが運営する女子硬式野球クラブチーム【阪神Tigers Women】のサポーター企業に。「企業としての競争⼒と差別化」「⼥⼦⼒の活用」「中⾼年の活⽤」を中⼼に事業展開と経営体制についてお話を伺いました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2021年2月12日
    何歳になってもチャレンジできる人が輝ける・活躍できる会社にするため、再雇用制度の年齢を80歳に設定|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    何歳になってもチャレンジできる人が輝ける・活躍できる会社にするため、再雇用制度の年齢を80歳に設定|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    5期連続増収増益を果たし、家電業界を牽引し続ける株式会社ノジマ。多くの新聞報道でも話題になったように、2020年7月に定年再雇用年齢を80歳まで延長。シニア層の豊富な経験や能力を活用する方針を発表しました。その背景と成長を続けるためのマインドを取締役兼執行役 人事総務部部長 田中義幸氏にお伺いしました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2020年10月30日
    シニア世代が活躍しやすい環境づくりに注力!管理員代行業のパイオニアとしてシニアの活躍を応援!|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    シニア世代が活躍しやすい環境づくりに注力!管理員代行業のパイオニアとしてシニアの活躍を応援!|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    マンション管理に関わる人的サービスをワンストップで提供する、株式会社コミュニティセンター。設立以降「健康長寿」を念頭に、働くシニアを応援してきました。その代表である代表取締役 中川弘規氏に、現在のミドルシニア層の人材活用、ならびに今後の展望についてお話を伺いました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2021年4月 6日
    自由な働き方で主婦・シニア層から注目を集める「代行管理員」 スタッフが増加していく3つの理由とは?

    自由な働き方で主婦・シニア層から注目を集める「代行管理員」 スタッフが増加していく3つの理由とは?

    「自分の予定やスケジュールを優先して働きたい」という要望を多く聞きますが、なかなか希望にあった仕事は見つかりにくいもの。そんな方々から注目を集めているのが「代務員」とも呼ばれる代行管理員の仕事です。なぜ自由な働き方が可能なのか、3つの理由についてご紹介いたします。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2019年12月19日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)