ミドルシニア社員 採用事例インタビュー | 指導力が発揮できれば年齢は問われない塾講師の仕事。

  • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
ミドルシニア社員 採用事例インタビュー | 指導力が発揮できれば年齢は問われない塾講師の仕事。

ミドルシニア層の社員を新規採用し、活用している企業様へお話を伺うインタビュー第二弾。シニア層から高い人気を誇る塾講師のケースのご紹介です。株式会社リソー教育様に、採用に至るフローからミドルシニア層人材を活用するメリットについて、教務企画局の皆様にお話を伺いました。

この記事の目次

    学生では埋めきれないシフトの対応と、人材としての質の高さが活用の理由

    --- いつ頃からミドルシニア層を採用しているのか教えてください

    「塾講師」というと大学生の仕事と連想されがちですが、長く社会人採用を行っています。この2‐3年は特にミドルシニア層の採用に力を入れており、幅広い年齢層の方に働いていただいております。

    --- 講師として働く大学生とミドルシニア層の割合はどれくらいでしょうか

    現時点では大学生講師が6割、残りの4割を社会人講師が担当しています。社会人講師は割合として男性が多く、そのうちミドルシニア層の占める割合は年々増加傾向にあります。

    --- ミドルシニア層の採用に力を入れる理由について教えてください

    各教室によって生徒数も異なりますが、1教室で100〰200人の生徒が在籍する教室の場合、講師の数は50名程度必要となり、一定の人数が必要という前提があります。

    さらに、大学生は早い時間帯の授業を担当するのは難しいため、その時間帯はミドルシニア層が授業枠を埋めるというケースが多いですね。

    とはいえ、そのようにシフトに融通が利くという面だけではなく、基礎学力が高く質の良い人材が多いことも採用が増えている理由です。

    指導経験があれば年齢は不問。未経験でも基礎学力+人柄次第で採用するケースも

    DSC_0029.jpg

    --- 講師の雇用形態について教えてください

    パート・アルバイトの雇用形態です。しかし、一定以上の指導経験を有している方については、「プロ講師」という区分を設け「一般講師」以上の待遇を用意しています。

    また、塾の運営においては保護者対応や時間割の管理などを行う「教室のマネジメント」と、「学習指導」のそれぞれがありますが、講師の方には完全に学習指導のみ担当いただいています。

    --- 皆さん、月にどれくらい働いているのでしょうか

    希望に応じて異なりますね。週に20コマ近くを担当しフルタイムに近い形で働かれる方もいるほか、本業を持ちながら副業として働かれている方もいらっしゃいます。

    当社の講師は副業を認めており、一定の条件をクリアすれば同業との掛け持ちを認めるケースもあります。

    平均な数字を上げるならば、週に2-3回働き、月に4-6万程度を稼ぐ方が多い傾向ではあります。

    --- ミドルシニア層で採用される方の傾向を教えてください

    やはり、進学塾や予備校で働いていた経験者の方が多いですね。学校教師をされていた方も多くご応募いただきます。

    --- 未経験者では難しいのでしょうか

    補習対応の塾であれば未経験者の採用が多いかもしれませんが、当校は進学塾であるため一定の指導経験が求められます。逆に指導経験があれば、年齢にはこだわらないため60代で採用に至る方も多いです。

    とはいえ、指導未経験の方がまったく採用されないわけではありません。選考時に行う筆記試験に合格したうえで、過去の経験、人柄などに魅力を感じる方にはご入社いただくこともあります。

    選考では基礎学力と社会性。そして、学習指導に対する意欲を確認。

    ★DSC_2088.jpg

    --- 採用のフローについて教えてください

    求人サイトよりご応募いただいた方はお電話で一次選考をご案内いたします。書類選考は行っていません。

    一次選考は、ブロック長が面接を実施。その後に基礎社会力や対人折衝能力を確認するための適正検査。さらに筆記試験を行っています。

    筆記試験は文系理系を選択し、センター試験レベルの問題を解いていただきます。プロ講師として応募された方はより難易度の高い試験問題に挑戦していただき、学力の把握を行っています。

    ---面接ではどのようなことを確認していますか

    主に「なぜ当社で個別指導の仕事に就きたいのか」という志望動機について確認をしています。回答としては「これまでの経験を活かしたい」「これからも指導をし続けていきたい」というものが多いですね。

    また、健康状態や介護の有無についてもヒアリングし、どのような頻度で授業を担当できるかを把握しています。

    ---選考は何度行うのでしょうか

    一次試験終了後、一週間程度で合格者へ連絡を行い、説明会方式の二次選考に参加いただきます。当社のビジョンをお伝えし、共感・納得した方へ内定をお伝えしています。

    精神的な指導もできるのは年長者の強み。保護者からの安心感も抜群

    DSC_0054.jpg

    --- ミドルシニア層の入社後の働きぶりについて教えてください

    生徒との接し方に安心感がありますね。自分にお子様がいる方も多いため、精神的な指導・躾に類する分野は特に安心してお任せすることができます。これは大学生の講師には難しいため、年長者の強みと言えるでしょう。

    加えて、学習指導における基礎と応用では、基礎を徹底させることに長けている方が多いです。生徒はつい応用問題などに興味を持ちがちですが、基礎を反復し自力をつけることが受験においても結果につながることを理解しているため、重点的に指導しています。

    そうした指導の姿勢には、保護者の方からも評価をいただいております。

    --- 課題についても教えてください

    指導経験が長い方に目立つのは、自分の指導に対する過信ですね。これまでのやり方に自信を持つことは良いことではありますが、柔軟性にかける部分はあります。

    指摘された場合に改めないといった頑なな方も、一部ではありますが存在します。

    --- 若い社員にとっては「年上部下」となりますが、マネジメントに関する注意点など設けていますか

    若い社員にとっては、自分の親と同世代。指導経験も自分よりもはるかに長い講師も多いため、そのような方々をマネジメントするのは簡単なことではなく、教育論でぶつかることもあります。

    アドバイスとして伝えているのは、何かあってもぶつかるのではなく、「教えてもらう」という気持ちを持ちながら接すること。

    私達のミッションは「生徒に最良の学習サービスを提供する」ということ。そのためにミドルシニア層の経験が役に立つのであれば、どうすればそれを活かせるかを考え、実行することは生徒だけではなく、若い社員の糧になることを伝えています。

    --- 講師の評価はどのように把握されるのでしょうか

    社員が生徒との面談の中で講師に対する評価のヒアリングを行っています。そこで何か問題が見つかれば、直接講師に指導を行うようにしています。

    ミドルシニア層の講師は基本的なモラルを備えている方が多いため、特段問題は多くありません。

    --- 評価の高い講師はどのような特徴がありますか

    自分なりの教育論を持っている、人としての熱さのある方は生徒からも保護者からも信頼を集める傾向が高いです。

    本気で生徒に向き合っている方は、年齢を問わず評価が高いですね。

    ミドルシニア層活用を検討する企業へのメッセージ

    DSC_0015.jpg

    当社は学習において指導力を発揮してくれる限り、年齢は問いません。授業は立って行う決まりがあるため、指導力と立ち続ける体力が備わっている限り、いつまでも働ける環境があります。

    中には80代にもかかわらず、現役で活躍されている講師もおられます。

    ミドルシニア層の採用に力を入れるようになって気づいたことは、基礎学力も、コミュニケーション能力も、モラルも備えている優秀な人材が多いということ。

    欠勤も少なく、離職率も若い世代に比べると低水準。そして、若い世代を育てたい、これまでの経験を社会のために活かしたいというモチベーションも持ち合わせています。

    ミドルシニア層よりも若い人がよい、という明確な理由を持つ業種・職種ではなければ、活用を試してみることはオススメしますね。
    (2019年7月4日取材時点の内容です)

    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)

    関連記事

    掲載中のリソー教育の求人はコチラ 塾講師の求人

    記事をシェアする

    • Twitter
    • Facebook
    • Line

    あなたへのオススメ記事

    何歳になってもチャレンジできる人が輝ける・活躍できる会社にするため、再雇用制度の年齢を80歳に設定|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    何歳になってもチャレンジできる人が輝ける・活躍できる会社にするため、再雇用制度の年齢を80歳に設定|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    5期連続増収増益を果たし、家電業界を牽引し続ける株式会社ノジマ。多くの新聞報道でも話題になったように、2020年7月に定年再雇用年齢を80歳まで延長。シニア層の豊富な経験や能力を活用する方針を発表しました。その背景と成長を続けるためのマインドを取締役兼執行役 人事総務部部長 田中義幸氏にお伺いしました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2020年10月30日
    「生きがい、やりがい、健康、そして収入」がモットー!「マンション管理代行のクオリティリーダー」を目指す|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    「生きがい、やりがい、健康、そして収入」がモットー!「マンション管理代行のクオリティリーダー」を目指す|ミドルシニア社員採用事例インタビュー

    マンション管理に関わる人的サービスをワンストップで提供する、株式会社コミュニティセンター。設立以降「健康長寿」を念頭に、働くシニアを応援してきました。その代表である代表取締役 中川弘規氏に、現在のミドルシニア層の人材活用、ならびに今後の展望についてお話を伺いました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2020年8月27日
    自由な働き方で主婦・シニア層から注目を集める「代行管理員」 スタッフが増加していく3つの理由とは?

    自由な働き方で主婦・シニア層から注目を集める「代行管理員」 スタッフが増加していく3つの理由とは?

    「自分の予定やスケジュールを優先して働きたい」という要望を多く聞きますが、なかなか希望にあった仕事は見つかりにくいもの。そんな方々から注目を集めているのが「代務員」とも呼ばれる代行管理員の仕事です。なぜ自由な働き方が可能なのか、3つの理由についてご紹介いたします。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2019年12月19日
    ミドルシニア社員 採用事例インタビュー |年齢・性別・国籍を問わない人物評価があるから、全ての年代が活躍できる

    ミドルシニア社員 採用事例インタビュー |年齢・性別・国籍を問わない人物評価があるから、全ての年代が活躍できる

    ミドルシニア層を新規採用する企業様へお話を伺うインタビュー第五弾。年齢を問わない採用で有名なテンポスバスターズ。年齢に左右されない人材評価基準や、自社文化への適応性など、独自の制度についてお話を伺いました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2019年10月30日
    ミドルシニア社員 採用事例インタビュー |趣味を仕事にすることで、幅広い経験が事業に活かせる

    ミドルシニア社員 採用事例インタビュー |趣味を仕事にすることで、幅広い経験が事業に活かせる

    ミドルシニア層を新規採用し、活用している企業様へお話を伺うインタビュー第四弾。自分の趣味を仕事にしたい、そんな思いを持ったことのある方は多いハズ。多くのゴルフ経験者が応募してくるという株式会社有賀園ゴルフの有賀史剛社長に、事業とミドルシニア層人材との親和性、そしてマッチングについてお話を伺いました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2019年9月17日
    ミドルシニア社員 採用事例インタビュー |警備の仕事こそ、経験豊富なシニア層が輝く職種

    ミドルシニア社員 採用事例インタビュー |警備の仕事こそ、経験豊富なシニア層が輝く職種

    ミドルシニア層の社員を採用し、活用している企業様へお話を伺うインタビュー第三弾。シニア層の積極採用が多い警備業界の中でも、独自の制度を設けて注目を集めているのが優成サービスです。テレビや新聞など多くのメディアでも取り上げられている独特の施策と、それを実施する理由について八木正志会長にお話を伺いました。

    • ミドルシニア社員 採用企業インタビュー
    • 2019年8月 7日

    おすすめ・シリーズ記事

    人気記事ランキング

    おすすめの求人はこちら

    活躍中の年代から探す
    雇用形態から探す
    募集条件から探す
    働き方から探す
    福利厚生から探す
    職種から探す
    マイナビミドルシニアに会員登録(無料) マイナビミドルシニアに会員登録(無料)