ミドルの職種 大辞典

飲食店店長

店舗運営をリードする現場の総責任者

飲食店店長

よくある募集雇用形態

  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト
  • パート
  • 派遣社員

若年層との競争率

低め
1 2 3 4 5
高め

活かせる経験・スキル

接客やサービスの経験と精神 状況に応じた判断力 コミュニケーション能力 マネージメント能力 先を読む経営者的な視点と行動力

飲食店店長について

仕事内容

飲食店店長は、店舗の管理と運営を行う現場の総責任者です。どのようにして売上アップを目指すかといった営業計画を立て、必要な食材の発注や提供する料理の品質維持、店内の清掃や雰囲気づくり、働くスタッフの人材管理など、店舗運営に関わるマネージメント業務を幅広く担います。時には、接客や調理といったサービス業務を行うこともあり、スタッフの手本として現場をリードしたり、指導や教育を行ったりもします。また、営業終了後にその日の売上を計上したり、営業日報を作成し、本社に報告したりするのも店長に任された大切な仕事です。

仕事につくには

店長の場合、雇用形態は正社員や契約社員が多いですが、パート・アルバイトのスタッフとして勤務を続ける中でその仕事ぶりや経験が認められ、正社員登用されるケースも多いため、どんな人にも店長になる可能性があると言えるでしょう。向いているのは、人と接することが好きでコミュニケーションが得意な人。状況を素早く判断し臨機応変に行動ができる人。飲食業や接客業の経験があれば、店長の仕事に活かせる部分も多いでしょう。

仕事のやりがい

経営という視点で店舗の将来を読み、それに応じて戦略を立て行動したことが結果につながれば、店長として大きなやりがいを実感できるでしょう。現場のリーダーとしてスタッフをまとめ、店舗を動かし成長させること、お客様から信頼され評判を得ること、そのような経験が自信や誇りとなり、仕事をやる上でのモチベーションや活力にもつながります。飲食店経営を視野に入れている人には、経営センスや手腕を磨く絶好の機会となることも、やりがいにつながるでしょう。

給与について

飲食店店長の
初年度年収目安
240万円 〜 379万円
飲食店店長の
昇給の期待値

店舗の売上が好調で高い利益率が実現できていれば、比較的高水準の給与が見込めます。その分、集客を図る新メニューの開発やキャンペーンをはじめ、無駄なコストの削減や体制の見直しなど、利益率を高める店舗独自のアイデアや工夫を要するかも知れませんが、それら次第で給与額が上がる可能性があることは魅力です。なお大手チェーン店の場合は、役職によって給与額が決まっている場合が多く、利益率による給与変動がない代わりに、規定に沿ってボーナスが支給されるケースが多いようです。

ワークライフバランスのポイント

店舗がオフィス街にある場合などを除けば、飲食店の稼ぎ時は土日祝日が中心となるため、そのタイミングでお休みを取るのは困難です。しかしその一方で、多くの人が働いている平日にお休みを取れるメリットもあるので、それを考慮して休日を過ごせば、より有効な時間の使い方ができるでしょう。なお、基本的にはシフト制が採用されていますが、勤務時間は店舗の営業時間に左右されやすいと言えるでしょう。特に店長の場合は、その日の営業が終わった後、売上の計上や本社への報告といった仕事があるので、勤務日はそれらを考慮して予定を組み立てる必要があります。

40代50代60代の仕事探しを応援
マイナビミドルシニアの3つの特徴

POINT 0140代50代60代の人材に
特化した総合求人サイト

多様な経験・スキルを求める企業だけが求人を掲載!年齢が理由で落とされることはありません!

POINT 02企業へ気軽な打診
ができる機能を搭載

「ノック機能」を活用すれば、気になる求人に「自分は採用対象?」の気軽な打診が可能です!

POINT 0340代50代60代
が知りたい情報が満載

転職、就職のノウハウはもちろんのこと、面接で聞きづらい「定年」や「再雇用」や「中高年に期待すること」など、独自情報を発信しています!

マイナビミドルシニアは、マイナビが提供する40代、50代、60代、主婦(夫)の方のための就職支援サービスです。大手企業案件など、最適なお仕事をご紹介します。転職、アルバイト・パート、派遣の求人・仕事探しならマイナビミドルシニア。

マイナビ関連サイト

マイナビミドルシニア 人材サービスマイナビミドルシニア 人材サービス